フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

トップページ | 2004年12月 »

2004/11/29

スズキ・アルトのカラーデザイナー

“軽”と言えば、スズキ。スズキと言えば“アルト”でしょう。
「48万円!」なんてキャッチフレーズでCMが流れていた時代もありました。

今回アルトはフルモデルチェンジして、すぐに気づいたのですが、ボディー色がやさしい色になっていました。
懐かしいような、新しいような色々に見える色です。

カラーデザイナーは24歳の女性だそうです。
担当になり、ターゲットの女性(結婚して30~40代で、いつまでも美しくありたいと願うような人を想定)を後押しするような色にしたいと、日々悩んだそうです。

ある日疲れて帰宅し、気分転換のためにアロマキャンドルに火を灯した時に、「見えない香りのイメージ」で色をつくろうと思い立ったそうです(・・・すごい)。
車体色に“香り”のイメージなんて、なかなか思いつかないと思います。
プレゼンテーションの時もアロマオイルを持ち込んだそうです。
そして『ムスクブルー』というボディー色を開発しました。ほのかな淡いブルーで、温かみのある色、しかも少量のメタリックを配合しているらしく、街角でターンするときに、キラっとかすかに目に残る輝きを感じるようにしてあるそうです。

すれ違ったときの女性のさわやかな残り香を演出しているのだそうで・・・おじさんにはとても思いつかないものです。
社内でも賛否両論だったそうですが、発売二ヶ月で目標の4割増の1万5千台が売れたらしいです。
おまけに、今年の【オートカラーアウォード・外装色部門賞】を受賞しました。

自動車会社も変化してきて、若い女性の意見を取り入れて、見事な結果を出したものです。
内装についても、育児中の女性社員チームが担当して、工夫いっぱいなのだそうです。

いい話をきいたな・・と思いました。
おじさんたちが仕切りまくる職場が多い中で、これだけのことを賛否両論がありながら成し遂げたスズキはワゴンRや新型スイフトなどいい車が多いですね。

2004/11/28

角川短歌賞の受賞作品をみて

新聞で角川短歌賞の受賞作品が紹介されていました。
この賞は、過去、“俵万智”さんが受賞されたことで有名です。普通の文学賞と異なるところは、自分で五十首の歌を詠み、応募して選考を受けることです。

俵さんは、三年かけて候補→次点→受賞という歩みを経たそうです。

そして、今年の受賞作品は「小島なお」さんという17歳の女子高生の作品でした。
新聞等でもすでに公開されていますので、その一部をご紹介します。驚きますよ。

・エタノールの化学式 書く先生の白衣にとどく
 青葉のかげり
・なんとなく 早足で過ぐ
 陽差し濃く溜まれる 男子更衣室の前

どうでしょう。ストレートに、奇をてらうでもなく、ひねるでもなく、感じたことを伝えているわけですが、その感覚に深く新鮮な印象を持ちました。

・制服の われの頭上に 白雲は
 吹きあがりおり 渋谷の空を

ご本人が青山学院高校ということで、渋谷の空なのでしょうが、あの雑踏の中で人を見ずに空に目を向け、雑踏の中にひとりいる自分が浮き彫りになるような、素晴らしい表現だと思います。

・靴の白 自転車の銀 傘の赤
 生なきものは あざやかである

色鮮やかなものを想像させた瞬間、生きている自分は・・自分の生はなんなのだろうという不安感のようなものが感じられ、これも驚きをもって読みました。

最後にタイトルにもなっている「乱反射」
・噴水に 乱反射する 光あり
 性愛を まだ知らない わたし
最初に激しい視覚的な感覚を感じさせて、そのあとに十代の迷路のような、まだ知らない世界への気持ちを表すところに、また感銘を受けてしまいました。

ご本人の写真も掲載されていたのですが、制服姿で、学校の鞄にマスコットをぶらさげている普通の高校生でした。
しかし、その感覚たるや“おそるべし”というところでしょうか。
本が出版されたら(もう、されているのかな、あとで調べてみます)、ぜひその作品の数々を味わってみたいと思います。

2004/11/27

結果はCMのあと

今朝のウチの新聞で、作詞家の阿久悠さんがコラムに書かれていたのですが、よく「続きはCMあと」とか「驚きの結果はCMのあと」などとやっている番組の作り方について“感心する”とのことでした。
もちろん、テクニックの巧妙さにではなく、このテクニックが“今も効果を持っていると信じていること”についてです。

私もいつも思うのですが、この何年も続けられていることが、ほんとに効果があると信じているとしたらほんとに鈍感そのものです。
逆に信じていないのであれば、それは「テレビの視聴者なんてこんな風に見せときゃいいんだ」と思っていることになります。

番組製作会社の担当が鈍感なのか、その上司が鈍感なのか、発注しているテレビ局の担当者が鈍感なのか、テレビ局の上司が鈍感なのか、視聴者が鈍感なのか・・・。全部かもしれませんが。

どうせCMのあとにはろくな「続き」も「結果」もありません。おまけにCM前の部分を再度何分か見させられたうえに、つまらない結果を見せられるのです。・・・そうか、制作側は、二重になった分、手を抜けるわけですよね。
つまり「結果はCMのあと」とやっている番組は手抜き番組だし、見ている人をCMのあとまで引っ張る力が無い番組を作っているわけです。

というわけで、阿久悠さんと同じく、私も「衝撃の結果はCMのあと」とやられたら、テレビを切るか、番組を変えてしまいます。これが大正解です。とても気分がいいです。
阿久悠さん式に言うと“自己防衛”です。

“テレビの人たち”は、いつまでこの『CMまたぎ』という手法を使うつもりなのでしょうか?こんなのリモコンがなかった時代のやり口じゃないでしょうか。
結局CMまで見てもらえなくなるのにね。

2004/11/25

チャオのお散歩

二日酔い気味の今朝の通勤途中のお話です。
駅から勤務先までは、真ん中が公園になっていて、両脇が道路になっているプロムナードというところを歩いているのですが、天気の良い日には、とてもきれいな黄金色の可愛い猫が公園で日向ぼっこ状態でくつろいでいます。

時には、犬と散歩中の人達にもなでられて気持ちよさそうにしています。犬と並んですわっていたりもします。
ある日、ご主人と思われる旦那さんと“散歩”しているのを見かけました。
まさに、散歩です。鎖はついていませんが、ご主人のあとを明らかにスタスタとおいかけて散歩しているように見えるのです。
偶然そう見えたのかなあと思っていたのですが、今朝、今度は奥さんと思われる方(塩沢ときさんみたいな方)と、まさに散歩していました。

「チャオちゃん、おそい」と言われると、あわてて早足で奥さんのあとをついて歩いています。名前は「チャオ」というようです。

私がびっくりして猫を見ていると、その奥さんが私に話しかけてきました。「この猫は、犬みたいなんですけど、こうして毎朝散歩するんですよ。私について、ご近所を一周してくるんです。珍しいでしょ。」とのこと。
「へぇ~面白い」と言うと、見知らぬ私に「いってらっしゃい」と声をかけて猫と早足で散歩を続行されました。

この猫の家は、ときどき車庫で日向ぼっこしているので知っているのですが、大邸宅で、しかも車はレンジローバー、ただの金持ちじゃなさそうですが、猫もみたことのない(私が猫の種類を知らなさすぎるということもあるのですが)上品な種類、首輪も素敵な首輪で、猫自体も自分が可愛いということがわかっていて、自分を皆がなでてくれるのは当然という感じです。

チャオと会うのが“プチ楽しみ”の毎朝です。

2004/11/23

国際千葉駅伝に爆笑!!(^O^)

公開初日ということで、調子にのって、もうひとつUPします。

きょうは、千葉市で国際千葉駅伝がありました。

テレビ中継も有り、第一区では、私の職場のビルの前を選手達が通過、その後も千葉原住民である私のお馴染みの街並みの中、選手達のデッドヒートが繰り広げられました。

注目は何と言っても現在、マラソン日本最高記録を誇る第三区・渋井陽子の“爆走(本人がそう言ってた(^-^;)”でしたが、日本チームの第五位からの、ものすごい追い上げには驚きました。(最終的に2位に)

私も家族といっしょに車中で、テレビ中継の音を聞いていたのですが、第五区のたすき渡しのときに事件?は起こりました。
たすきが第五区走者に渡されたときに、アナウンサーが「さあ、第五区大島めぐみ選手にたすきが渡された!その左手には人妻のあかしがきらりと光ったぁ~」と絶叫(^o^;)
その瞬間、解説の増田明美さん爆笑。

私も妻も爆笑してしまいました。
あとで、いろいろ批判されるのかもしれませんが、ものすごい追い上げでいやがおうにも緊張感が増す中、一瞬ほのぼのとしてしまいました。

増田明美さんもおっしゃっていましたが、日本人選手のそれぞれが異なるフォームなのですが、全員がとても美しいフォームで走っていて、夕日の中を走るその姿にしばし見とれるほどでした。アフリカ勢の草原を走る動物のような大きなストライドの力強い走りも素晴らしいのですが、これを見るだけでも千葉駅伝を見る価値があるのではないでしょうか。
それと、増田明美さんの解説はほんとに優しさにあふれ、選手の気持ちがよくわかっていて、絶対に選手の悪口を言わなくて、すばらしいものだと感じました。人間的にもすばらしい方だなと最近いつも思います。

千葉にはもうひとつ「国際クロスカントリー・レース」というものがあり、こちらは世界的に有名なコース(千葉市昭和の森)で、選手の息づかいも聞こえるほどの近さで、しかも自然いっぱいの芝生の中でレースに接することができ、さらにこの大会は多くの実力者を輩出していて、有名選手も走る魅力いっぱいの大会です。
お近くの方は国際千葉駅伝と国際クロスカントリー・レース、一度はご覧になってみるのもよいのではないかと思います。

千と千尋のはじめとおわり

このあいだFMラジオの番組、東京コンシェルジュで別所哲也さんが話していたのですが、映画「千と千尋」の中で、始めのシーンで家族が乗っていた車と、お話が終わって帰って行く時の車が、アウディとベンツで異なっているというのです。

「えっ、ほんと」と思ったと同時に、これが単なる間違いじゃなくて意識していたとしたら、どんな“意味”があるのだろうと考えました。

そして、本日子供に買ってやったDVDで両シーンを確認してみました・・・。
そしたら車は両シーンとも「アウディ」で変化がありませんでした。
始めのシーンでは、「この車は四駆だぞ」とお父さんが言って森の中をとばすシーンとはっきりとフロントグリルにアウディのマークがあり、帰りのシーンはアウディのマークは見えませんが、始めのシーンと同じ車に見えます。
最後の後ろからの映像で、テールランプが三角のベンツっぽく見えるので勘違いしたのではないでしょうか。

なんだよ、単なる勘違いかと思ってしまうのも感想かもしれませんが、一瞬“どういう意味があるのだろう”と考えたわくわく感が楽しかったです。それに、そういうこともあるかも、と思わせる「千と千尋」の作品のとしての“力”もたいしたものだと思いました。

きょうは「ハウルの動く城」も公開されたので、宮崎作品に因んだ話題でした。

2004/11/21

Weblogお試し開設しました

まだ、だれにも伝えていませんが、このニフティのココログを使って自己のホームページとは少し異なったことをやってみようと思い、『オトナの手帳』を開設しました。

私のホームページを、ぜひ一度ごらんいただいて、そのうえで、こちらもごらんいただけると、さらにうれしいです。

ここには、日々気づいたことで、ホームページ本体の方に書くよりも手帳的に書いてみたいようなこと、ホームページのコーナーには設定していないものなどを載せたいと思っています。

トップページ | 2004年12月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック