フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

安西水丸さんの「東京美女散歩」を読みました。

20210417_anzai_mizumaru_001

『東京美女散歩/安西水丸著・絵(講談社文庫)』を読みました。
そして、水丸さんの東京の風景と美女の絵も見させてもらいました。

著者の安西さんは、1942年生まれ。2014年に亡くなっていますが、この本は、2007年~2014年に小説現代に隔月掲載されたものの文庫化です。

東京のあちこち・・上野・浅草、大塚・池袋、佃・月島、お茶の水・神田神保町、自由が丘、麻布十番、銀座、渋谷、神楽坂などなど・・を安西さんが気の向くまま、けっこう精力的に巡ります。
そしてタイトルどおり、美女を探し、安西さんの「絵」で、その地の風景と共に見せてくれます。
それに赴いた先の歴史的なことについてもかなり深く掘り下げていて、私の知らない過去の東京が見えてきました。
安西さんは東京で育っているので、単に調べたことが書かれているのではなく、安西さんの瞼に焼き付いている実際の光景や人々の姿なども、読んでいるこちらは楽しめました。

安西さんには、例えば銀座を歩いている女性というのは、“こんな美人”でなきゃいけない、という確固たるものがあり、そういう見方で、東京各所の美人を探します(^_^;)
当時流行っていたのか、“レギンス”をはいた女性を見ると、ほんとうに嫌そうな様子・・。

そして、訪ねる各所に、安西さんの歴史の中にいる女性の想い出としての影が現われる。
もうねぇ、驚きました。
こんなに年齢層もタイプも異なる女性と“関係”していて、ちょっと調べ出すと誰だかわかるようなくらいギリギリで書いていて、大丈夫なんかい?と思いましたが、安西さんはすでに亡くなっているからそれでいいのか・・。
でも、その女性ごとのエピソードもなんだか面白いのですd(^_^o)

また、あちこち探索しているうちに、美女と出会ったりすると、即座に声をかけることも多く、かなり“立ち入った”ことまで聞いてしまいます。でも、それが安西さん流の女性との接し方なのでしょう、あっという間に関係性を築いてしまいます。
・・この年代の人の、このやり方は、過去私の先輩でもいましたが、もうこういうことが出来るような男はほとんどいないです。絶滅危惧種・・。

400頁以上にわたるボリュームでしたが、とても“濃い”、“男の本”でした。

安西水丸さんの、男のダイナミズムと、東京の歴史的風景が楽しめる長編本でした。
ガッツがあり、エネルギッシュな男向けの本なのかもしれない。

 

2021/04/16

『備前珈琲玉』の驚き!

20210416_bizen_coffeedama_002

最近、YouTube で、珈琲関係でアップされている動画をよく見ているのですが、その中で気になったのが、「暮らしと珈琲」というチャンネルでアップされていた標題の『備前珈琲玉』です。

もともと「暮らしと珈琲」では、さまざまなドリッパーや、ペーパー・フィルターなどを実際に同時に同じ豆で淹れてみての比較などをアップしていて、面白く拝見していたのですが、今回の「備前珈琲玉」はそんな珈琲器具的なものではなく、「焼物」です。しかも器ではない!

写真のように“珈琲豆を形取った”ような小さな備前焼で、釉薬を使わないざらざらとした表面に無数の小さな穴があり、その穴に液体(珈琲)を通して、空気と触れ合わせることによって味わいを変化させるという・・!!??・・ものです。
ようするに、その焼物をマグカップや、サーバーに入れて使うのです。

特に淹れてから時間が経ってしまった苦みや酸味が“エグく”出てしまったような珈琲には、それら苦み・酸味が取れて、飲みやすい珈琲へと変化させるという・・信じられない現象を引き起こすものだというわけです( ̄O ̄;)

にわかに信じられないのですが、岩崎泰三さんという焙煎士の方の YouTube でもこの「珈琲玉」を「Coffee Journalist Taizo Iwasaki」というチャンネルで取り上げていて、たしかに大きく珈琲を変化させているというのです。

なのでねぇ(^_^;)わざわざ岡山から取寄せてみましたよd(^_^o)

 

 

20210416_bizen_coffeedama_001

中に入っていたリーフレットのようなものには、手書きで「お試しのドリップパックも入れておいたので、お楽しみください」と入っていて、なんだかいい感じです'(*゚▽゚*)'

まずは、昨夜、エッジの効いた味のする「エチオピア・シダモ・ウォッシュド」を淹れてみて、長女と「珈琲玉」を入れていないものと、入れたものを比べ飲みしてみました。

・・あら不思議!(#^.^#)“珈琲玉入り”は、マイルドな飲みやすい珈琲へと変化しておりました。そんなことあるんだねぇ・・ (・_・;

続いて今朝。
「ブルンジ・プロカスタ」を朝イチで淹れ、朝食後に残っていたものを妻が出勤時にカップに入れてクルマに持って行こうとしたので、サーバーに珈琲玉を入れてから紙コップに注ぎました。
それを口にしながら出かける妻、「あれ?!ほんとうだ、時間が経った“エグさ”が抜けて、まろやかになっている」と驚いていました。

以上が実際に起こった現象の“事実レポート”です(*゚▽゚)ノ
事実は小説よりも奇なり!

 

2021/04/14

福島第一原発の処理水、海に流してしまうんですね・・。

20210414_newspaper_001

標題の件、ほんとうに二年後に行うんですよね。

政府は13日、福島第1原発で増え続ける処理水の処分に関して、関係閣僚会議を開いて“海洋放出”の方針を正式決定してしまいました。

2018年から「地元の皆さんに丁寧に説明し、地元の理解を得た上で決定する」と言ってきたんですよねぇ、それはどうなったんですか。

麻生副総理が「別にあの水は飲んでも何ちゅうことないそうですから」って、ぬかし・・おっしゃいました。

ALPSの処理水、なるほど「安全なお水」なんですね。
では、2年後の海への放流までの間、その処理水を東京に運んで、国会議事堂、議員会館、霞ヶ関の各省庁のトイレなどの水はそれでまかない、“超安全な水だ”ってことを国民に見せつけてください。安全なんでしょう?!
なんなら飲料水でもOKですよ。いかがでしょうか。

米サイエンス誌では、「ALPSの処理水にはトリチウムの他にも基準値超のルテニウム、コバルト、ストロンチウム、プルトニウムなど、より危険な放射性物質が残留している」と言っていますが、副総理が言うんだから大丈夫でしょう。
飲んじゃってください。配下の財務省職員の皆さんも、職場ではペットボトルにでも詰めてお飲みになってください。
ボスが「飲める」って言ってるんですから!

政府、東電と全漁連の間に「関係者の理解なしには、いかなる処分も行わない」という約束があったと思いますが、ほとんど説明という説明もせずに、傲慢にも放出を決定したから全漁連が怒ってるんですよ。ふつうの人にはこの事態は理解できません。

国民もこれだけ愚弄されて黙っていたらほんとうにおかしいと思う。


もうひとつは、コロナ・ワクチン接種の問題。

河野大臣は、医療従事者を最優先してワクチン接種すると言っていました。
でも、全国の医療従事者480万人のうち4分の1の120万人しか接種していません。
で、この段階で、自分が言い放ってしまった「4月から高齢者ワクチン接種スタート」という、ほとんど“ウソ”だったことの“つじつま合わせ”をするために、わずかばかりのワクチンを高齢者に回して体裁をととのえたつもりになっています。
なんですか、これ。

高齢者へのワクチン優先接種、全国で1000人ちょっとですよ。
これも国民を騙しているということではないですかね。

もうひとつ、コロナ関係。
大阪府知事は、緊急でない入院・手術の延期を呼び掛けています。

「不要不急の入院を控えるよう通知を出した」ってことですけど

これって病気でもないのに疑惑追及から逃れるために「不要不急の入院」をしてきたどっかの党の議員に対して通知しておいた方がいいんじゃないの?!
不要な入院をしていられるほど、市民は余裕ある生活なんかしてないよ、このコロナ禍で!!

もう呆れるばかりのことが日々起こっていますが、みんな怒らないねぇ・・。
だから、やり放題“やられて”しまうんだ。

私が怒っても痛くもかゆくもないでしょうが、怒りもしない、何も言わない人間に成り下がるのが耐えられないので、今回も書きました。
何度もいうけど、こんなことほんとうは書きたくないんだ。

 

2021/04/13

「千年、働いてきました 老舗企業大国ニッポン」を読みました。

20210413_nomura_susumu_001

『千年、働いてきました 老舗企業大国ニッポン/野村進著(新潮文庫)』を読みました。
帯には、「長く生きる会社には哲学がある。-老舗製造業の奥深い秘密に迫る-」とあります。

ノンフィクション・ライターの著者が、それこそ西暦578年、あるいは1566年、その他1600年代~1800年代から続いている老舗製造業を訪ねてまとめたルポとなっていました。

驚くのは、時代の最先端をいく携帯電話に、百年以上続いている日本の老舗企業技術が入っているということでした。
携帯の折り曲げ部分や、着信をプルプル震えて知らせる機能、液晶画面などの部分に、日本の「老舗の智恵」が詰まっているということを私も知りませんでした。

携帯の心臓部といえる「発信器」が、極寒の地でも、灼熱の砂漠でも機能するには、日本の老舗企業が開発した世界的な特許を持つ発信器が必要不可欠であるということもまったく知らず…σ(^_^;)。

それら老舗企業は、長年培ってきた古くからの古典的な製造技術の中から上記のような技術のヒント、きっかけを得て現在に至っているということで、何度も書きますが、知らなんだぁ・・となってしまいました。

ここに書かれている老舗企業の他にも、まだまだそういう企業はたくさんあるかもしれません。
老舗企業は意外なほど、どんどん新しいことに挑戦しているようです。

GAFA や FANG などと言われる企業を取り上げて、「アメリカはとっくに“ものづくり”を止めている」と、「ものづくり」を批判する風潮が勢いを増している昨今ですが、日本がそれらを真似していって、“未来”がありますかねぇ・・、といつも思います。

わるいけどそれらの巨大企業は、「悪魔」のような“やり口”をしている、と、私はインターネット接続時や、その他様々な機会に思います。
そういうの、日本人に合いますかね?!

もっと別の道があると思うのです。
そのヒントが、この本に書かれている老舗製造業の話に隠されているんじゃないかと思いました。それがこの本を読んで一番感じたことです。

今、“有卦に入っ”ている企業や業態、さらにキーワードみたいなものに飛びつく人を見ていると(私が勤めていたところにもいっぱいいた!)、「もう遅いんだよ」とか、「その方向性は人々を不幸にする」と感じてきました。

別の道、方向性を気概をもって目指す指導者や若い人達が、未来を明るくするんじゃないか、と思いつつ、今回の読後感といたします。

 

2021/04/09

三國連太郎さんの対談本、奥が深過ぎて、少しだけ潜って帰って来ました。

20210409_mikuni_okiura_001

『「芸能と差別」の深層/三國連太郎・沖浦和光〔対談〕(ちくま文庫)』を読みました。
1999年に解放出版社から刊行された上・下巻本を合本し、改題のうえ2005年に文庫化されたものです。
ブックオフにて安価購入。

俳優の三國連太郎さんと、比較文化論・社会思想史が専門の沖浦和光さんの対談本ですが、内容は表題どおり奥深く、俳優・・芸能・・わざおぎ・・シャーマンとさかのぼって行き、芸能の原始とシャーマニズムにまで話は進み、それは「芸能」と「差別」の関係へと発展していくのです。

私も最初のうちはなんとか付いていったのですが、歴史的なことや、宗教、過去からの芸能の変遷など、まるで勉強不足で途中から置いてけぼりになりました…σ(^_^;)

「芸能」はもともと「芸態」であって、国家組織ができる以前から芸態者の団体があったとのことで、その歴史をつぶさに調べると、日本の奴隷階級の起源と変遷がよくわかる・・ということにまで話が及びます。

芸能の起源は、呪術師であるシャーマンの所作にある、と、沖浦氏。
俳優は「わざおぎ」と読み、「俳」は「遊戯」すること。
「優」は神事に発した「遊楽」を指し、のちに演技する者を意味するようになったそうです。
・・なんとなく、聞いたことはある・・。

新春の祝福芸・萬歳から万才への変遷なども書かれていて、今現在の万才を見聞きしている身からすると、とても興味深い。

また神社の祭礼には必ず大道芸人や門付芸人の姿をかつては見かけたが、そこから香具師(やし)と的屋(てきや)にも話が及んで来ます。

第二次大戦前夜に発表された永井荷風の『墨東綺譚』に浅草を中心とする芸能とそれにまつわる様々なことが書かれていて、とても貴重だということにもふれていました。
『墨東綺譚』、もう一度読んでみようかと思いました。

途中で付いていくことが出来なくなったこの本ですが、三國さんの「芸能」「俳優」というものに対する眼差し、考え方に接し、そこまで突き詰めて生きているのか、演技をしているのか、とあらためて感じることの多い本でした。

文中に異なる視点から同様のことを研究していた小沢昭一さんについても書かれていましたが、小沢さんの関連本も何冊か持っているので、この本と比較しつつ、もう一度読んでみる価値がありそうだ、と思ったところで、今日の感想はおしまい。

 

2021/04/07

往年のヒット曲を歌ってくれたら歌い方がちがっていた。

20210407_red_rose_speedway_001

よくあることだと思うんですけど、テレビなどで、懐かしい歌謡曲などを、ご本人が歌ってくれたときに、・・がっかりすることがあります。

私の場合だと、何年か前に亡くなられましたが、尾崎紀世彦さんが「また逢う日まで」を歌ってくれたときに、あの頃の歌い方とちがって、“タメ”をつくったり、あるときは一部メロディまで変えて歌ったりしていました。
これって、その曲に思い出のある人には“残念”に思うことがあると思います。
こんな経験何度かありませんでしたか。

このあいだもNHKの歌番組で、さとう宗幸さんが「青葉城恋唄」を歌われていたのですが、やはり“タメ”みたいなものをつくっていて当時の歌い方じゃなくてがっかり・・。
でも、同じ番組で千昌夫さんが「北国の春」をあの当時のままの歌い方で歌ったのには、妻と共に思わず「この人はエラいっ!」って声に出してしまいました'(*゚▽゚*)'

歌い方が変わっていないと、あの時の感動がよみがえって、“ジ~ン”とくるんですよね。

こういうのって、別パターンがあって、例えばビートルズを他の人がカヴァーしたりすると、途中の間奏ギターソロが、レコードそのままじゃないと、なんか違和感があるんですよね(^_^;)・・ビートルズファンはきっとわかると思う。

ビートルズ解散後のポールのバンド、ウイングスなどでも、例えば「マイ・ラブ」。
間奏のギターソロは、あの“甘く渋い”ギターの音色とフレーズがそのままじゃないと、「なんだよ」ってガッカリしてしまうのです…σ(^_^;)・・勝手な話だけど。

今回は、古い曲を、今、演奏・歌唱しているときに感じることの“あるある”を書いてみました。
・・みんなそう思っているんじゃないかと。

 

2021/04/06

官房長官の会見、いつも見ていて思うこと

20210406_kambouchoukan_001

あの内閣官房長官の会見ってやつ、いつも見ていて思うんだけど、ただ“淡々”と原稿を“無表情”に“無感情”に読み上げる(抑揚もほとんどない)んだけど、あれは何のためにやってるのかね。

あんなだったら原稿をプリントして記者に渡すだけでいいんじゃないの?!

そんでもって、加藤官房長官が読み上げていると、もう「パチパチパチパチ・・・」記者が打っているノートパソコンのキーボードの音が“うるさくて”官房長官の声がよく聞こえないんだよ、んっとにもう・・。
キーボード一生懸命打ってるのもいいけど、何を質問しようか考えていた方がいいんじゃないの、記者の人達。
あんたらの仕事は棒読み原稿をただ聞いて、打って、送るだけじゃなく、国民の知りたいことを「棒読みの人」に質すことじゃないの!

そもそもこの淡々と原稿を無表情に棒読みするようになったのは、今の首相の菅さんが長いこと官房長官に就いてからじゃないですかね。

でさ、ちょっと質問されると、「〇〇については、△△と“承知している”。」って、すぐ言うんだよ、これが。いつものことだよ、ほんとに。

「承知している」っていうが、この語の類語でいうと

「了解」は、相手の話を理解したうえでそれを認めること。

「了承」は、それを受け入れる。

「承知」は、“ただ知っている。・・・“知ってる”ってことだけじゃないの!!
いい加減にしてほしいっ!
「承知している」って言われて黙ってるんだよ、記者が。
「承知しているからどうだってんだ!」と言わなきゃいかんでしょう。

思い出してみたら、民主党政権のときは、仙谷由人氏や、枝野幸男氏がやってたんだね、あの人達もなんだか“のらり・くらり”とはぐらかしていたような記憶がある。官房長官ってそういうのが仕事なんだろうか?!

きょう言いたかったことは、「感情込めて」「記者の目を見て(テレビだったらカメラを見て)」「質問には答えて」国民の関心事に真摯に向き合ってくれ、ってことです。
ガツンとやってくれる官房長官が出て来たら人気でると思うよ。

 

2021/04/05

伊集院静さんの「ひとりをたのしむ」を読みました。

20210405_ijuin_shizuka_001

『ひとりをたのしむ 大人の流儀10/伊集院静著(講談社)』を読みました。

このシリーズの最新刊です。
なので、コロナ禍での否応なしの「ひとりで生きることとの向き合い」についても書かれていました。

伊集院さんは、「コロナに負けてたまるか」というのが基本姿勢で、「“WITH コロナ”という発想を今までも、これから先も持つつもりはない。」とおっしゃっていて、これは私も同感です。
「あの人もひとりで耐えている。ひとりを経験したから(伊集院さんは去年倒れて復帰したばかり・・私も倒れて復帰した直後です)、そう考えられるようになった。その心境を言葉に、歌に、詩歌に、舞台に、戯曲に、小説に、絵画に、彫刻に、舞踏に活かす何かがあるはずだ。」とのことでした。
これにも同感です。

それから、ひとりにならざるをえない人も大勢いるが、敢えてひとりで生きようとしている人もかなりの数だと。
“ひとりで何かを楽しむ”ためにどうするか、それは自分を肯定できる性格と慣れを持つことだとおっしゃっいます。
「ひとりをたのしむ」ことができるのは、誰かの力ややさしさが介在しているからだ、ということを忘れぬようにと言葉を添えています。そのとおりだと思いました。

で、その他気になったトピックをいくつか挙げてみます。

伊集院さんは、“学校閥”に属するのが嫌いだ、とおっしゃっています。
それは一流大学の者が大半で、同時に一流に属していない人から見ると排他的であったり、上から見られている嫌な感触があるからではないか・・と。
「己の力量でもない傘の下で、雨、風をしのぐのは大人の男らしくない。」と書いていて、またまた同感しました。

「そこに属さない人(自分もそうだが)から見ると、その集団は、やはり眉根にシワを寄せたくなるのである。」「妙なことを書いていると思う。」「ただ、何人か、わかる人もいると確信する。」とおっしゃっていて、私はその“何人か”です。

もうひとつ、

「△△って何のことだかわかりますか?」

「××がなぜああなるか知っていますか?」

という話し方をする人がいる。それが気にかかる、というわけです。

訊かれた人がその答えを知らなければ、そんなことも知らないのか、と相手を試しているように聞こえるし、仮に知らないとわかって、その答えを話し出せば、まるで相手より物事を知っているように見える。そういう話し方は下品で、傲慢にしか聞こえない。

というのが、伊集院さんの取り方で、私もこういう訊き方をする人が周囲にけっこういて、上記伊集院さんのように取り方の整理が出来ず、なんだかいつも嫌な気分になっておりました。

これを読んでスッキリしました。
ほんとうに面倒くさい人達でした。

まだまだ“溜飲が下がる”トピックがたくさんあったのですが、今回はこれまで。
伊集院静さんの新刊を読んでの拙い感想でした。
伊集院さん、いつもありがとうございます。

 

2021/04/04

「いちいち気にしない心が手に入る本」を読みました。

20210404_naotou_yoshihito_001

『いちいち気にしない心が手に入る本/内藤誼人著(王様文庫)』という本を読みました。
自分のこともあるけれど、家族の悩みなどを聞いていて、それに応える自分にも自信を持たないと、と思い読んでみることにしました。

過去にも、若い時、そしてある程度の年齢になった時にも、この手の本は何度も読みました。
でも、決定的な解決方法っていうものは無いんですよね。
「どうしても気になってしまい、気に病むことは絶えない」のです。

ある程度、「人は人、自分は自分」という気持ちでいないと身体がもたないし、「ふ~ん」と受け流せるような部分も持っていないといけない。

まずは体を動かしてしまう、とか、表情や姿勢を基本的に少し無理してでも“ニッコリ”させたり、“胸を張って”いないと、どんどん悪い方向に行ってしまう・・というようなことも、わかっちゃいるけどやらないと、と思いました。

少し気になったところでは、「勝てるところで勝負する」という項目がありました。
「負けてばかりいると、人は弱くなる」というのです。
だから、自信をつけたいなら、「勝てるところでだけ、勝負する」ということも重要だと書かれていました。

何度も「勝ちの味」を覚えるからこそ、自信も強化されるのだ、とのことでした。
“優秀な先生は、勉強のできない生徒に、難しい問題などやらせません。”と締めくくられていました。

かつて、私は職場で「今年一年間で何にチャレンジするか」というシートを上司に提出したときにこの例とは逆のことを経験しました。

私が自分で得意だと思っている「IT」「SNS」等を使ってその部署の業務である広報・PRを思い切ってやってみたい、と書いたら・・、

「自分の得意なことで成果を上げようなんてずるいことをするな。一番苦手なことをやれ。甘いんだよ。」と直属の上司に言われ、最後に「ダメェ~っ!!」と、シートを突き返されたことがありました。
そういう考えならそれでもいいかもしれないけど、人をバカにした突き返し方だと思ったし、この人は信頼に足らない人だと思いました。

そういうことが今までに何十回もありました。
機会があれば、またこのブログにそれらも書こうと思っています。

途中から“グチ”っぽくなりましたが…σ(^_^;)きょうの読後感の報告はこれまで!

 

2021/04/03

「趣味は読書。/斎藤美奈子」を読みました。

20210403_saito_minako_001

『趣味は読書。/斎藤美奈子著(ちくま文庫)』という本を読みました。

2003年に刊行され、2007年に文庫化されたものなので、時代的にはちょっと古い本が取り上げられていましたが、でも本筋の内容は今も変わらないと思われました。
この本もブックオフで格安ゲット!

この本の中身は、要するに「ベストセラー」として売れた本、どんな人が読んでいるのだろうか、という疑問から発し、読んでもいないのに、「たいした本じゃないに違いない」とか、「読むべき本じゃない」と言う“自称”本好きもいる。
かと思えば、「いい本だった」という人もいて、「どんな内容だった?」と聞いてみると、「ええとよく覚えていない」!?!?という返事がかえってきたりする。

だったら、ベストセラー、私が読みましょう!と、著者がベストセラーを実際に読んでみての感想を述べる・・という本でございました。

たしかに、私もベストセラーはほとんど読んでいない。
「売れている本はつまらない」という先入観もある。

なので、実際に読んでみたらどうなのか、っていうのはとても気になるのでした。

「読んだらいい本目白押し」なんてことになるのか!と思ったりもしましたが、結論からいうと、ほとんどが・・駄本・・だった・・って感じでした。
ある程度ほめていたような本もありましたが、ほぼ私の想像したとおりの結果でございましたd( ̄  ̄)

芸能人の暴露本は概して瞬間風速的に売れるが、その後はすぐに終息し、自らの評判も貶めたり、発刊後はその人自身も話題に上らなくなる。

男女の差を、過去から言われてきた“わかり切った”内容であるにもかかわらず、体裁を変え、目先を変えて、いかにも新しい視点のように見せかけて売っている本。

どうしようもない上司と部下の話や、世間・社会にいる横柄で横暴な人の特徴を挙げて、それはこんな人だからこんなこと言うんだ・・みたいな本についても、過去にあった内容をちょっと表現を変えているだけ、というものも紹介されていました。

あとは、“あこがれの人”が書いていることについて夢見るように読んでしまう人に向けた本も後を絶たず・・ということもよくわかりました。

また、ベストセラーなのに、その本に書かれていたことが結局わからず終いになっているもの。「鉄道員(ぽっぽや)」がホラー小説だなんて誰も言っていないので私は知りませんでしたが、読み終えたあともホラーだとは思っていない人がほとんど・・ということになっているのだそうです。

というわけで、著者斎藤美奈子さんの正直な感想は、とても面白く、あっという間に読み終えました。
ベストセラーは、・・たぶん今後も1000冊に1冊くらいしか読まないと思います…σ(^_^;)

 

«「USEN」4月の番組改編は『健康』がテーマ!

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック