フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2018/09/18

ブログ休止期間中に思ったこと

20180918_window001

やっとリアルタイムでブログが書けるようになりました。
それまでは、このブログをご覧になっている方はご存知だったかと思いますが、時々メモをデジタルでとっておいて、その過去に書いたメモをアップしておりました。
ようするに9月に入ってからアップしたものは、8月中に書いたメモがほとんどでした。

8月いっぱいから9月前半にかけて、自身を含め、家族に起こった深刻な問題を克服してきました。
そんなときは、寝ているときもその夢を見てしまい、寝ても覚めても難題が頭から離れず、真綿で首を絞められるような感じ、苦しい思いをしました。
でも、やっとこうして正気でものを書けるところまで来ました。長かった・・が、油断してはならないと思っています。いつ何時、何が起こるかわからないと、今回身に染みたのです。

そんな家庭内の深刻な状況をなんとか克服していた最中に、また仕事関係で深刻な問題が勃発しました。
心身共に限界に来ていたところでした。
神様って、ずいぶんと酷なことをするもんだ、とも思いましたが、ここまで家族内の問題に真剣に取り組んで来た自分を信じることにしました。

問題は直接私のところに第一報が来たわけではなく、問題を発見したところがあちこちに連絡し、すっかり外堀が埋まったところでやって来ました。
最初は少し慌てましたが、腰を据えて取り組むことにしました。
関係する部署をすぐに回り、話を通し、過去の同様な案件の資料を収集し、通常業務終了後に夜間に残り、全てのことを時系列で整理し、文書はデジタルで作り、いつでも各種報告に利用できるように事細かに網羅しました。

あとは何度も何度も、何日もかけての関係部署との折衝と、直接行動せねばならないことを実行、最終的な報告も終え、事態は収拾しました。その間も、事の展開を知らぬのに、うれしそうに無関係の末端のところまで“がせネタ”を流布する輩もいました。腹も立ちましたが、そんなろくでもない輩は無視することにしました。結局、それも良かったようです。

そうこうしているうちに、我が家の周囲の状況もずいぶんと変化し、畑の中の一軒家という静かな環境からたぶん数ヶ月後には、大きく変化することになりました。それについても今までの、のんびりとした感覚を少し捨て去らねばならないようです。

様々な事が次から次へと起こるのも、自分の年齢がそういう時期に入ってきたのだと、自らを納得させ、これからも日々生きていきたいと思います。
たいへんだけどね・・。

2018/09/17

「知的ストレッチ入門」を読んだ

20180914_takashi_higaki001

【※このブログでの文は、8月頭からしばらく続いたブログ休止中にデジタルでメモしておいたものをアップするものです。なので、現在とタイミング的にマッチしないものもアップされるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。】

『知的ストレッチ入門/日垣隆著(新潮文庫)』を読みました。
ブックオフで購入。初出が平成18年で、平成22年に加筆・修正し、文庫化されたものです。
なので、時代を感じさせる部分はあるにはあるのですが、著者日垣氏の情報の取り方、処理の仕方などは非常に合理的で、ひと言も差し挟めない感じの突っ走るような文章でした。
有無を言わせない(^_^;)感じ。

オーダーメイド鞄を使い、理想の書棚に蔵書を収納、早くから iPhone を利用し、その使い勝手についても“立て板に水”の説明。『使わんヤツはアカン』状態!

さらに世間で一般的になる前にブログやツイッターの利用方法についても、今現在の状態を推測して当時から活用。悔しいがその想定は当たっていた。

新しいツールには“超敏感”な著者なのでした。

ただ、しばしば、過去に達人と言われたような人を“小馬鹿”にしているような文があり、文中で馬鹿にしているわけではない、と断りを入れてはいますが、でもやはり人物に対しても、世間一般のちょっと遅れている人たちに対する“嘲笑”のようなものを時に感じて、それはちょっと言い過ぎじゃないのかな、と思うこともありました。

著者は、“冴えまくる”頭脳と行動で時代の先陣を切って突っ走っている様子ですが、文中からは、「恋愛」に関してもシステマティックに考え、そんなことにまで、情緒的なところの全く無い書きぶりにはちょっと違和感もありました。

ただ、この本は、現在の情報が溢れかえる社会で生きて行く人にとっては、とても参考になることがたくさん書かれていると思いました。
読物としても面白いので、読んでみて損のないものでした。
気になる方はぜひ。


【Now Playing】 Fancy Free / Donald Byrd ( Jazz )

2018/09/16

「駅前旅館/井伏鱒二」を読んだ

20180909_ibuse_masuji001

【※このブログでの文は、8月頭からしばらく続いたブログ休止中にデジタルでメモしておいたものをアップするものです。なので、現在とタイミング的にマッチしないものもアップされるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。】

『駅前旅館/井伏鱒二著(新潮文庫)』を読みました。
昭和35年に発行されたもので、平成20年には49刷を重ねています。たいした小説です。
もともとは、昭和31年に新潮に連載されたものだそうで、駅前にビルが建ち並ぶ以前の、日本家屋で、瓦葺きの二階建て、ガラス戸がひろく開けられ、コンクリートのたたき、片方に下駄箱、もう片方に鉢が置いてあるような・・そんな東京の駅前旅館のお話。
当時の読者には、そんな様子が目に浮かび、いかにも我が事のようにこの小説を楽しんでいたのではないかと思われました。

主人公の駅前旅館の番頭、生野次平が語り手となって、旅館で起こる様々な出来事、当時の客(団体客なども多く、トラブルをよく起こす)の様子や、それに絡む観光先、そこでの客の楽しみ方、旅館内での符丁のおもしろさ、独特の個性豊かな旅館周囲の店や、関係者とのエピソードなど、テンポよく、語り口もよく、コロコロと転がるように読めてしまいました。

さらに、ちょっと艶っぽい話が出てくるにもかかわらず、それが行き着くところまで行かず、ちょっとだけ読者をドキドキさせる微妙に色っぽい感じで、当時の奥ゆかしさを感じて、これまたいい感じ・・。

まだテレビも一般的ではなかったであろう時代に、これだけドラマチックでコミカルな展開のお話はさぞかし面白かったであろうと想像に難くありません。
この駅前旅館は映画にもなって人気だったと聞きます。
森繁久弥さんや、伴淳三郎さん、フランキー堺さんなどのキャストで繰り広げられていたらしく、見てみたいなぁと思いました。

移ろって行く時代をたくましく、そして哀歓を含めて描かれた独特の世界にひたることができました。

2018/09/15

映画「グッイバイ・ゴダール!」を見た

20180902_le_redoutable001

【※このブログでの文は、8月頭からしばらく続いたブログ休止中にデジタルでメモしておいたものをアップするものです。なので、現在とタイミング的にマッチしないものもアップされるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。】

映画『グッバイ・ゴダール! Le Redoutable /2017年・フランス 監督:ミシェル・アザナヴィシウス 出演:ルイ・ガレル、マテイシー・マーティン 原作:「それからの彼女」アンヌ・ヴィアゼムスキー著』を見ました。

この映画の原作は、女優で作家、ゴダールの妻でもあったアンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説で、19才でパリに住む哲学科の学生であったアンヌの恋人となった映画監督・・奇才のジャン・リュック・ゴダールとの日々が描かれていました。

世界中から注目され、しかも1968年の五月革命の真っ只中での毎日。
ゴダールを演じたルイ・ガレルは、天才であるが、アンヌといるときはなんだか我儘で偏屈で、自分で自分を孤独に追い込んでいくような男。
・・憎めない、チャーミングな男、とアンヌには感じるかもしれないけれど、まあ、普通の人間にとっては“近づきたくない”いや~な男だと思いました。

自分勝手で、人のことなどまったく眼中にないようなゴダールの、でも“天才”の不思議な魅力と、初体験ばかりの毎日にアンヌ(役:ステイシー・マーティン)はどっぷりとつかっていました。


20180902_le_redoutable002

アンヌ役のステイシー・マーティンの美しさと可愛さは特筆ものですが、私も彼女の魅力に“虜”になるくらい魅せられました。
このステイシー・マーティンと、ゴダールを演じたルイ・ガレルの主演コンビは絶妙で、二人が演じたゴダールとアンヌの1968年当時の様子が見事に描かれていました。

ゴダールの映画って、私、恥ずかしながら、ローリング・ストーンズが出ていた「ワン・プラス・ワン」くらいしか見たことがないのです。でも、あの映画もストーンズの「悪魔を憐れむ歌」の収録風景が延々と流れているだけで、さらに全くわけのわからない理解不能のシーンもあって、奇才と言えば奇才なんだろうけど、わけわかんない人だ、くらいにしか思っていませんでした。

で、この映画を見たら、5月革命の頃には、もう完全にわけわからん人になっていたようです。こんな人とちょっとでも一緒にいたくない!(*^_^*)

映像はいかにも60年代ぽく、魅力的、さらにステイシー・マーティン、ルイ・ガレルともに普通に“素っ裸”のシーンではほんとうに何にも隠さず、見えちゃってましたが、大丈夫なんですね、今の日本はずいぶんと寛容になったものだ。R指定でもないよねぇ、“まる見せ”なんですけど・・( ̄O ̄;)

映画としては、意外といっては何ですが、面白くみちゃいました。
フランス映画って、こういう面白くなさそで、なんだか面白いもの、多いような気がします。

2018/09/14

「モヤモヤするあの人」を読んだ

20180901_tomoyuki_miyazaki01

【※このブログでの文は、8月頭からしばらく続いたブログ休止中にデジタルでメモしておいたものをアップするものです。なので、現在とタイミング的にマッチしないものもアップされるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。】

『モヤモヤするあの人 -常識と非常識のあいだ-/宮崎智之著(幻冬舎文庫)』という本を読みました。
著者は、カルチャー、男女問題、日常生活における違和感などをメインに書かれているフリーライターだそうです。

取り上げている材料が“今どき”なテーマだったので、読んでみたのです。

スーツにリュックは失礼なのか?

焼き鳥の串外しは無粋な行為か?

エスカレーターの“片側空け”は間違いか?

結婚式でのフラッシュモブって・・

周囲からウザがられる「意識高い系」の人たち

ビジネスシーンに蔓延するカタカナ語を使う人たち

などなど・・。

テーマだけ見ていると、興味津々なのですが、でも読んでみると、「どっちつかず」な結論ばかりが書かれていて、期待していた著者の独断でバッサリと断じてしまうようなエンターテインメント的に語り尽くすようなものではありませんでした。
それはそれで、そういうふうに読めば、読物として面白いのですが、私としては“今ひとつ”な印象となってしまいました。

でも、デートに遅刻した彼女に、「原因と対策」を求める“意識高い系・彼”の話や、ライブやフェスで舞台に合わせて“熱唱する観客”に「歌が聞こえないよ!」と怒る人の話などの話題は笑いながら、あるいは共感しながら読みました。

仕事の場で、カタカナを使いまくる人の話も、思い当たるところがたくさんありました。
「あの件はリスケで」って、なんだか鼻についていましたよ、私も(^_^;)
それに私には「利助」って聞こえてました(*^_^*)

「エビデンス」って、ふつう使うか?!

「ASAP/エーエーエスピー/アサップ」・・アズ・スーン・アズ・ポッシブルのことだってさ(^^;)・・一生やってろ!っつうの(#^.^#)

「コミット」・・使ってるのはライザップの人か、そのCM好きな人でしょ、気持ち悪い言葉だよねぇ。

というわけで、「焼き鳥の串外し」などは、もうどうでもいいことだと思いましたが、それなりに面白く読みました。

2018/09/13

映画「輝ける人生 FINDING YOUR FEET 」を見ました

20180901_finding_your_feet01

【※このブログでの文は、8月頭からのブログ休止中にデジタルでメモしておいたものをアップするものです。なので、現在とタイミング的にマッチしないものもアップされるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。】

映画『輝ける人生 FINDING YOUR FEET /2017年・英国 監督:リチャード・ロンクレイン 出演:イメルダ・スタウントン、ティモシー・スポール、セリア・イムリー』を見ました。

いつものことながら、私が見ようとする映画のほとんどはメジャーな映画館、シネコンなどではやっておらず、この映画も日本中で10館のみ上映のようです。

この映画には若い人は出て来ません(^_^;)。いちばん若くったって50代後半くらいか。
でもね、それがこの映画を唯一無二のものにしている。ロンドンとローマを舞台に味わい深い作品になっていました。


20180901_finding_your_feet02

主人公の女性は、警察で立派?!なお仕事を勤め上げ、女王様から称号を貰えるような立場になったご主人に添い遂げ、孫もできて、あとは悠々自適な夫婦の生活が待っているかと思っていたら、その受章の記念パーティーの日に夫の5年間に渡る浮気発覚の現場に遭遇!
立派なお屋敷の家を飛び出し、長年疎遠にしていた姉の家に転げ込みます。

今まで身分、立場、プライドなどで武装していたかのような生活をしていた主人公は、自由奔放な姉の生き方に驚き、ショックを受けっ放しの経験をするのですが、若い頃、結婚のために捨てたダンサーの夢を老人達のダンス・サークルのような場所でもう一度みることになります。それまでの紆余曲折も非常におもしろいっ!d(^_^o)

その様子がネットに流れ、話題となり、ローマに行って大きな舞台で老人達がダンスを披露するというクライマックスに突入するのですが、さらに主人公には新しいロマンスが芽生え、そして姉の身に起こることで物語りはより人生の深い部分に入って行って・・、あとは映画を見て感じて、泣いて、ください。いい映画でした。


【Now Playing】 Sonia / Sonny Clark Trio ( Jazz )

2018/09/12

「小さなことにくよくよしない88の方法」を“くよくよしつつ”読んだ(^_^;)

20180829_richard_carlson001

【※このブログでの文は、8月頭からのブログ休止中にデジタルでメモしておいたものをアップするものです。なので、現在とタイミング的にマッチしないものもアップされるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。】

例によって、これはブログ休止中にメモしておいたもの、そういうタイミングで綴ったものです。
『小さなことにくよくよしない88の方法/リチャード・カールソン著 訳:和田秀樹(三笠書房・王様文庫)』を読みました。

読み始めたときには家庭内のいろいろなことを解決しつつ、なんとか前に進んでいたのでした。
でも、今度は仕事上のことでまた難問というか、事件というか、アクシデント発生!!

「ああ、時間を巻き戻したい。そうすれば解決など簡単なこと・・。」と、この本のテーマである“くよくよしない”から正反対の“くよくよ”しっ放し( ̄O ̄;)な状態に陥りました。
人間なんて、そんなものです。自分で自分の不甲斐なさに呆れました。

答えといえるものは、今読んでいるこの本に書いてある。
「過去を悔やんで、どうにかならぬものか」と悶々とすることに解決の“か”の字も無い!

小さな問題を心の中で大きくしている自分はいないか?!
焦って解決しようとすると、墓穴を掘る。
問題解決の糸口は、まずは冷静に。そして、一つ一つ真摯に問題に向き合っていくこと。

また、逆の立場で、とにかくあらゆることに文句を付けたり、自分は特別な人間だから、特別な扱いを受けるべき立場にある、などと言う人にはなるべからず・・と、書いてあった。
そんな人、月に一度は会うことがあるが、まさに“みっともない”人だと思ったことがある。この本の指摘どおりだ。

今回も、“事を荒げよう”とする第三者がいた。
なんだか、事件性を帯びる度にうれしそうにしている。人のミス、不幸は、その人にとってこの上ないものなんだろう。

結局、落ち着いて、事象を整理し、その説明と解決への方法を丁寧に説いた。
それが解決への一番の近道だった。

グッドタイミングなのか、バッドタイミングだったのか、たまたま読んでいたこの本が役に立った。

2018/09/11

「インテリジェンス人間論」を読んだ

20180823_masaru_satou001

【※このブログでの文は、8月頭からのブログ休止中にデジタルでメモしておいたものをアップするものです。なので、現在とタイミング的にマッチしないものもアップされるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。】

『インテリジェンス人間論/佐藤優著(新潮文庫)』を読みました。
ブックオフで買っておいたもので、平成19年刊行の本を平成22年に文庫化したものです。
内容は、懐かしい話題が随所に出て来ましたが、それでも佐藤優さんの常人では考えられない情報の取り方、分析の仕方には、あっと驚かされる本です。いつものことですが。

著者の佐藤さんは、外務省のラスプーチンと言われることになってしまい、この本の中でも書かれていますが、策略か陰謀か・・それとも・・2002年5月に背任と偽計業務妨害容疑で逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けたことはご存知の方も多いと思います。
早い話が、歴代総理やロシア首脳の素顔を間近に知り、国際政治の最前線で“ヤバい”仕事をしていたからこその顛末と言うべきでしょうか。

外交官・政治家が使っている「インテリジェンス」という言葉とその意味を知ったのも、佐藤さんが著述業に転向して、その本やラジオ等メディアでの発言を聞いてからのことでした。
人間観察力を磨き、情報を入れ、分析する。そのインテリジェンスが、佐藤さんがかつて所属した外務本省国際情報局分析第一課で「外交の武器」となっていたことがよくわかりました。

その中で、意外だったのは、橋本龍太郎首相と“ガチ”で取り組んだ日露外交のぎりぎりのやり取りでした。
橋本さんのロシアとの外交へ懸ける意欲は、まさに“命懸け”とも言えるもので、著者の佐藤さん含め、あの鈴木宗男氏が絡んできた当時の克明な様子には息を呑みました。
橋本さんて、執念とさえ思える外交への情熱があった人なのだと、この本を読んで、今まで知らなかった一面に驚きました。

また、小渕恵三首相の見た目は温和な印象の人物像なのに、怖ろしいような人柄であったことが事実として書かれていたり、実はあの政治家はこんな人だった、とか、あのときの政治の舞台裏ではこんなことがあったということが、まさにその場に立ち会っていた佐藤さんから赤裸々に語られているのです。
この本は中身が濃いっ!

そんなこんなで、あっという間に読み終えましたが、内容が重い割には、知って驚く意外な事実にびっくりしている間にずんずん読み進むことができました。
書かれている話題はやや古い時代のものでしたが、とても興味深く読めましたよ。

2018/09/10

話題になっている(アップ時には過去のことになってるかも・・)「カメラを止めるな」を見てきた

20180821_movie001

【※このブログでの文は、8月頭からのブログ休止中にデジタルでメモしておいたものをアップするものです。なので、現在とタイミング的にマッチしないものもアップされるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。】

『カメラを止めるな(ONE CUT OF THE DEAD)/2017年・日本 監督・脚本・編集:上田慎一郎 出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき』を見てきました。・・このブログがアップされる頃にはちょっと古い話になっているかもしれませんが・・。

口コミで噂が広まり、やがて話題となり、上映館がどんどん増え、ニュースにもなるような映画となっている状況ですが、あまり期待はせずに見たのです。でも、“期待して見に行って丁度いい”くらいの面白さでした。
文句の付けようがないですよd(^_^o)

最初の約30分強のB級ホラー(その度合いも、三流じゃなくて、五流くらいのホラー映画となっております(^_^;))を見事に耐え抜いておけば、あとは坂道を転げ落ちるようにその後は展開し、館内はあちこちから“どよめき”“苦笑”“爆笑”“感嘆”などの声が上がり、客席の共有感は滅多にないものとなります。

ネタばれも、このブログがアップされる頃にはネット上に出ているでしょうが、まだ見ていない人のために書きません。

スマートフォンのニュースのようなサイトで、この映画が“パクり”だというような声が上がっているとの情報も入ってきましたが、私にはその真偽がわかりませんので、ここではそのままにしておきます。

ただ、まるまる何かストーリーをいただいているようなものでなければ、この映画のアイデアは、今まで他の映画や、舞台などでも度々見かけた“からくり”だと思います。
“からくり”そのものをパクりだと主張しているのであれば、それはちょっと違うと思いましたが、それも詳しくわからないのでここでは、この程度の書きぶりにしておきます。

編集的な上手さも感じたし、出演者のキャラクターも面白い、何よりもずるずると引き摺るようなところもなくてスピーディーな展開が、この映画の面白さを際立たせていたように思いました。

楽しめました。私には高得点でした!

2018/09/09

映画「英国総督 最後の家」を見た

20180820_viceroys_house01

【※このブログでの文は、8月頭からのブログ休止中にデジタルでメモしておいたものをアップするものです。なので、現在とタイミング的にマッチしないものもアップされるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。】

映画『英国総督 最後の家(Viceroy's House)/2017年・英国 監督:グリンダ・チャーダ キャスト:ヒュー・ボネビル、ジリアン・アンターソン、マニシュ・ダヤル、フマー・クレイシー、マイケル・ガンボン』を見ました。映画を見たのも久しぶりでした。

1947年、国力が疲弊してきた英国が植民地インドを去る決定時の物語。
主権譲渡を最大の目的にやってきた新総督のマウントバッテン卿とその妻、娘。
首都デリーの壮麗な総督邸のシーンに圧倒されながら映画は始まりました。

邸宅には500人の使用人がいて、そこでは、独立後に統一インドを望む国民会議派と、分離してパキスタンを建国したいムスリム連盟によって、連日連夜論議が闘わされていました。その様子だけでも見ているこちらはジリジリとして息詰まるようなシーンの連続でした。

さらにそこでは、新総督のもとで働くインド人青年ジートと令嬢の秘書アーリアが互いに惹かれあっていて、信仰が違う上に、アーリアには幼いときに決められた婚約者もいる。
そんなヒューマンなドラマもあり、途中からは涙がこぼれ、「こんな映画だったのか」と意外な展開に驚きました。

インド独立の最中、混迷を深め、暴動もいたるところで起こっている激動の歴史的な姿が映像として描かれ、心揺さぶられる映画でした。

そしてマウントバッテン卿が艱難辛苦を乗り越え、導き出した方向も、実は裏でもっと大きなものが動いていたという衝撃の事実も盛り込まれていたため、こちらの衝撃も大きかった。


20180820_viceroys_house02

さらにさらに、グリンダ・チャーダ監督はある日、マウントバッテン卿の甥の息子にあたるチャールズ皇太子に出会い、彼に大叔父様についての映画を制作中だと話す。

チャールズ皇太子は「マウントバッテン卿の個人秘書を務めていたナレーンダル・スィンフが書いた『The Shadow of the Great Game』という本を、ぜひ読むべきだ、“本当は何が起きていたか”が分かります」と語る。

その数日後には、偶然が起きる。
チャーダ監督が新作映画の宣伝中に会いに来た俳優志望の若者、それがなんとナレーンダル・スィンフの息子だったという。
「あなたが分離独立についての映画を制作中である記事を読みました。父の本をぜひ読んでいただきたいのです」と語り、チャールズ皇太子から薦められたものと同じ本を提示する。
・・数年後、彼はこの映画に、父と同じくマウントバッテン卿の個人秘書役で出演することとなる・・という強烈エピソード付きです。

最初は華麗で華やか、そして苦悩が続き、光が見えたと思ったら、強烈などんでん返し、人類は、人間は何故こんなことを繰り返しているのか、と重いテーマを突きつけられる作品でしたが、映画として素晴らしいものだと感じました。
見る価値のあるものでした。

«お誘いをうけて竹久夢二美術館・弥生美術館に行ってきました

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック