フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

「なぜ中国人は日本のトイレの虜になるのか?」を読んだ。

20190414_kei_nakajima001

病気療養中の私です…σ(^_^;)
家でくさっていても仕方ないので、ブログ再開いたします。
その方が元気が出そう!d(^_^o)
んじゃ、いつもどおり始めます。

『なぜ中国人は日本のトイレの虜になるのか?/中島恵著(中古新書ラクレ)』を読みました。これまたブックオフで108円ですd(^_^o)

タイトルからいきなり興味深いのですが、でもこれは読者を引きつけるための“フック”なのだと思いました。
著者の書きたいことはもっともっと奥深く、現実的で、そして中国人も日本人も互いに考えの及ばないこと。

せっかくだからタイトルにある日本のトイレに魅力を感じる中国の方についても少し・・。
どうやら中国では最高のホテルなどでないと、満足に排水できなかったり、様々なトイレのトラブルがあるのも事実なようで、よほどの高級ホテルにでも泊まらないと、トイレで快適な思いは出来ないようです。
で、家庭のトイレ状況もあまり良くないみたい。
それに比べれば、日本のトイレのホテルから家庭に至るまでの“至れり尽くせり”なトイレはやはり魅力的でしょう。
トイレを買って帰る中国の方も多いやに聞きます。

と、前振りしておいて。

著者が一番言いたかった事って、中国は現在の政治的体制、経済体制の上に様々な公共のシステムが成り立っているわけですが、それは一般民衆のために利便を尽くして考えられたものではなくて、だからそのシステムに乗っかったままでいると自分にとって不便が生じるから“我先に”みたいな行動に出たり、あるいは現状のシステムによる不具合を諦めてしまったりしているだけで、現在の日本にやって来れば、そのシステムに乗って、日本人と変わらぬ行動をすることがほとんどだということ。

逆に、日本人が中国で上記のようなシステムを不便だと感じたり、憤りを感じたりするのは、そして中国人とはそんな気質の民族なのだと感じてしまうことも、あくまでシステム上の問題が起因しているので、日本人も中国人も実際に現地での経験が無い人が殆どなので、互いに理解が及ばない部分が多いのではないか、ということ。

また、中国の複雑な戸籍取得についても書かれていましたが、それによってどうしても夫婦共にがんがん働かないと生活自体が、家族が成り立たないような事情があること、また子育ては多くが祖父母が行っている理由、さらに祖父母までを含めた中国の家族関係についても詳しく書かれていて、初めて知ることばかりでした。
その内容については、ここでは割愛しますが、この本は実にわかりやすく書かれていました。

さらに、日本で現在、日本の良さや、職人の仕事の良さなどを紹介する番組が目立つようになりましたが、それは逆に言うと、誇れるものがどんどん無くなっていく日本の自信喪失について元気づけるようなものではないか、と著者は書いています。

日本人の優しさや、思いやりみたいなものも稀薄になっているからこその“おもてなし”クローズアップなのではないか、などとも考えられます。
つまり日本人自体も良いものを失いつつあり、衰退しているのではないか、と。

私個人の考えとしては、「経済右肩上がり」みたいなことばかり言っていないで、もっとコンパクトで、日本人らしい本来の良さを大切にした国、経済、国民になっていくのが、未来への道なんじゃないかと・・思うのです。

と、こんなことをなどを考えさせてくれる本でした。
面白い本でした。

 

2019/04/18

今回のことをもう一度振り返ってみた

20190418_flower001

前回のこのブログで、先週、私が突然下血し、倒れたことを書きました。
それ以降、いろいろなことを思い、また多くの方から声をかけていただきました。

滅多に無いと言っては何ですが、こんな体験は一生のうち何回もあることではありませんので、もう一度振り返ってみたいと思いました。
記憶に残っているままに書きます。

あの倒れた日は、朝からたしかに具合が悪かった。
職場に着いて、最初に会った同僚の女性に「体調がいまいち」だと自分が言っていたことを思い出しました。

その前週が新しい職場での仕事始めでした。
きつかった・・。体力的にも精神的にも。

そして、もう翌週には自宅で下血して倒れた。
帰宅し、最初は家の階段も上れなくなっている自分に気づき、やがて立っていることさえしんどくなってきて、トイレに行って大量出血。
胃から降りてきた血というものは“真っ黒”で、自分でも驚き、止らない下血にえも言われぬ“恐怖”を感じました。
悪魔に魅入られたような、逃げ出すことができない恐怖。

心の中では、今まで潜伏していた大きな病気が今突然姿を現したのではないか、もう取り返しのつかない病状になっているのではないか、と絶望感が拡がりました。
何せ、その時点では歩くことも出来ないし、這って個室から出ることくらいしか出来なかった。

「もう何もいらない、大好きな音楽も、本も、演劇も、何もかも」・・と、人間って切羽詰まると思うものなのですね。だって、ひょっとしたら明日くらいには死んでいるのかもしれないと思ってしまったのですから。

でも、人の顔はどんどん浮かんできました。
これは自分でも意外でしたが、家族や、私と関わってくれた人たちの顔が次々と頭に浮かんできたのです。浮かんでくるたびに「ありがとう、今までありがとう」と本気で心の中で叫びました。そんなふうになるのですね、経験しなければわからなかった。

前回のブログでも書きましたが、翌日家を妻と出て、病院に向かうときに庭の景色を見ると、今まで感じたことの無い感覚で、庭の草花がキラキラと輝き、あまりにも美しく見えることに感動しました。
もう自分では“ヤバい”状態なのに、雲の上を歩いているような軽い感覚も感じました。

病院での検査、治療を終え、「死んじゃうんじゃないか」という…σ(^_^;)私の取り越し苦労は一蹴され、回復に向かい始め、そして前回のブログでの報告に繋がります。

ブログ、フェイスブックにアップしてからは、皆さんからたいへん温かい言葉をいただきました。
これはほんとうにうれしかった。
そして勇気づけられました。SNSの良さはこういうところにある、と実感いたしました。
何十年も前なら、ごく親しい人にだけ、手紙などで、「実は私、一ヶ月前に倒れまして」などと報告するくらいだったでしょう。

悪いことばかり書かれるSNSですが、私が今でも続けている理由はこんなところなんだったのだ、とあらためて感じました。

と言うわけで、私、順調に回復しつつあります。
たくさんのやさしくも温かいお言葉、皆さんありがとうございました。
このことは絶対に忘れません。

回復したら、また楽しいブログ、再開いたします。
近々だと思います(*゚▽゚)ノ

2019/04/12

突然起こったこと

20190412_flower001

10日の水曜日にそれは始まり、起こりました。
いきなり尾籠な話で恐縮ですが、朝、トイレに行って一瞬錯覚かと思いましたが、便の一部が真っ黒だったような気がした。

不安な要素を残しながら出勤。

4月1日からの新しい職場は滅茶滅茶忙しく、ひと息つく間も全く無い強烈な環境でした。
休憩時間もやっと取れるような状態。
覚えることや、初めてのことで理解できないことも多く、はっきり言うとフラストレーションの塊のような感覚が体中に拡がり、それでもなるべくニコニコして日々仕事を一週間やり通し、今週に。
でも丸々一週間、激しい腹痛が常に自分を襲っていた。ストレスも限界な感じ。

10日は休みが三人出て、忙しさがさらに加速。
どうにかこうにかやっていたのですが、便意をもよおし、用を足すと・・。
コールタールのような真っ黒いものが。
しかも二回も。

なんとか仕事を終え、胃痛によるものかどうか、もう気は動転して思考能力も無くなる中、薬局で気休めに胃痛の薬を買うが、頭の中は真っ白に。

帰宅し、家人には何も告げず(そのときに妻も長女も私の表情の異変には気づいていたとのこと)、夕食後、そろそろ寝る頃にまた便意。

そしてトイレに行ってからが大変なことに。
真っ黒いものが出て(血液が胃から出て下血するとこうなるんだそう)、さらにもう血液そのものが大量に出て来て意識が薄れていく。
倒れ込んで、既に二階で寝ている家人に携帯で「助けて」と。

それからは大変だったのですが、横になっていると何とかなっていたので、リビングに布団を敷き、妻に一緒に寝てもらい、朝を待って胃腸関係を見てもらってきた近くの胃腸科へ。

このとき、家を出るときには、ひょっとして帰って来れないかもしれないと内心思っていました。
そんな気持ちになると、庭の花々や、景色、家の猫、皆、きらきらと輝いて見えました。不思議なものです。こういう気持ちになるのですね。

医者に着き、先生に話をすると、大急ぎで様々な準備が始まり、レントゲンや胃カメラ、色々な検査を一気に進めてくれました。小さな医院だとこういうことが出来るから、昨夜救急車を呼ばなくてよかったと思いました。

妻も付き添ってくれましたが、結果は4月に入ってからの短期間の状況が身体に異変をもたらし、胃から大出血していたとのことでした。
点滴を打ち、止血剤も投入され、様々な薬もいただき、帰宅することが出来ました。

正直言うと、もう病状は深刻なところまで来ていて、それがたまたまここで出たのじゃないかと思っていて、このまま入院して家には帰れないだろうと・・そんなふうに勝手に考え(長女もそう思っていたとのこと)ていたので、帰宅できたのは夢のようでした。

お医者さん、薬局の方の言うとおりに薬を飲み、驚いたことにどんどん回復を実感しています。
きょう、医師に電話で他の検査結果を聞きましたが、貧血以外は良好。貧血も早くに止血剤を入れてもらったので、自然回復できるとのことでした。

静養につとめます。

だからしばらくはブログ、facebook、Instagramも更新はお休みします。

良くなったらまたお会いします。

2019/04/09

「懲りない男と反省しない女/渡辺淳一」を読んだ

20190409_jyunichi_watanabe001

『懲りない男と反省しない女/渡辺淳一著(中公文庫)』を読みました。
2005年に中央公論社から刊行されたものの文庫本で、文庫化は2007年です。
またまた例によってブックオフで108円。

この本は、あの「失楽園」や「愛の流刑地」でおなじみの渡辺淳一先生が、わけありな女性二人との対談(問答?)を男女の問題に限って繰り広げるという、渡辺先生が完全に主導権を握っている様子がよくわかる(^_^;)形式で進められています。

渡辺先生、「男は浮気して当たり前」「結婚したら奥さんには飽きるからセックスレスなんて多くの夫婦がそうだ」「家に帰って妻からいろいろな話をされても困るし、一人でぼぉっとしていたい」・・などなど言いたい放題です。

女性側二人も黙っちゃあいませんが、悉く論破され、男っていうものは、結局常に新鮮な感覚でセックスできる女性を追い求めているという“理不尽”な渡辺説に“呆れかえり”“諦め”にも似た様子を対談相手の女性二人が見せ始めます。

ちょっと古い時期の本だから、ここまであからさまに渡辺先生はおっしゃっているが、でも、今や先生のおっしゃるような男ばかりではない世の中になってきつつあるんじゃないか、などとも読んでいて思いました。

男は仕事だけが、そしてその仕事上で得た地位や権力が自分を表現できる唯一のものだから、出世のためには、どんな卑怯で姑息な手段もいとわない、そしてそれが男の人生そのものである・・というようなことをおっしゃっています。

今の私には、上記のような思いは、『ゼロ』となっております。
長いこと生きてきて、仕事も様々なものをやってきて、自分にとって大切なものはまったく別のところにあるのだ、と、気づいているのが、今の私です。

男は、仕事上の戦いは、かつての武士の合戦のようなものであり、ライバルなどには、生物として殺すことはありませんが、仕事上の世界では抹殺しようとする人が大勢います。
二度と浮かび上がれないようにとどめをさしている人を何人も見かけました。
そうした争いをしている人、・・ご苦労様です。

もう、あなたはまっとうな人からはリタイアした後、誰にも相手にされないのですよ。
よかったね、一生掛けて誰にも相手にされないようなひどい人になれました。

と・・話がずれましたが、渡辺先生のお言葉は、ある意味世の中の真実を突いています。
そんなものだ、とも別の側面から私も思いました。

長い男女の歴史から得られた、男女相互が永遠に理解できない世界観について、明快に書かれた本だということは確かでした。

2019/04/07

映画「リヴァプール、最後の恋」を見ました。

Story_img02

映画『リヴァプール、最後の恋(Film Stars Don't Die in Liverpool)/2017年 イギリス 監督:ポール・マクギガン 原作者:ピーター・ターナー 脚本:マット・グリーンハルシュ 出演:アネット・ベニング(グロリア・グレアム)、ジェイミー・ベル(ピーター・ターナー)』を見ました。

ピーター・ターナーが1987年に発表した同名の回顧録を映画化したものだそうです。

『悪人と美女』(1952)でオスカー助演女優賞に輝いた往年の大女優グロリア・グレアム(1923-1981)の奔放な人生の終末を映画化していて、若手舞台俳優のピーター(ジェイミー・ベル)との最後の恋が激しく、そして哀しく、リヴァプールを舞台に描かれていました。

往年のオスカー女優であるグロリア・グレアム(アネット・ベニング)の最後の恋の相手は、若手舞台俳優で50代と20代という年齢差がありますが、かつての美人度をむんむんとさせ、しかも可愛らしさも感じさせる主人公の女優の恋愛は、この映画を見ただけでも“恋愛”の[深さ]を感じさせます。

病に倒れ、最晩年を若手舞台俳優の実家リヴァプールで過すグロリア・グレアムですが、その舞台俳優の両親もかつてのグロリア・グレアムの熱心なファンで、温かく見守るのです。

二人が好き合ったところなどはアメリカでの派手なシーンや、溌剌とした様子が描かれているだけに、リヴァプールでの病床シーンは余計に哀しくなります。

 

Intro_img01

実物のグレアムのオスカー受賞時のフィルムなども流れますが、それがまた悲しみを深くしました。

女にとって人生の中での恋愛が占める比率の高さ、大事さ、男にとってどんな女性が生涯を掛けるほどの大切な人になるのか、など・・考えさせられことが多く、しみじみとしてしまいました。

結局、恋愛って、女にも男にも、ものすごく重要だ・・って、当たり前だけどふだんあまり考えないことがクローズアップされて、私も様々な想いに駆られました。

・・大人の映画だね。

2019/04/06

新年度が始まって一週間

20190406_garden003
新年度が始まって一週間が経ちました。
職場も仕事も新しくなり、ふだん使わない部分の“脳”を使い、身体もなんだかギクシャクしてきて新入社員のような気分でした。
疲れたねぇ・・(*^_^*)・・緊張感もただ事じゃなかった。
20190406_garden002
ということで、本日はお休みの土曜日。
お天気も良いので庭に出て、草花などを見ながら少しほっこりとした気分に浸りました。
20190406_garden001

草花も今年の新人のごとく次々と咲き始め、“仲間”のような“同士”のような親しい関係になったみたいです(^_^;)

今日、明日とゆっくり休んで来週にそなえます。

 

【Now Playing】 Walkin' / Miles Davis ( Jazz )

 

 

 

2019/04/03

「うれしい悲鳴をあげてくれ/いしわたり淳治」を読んだ

20190403_jyunji_ishiwatari01

 

『うれしい悲鳴をあげてくれ/いしわたり淳治著(ちくま文庫)』を読みました。
例によってブックオフで108円ですd(^_^o)

著者は、もとはロックバンドをやっていたり、作詞家であったり、音楽プロデューサーもされている方だそうです。

立ち読みしていたときには、表現も今まで私が好んで読んできた文章・文体と異なり、新鮮な感じがしました。
ちょっと驚きの展開があったり、一瞬目から鱗が落ちるような感覚になったりもしました。

でも、読んでいくうちに360頁もある本なのですが、120~130頁頃には飽きてしまいました。
もう先に読み進んで行くことにあまり意味が無いんじゃないか、とも思い始め、完読を断念いたしました。
着いて行けなくなりました。

笑いや、ちょっとした恐怖、センス・オブ・ワンダーみたいなものを感じはしたものの、私の感覚には合わなかったようです。

年代も私と違うし、そのあっさりとした感じにやや違和感も持ちました。
少し“寝かせて”おいてからまた読むかもしれません。
とりあえずの読後感でした。

2019/03/31

家族が連れて行ってくれた

20190330_django001

 

年度末になり、私の仕事にもひと区切りがつきました。
家族がお祝いに食事に連れて行ってくれました。

 

20190330_django006

ちょっといい感じのイタリアン。
せっかくおめでたいのでまずはビールを。ああうまい!

 

20190330_django004

 

私はきのこと明太子のクリームソースをd(^_^o)
こりゃいい、ビールにぴったりだ(*^_^*)

 

20190330_django002

皆は皆でそれぞれお好みのパスタをたのみました。
その日は土曜日。午後の時間を美味しい食事で楽しく過すことができました。

 

20190330_django003

ピザも頼もう、と、ガーリック・ピザまでとって、ますますビールが美味しい'(*゚▽゚*)'

 

20190330_django005

お店も明るく、店内もそれぞれに楽しい時間が流れている様子がわかり、大満足しました。
家族皆から、いろいろいただいてしまい、カードを読んで、涙腺がヤバい状態…σ(^_^;)になりましたが、なんとかこらえてお店をあとに・・。

 

20190330_peace001

その後、私が思いつき、以前来たことのあるソファでゆったりできる珈琲店に寄りました。
甘いものも食べて、いやもう満足&まったりな午後のひとときとなりました(゚ー゚*)。oO

身に余るような時間を過させてもらい、家族に感謝です。
次の職場でもそれに恥じぬように頑張ります。

明日から4月、庭にも春がやってきた

20190330_garden002
月日の経つのは早いもの。
このあいだまで庭には花ひとつ咲いておりませんでしたが、気づくとあちこちに花が咲きはじめました。
20190330_garden001
気温はまだそんなに上がってきていませんが、草花は春の空気を感じているのでしょう。
20190330_garden003
ここ数ヶ月で我が家の周囲は、かなり樹木などの伐採が進み、ついこのあいだ三軒の家が建ち、すでに二軒には人が住み始めています。
一軒は挨拶にみえました。
小さな子どもさんのいる家族でしたが、ぜひこの田舎の空気を毎日感じて楽しい生活をしていただきたいです。
20190330_garden004
できれば、庭に少しばかりでも花を植えていただくと嬉しいんですけど(*^_^*)

2019/03/26

「むははは日記」椎名誠著を読んだ

 


20190325_muhahaha_diary001




このところ、このブログのプロバイダーであるニフティがブログのリニューアルを図ったのですが、メタメタのボロボロ、でくの坊の屑のようなシステムとなり、最悪の状態になっておりまして、ここ二~三回のアップは、いつもなら15分もあればアップできるものを3~4時間掛かったり、丸一日後にアップされたり、まったく編集が効かないような状態であったり、自分で自分のブログが見られなかったり、外部からも見えてないぞ!という声もいただいたり・・で、散々な状態です。


今回も無事アップできるかどうか、しかも自分の意に沿わない表示のアップがされるかもしれませんが、今、下書きをしているところです。


さて、今回は『むははは日記/椎名誠著(角川文庫)』を読みました。
この本の文庫化前の初出は、1984年ですから、かなり昔のもの。
椎名さんが本の雑誌などでも有名になり、さらに「さらば国分寺書店のおばば」などの驚きの作品でガシガシ、ノシノシ、ワシワシ、ぐんぐん突き進んでいた頃のものです。


どれもこれも歯に衣着せぬ遠慮なし、問答無用の書きっぷりです。
平成14年にこの文庫化が成っていますが、当時のヤバい表現もたぶんそのまま!えらいことになっておりましたd(^_^o)


もちろん私もこの頃の椎名さんの大ファンです。
悪いことを悪いと言って何が悪い、おバカなヤツをおバカと言って何がいかんのだ!という至極当然、あたりきしゃりき、正面突破、怒濤の椎名的“せーろん”がまかり通っております(^_^;)いい時代だったねえ。


特に「雑誌たちよ」という、椎名さんが片っ端からその頃の雑誌を読み、気に入ったものは褒めるが、そうでないものは“めった切り”のコーナーが当時の勢いを感じさせ、もう二度とこういうものは発表されないであろう、気持ちのよいものでした。
久しぶりに私もたじろぐくらいの快進撃な椎名さんでありました。


私も自分の若い頃の気持ちが胸の中に湧き上がり、スカッとするやら、なにかキュンとするものがあるやらで、そわそわするような気持ちで読みました。


ガツンときて、でも爽やかさまで感じさせる懐かしさ漂う本でした。



【Now Playing】 大人のジャズタイム / 島﨑保彦 ( ラジオ日本 )


«宝塚・雪組が公演するブロードウェイ・ミュージカル「20世紀号に乗って」を観劇してきました!

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック