フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/30

シルバニアの森キッチン

Psylv3
きょうは、早起きしました。
小二の娘が好きなシルバニア人形で遊べて、食事もできるという『シルバニアの森キッチン』というところに行ってきました。GWのおとうさんらしい行動と言えましょう。
場所は“吉祥寺”。吉祥寺ですよ、遠いんだから千葉の田舎からは・・・。
ちょっと迷いましたが、無事お店にたどり着き、まずは食事。
Psylv1
で、全然期待していなかったのですが、私が頼んだ日替わりパスタのナスとベーコンのトマトソースは本格派のパスタ店でもこんなに美味しいかな?と思うほどで堪能いたしました。
娘は料理がくるまでドールハウスと人形で遊びまくりでした。
そして、食後は現在市販されていないバージョンの人形などをくまなくチェックしておりました。
お友達にもおみやげを買い、本人は大満足!
Psylv2
一番下の写真は店内にあったジオラマみたいなものです。
お客さんは、お母さんと娘というパターンが一番多かったようですが、けっこうお母さんがシルバニア人形にはまっているのではないかと思われる人たちがいたように思います。
女性はやはり、こういうのが好きなんでしょうか?
私としてはせっかく吉祥寺に来たのですから、ジャズ喫茶で有名な『メグ』や『A&F』などに行ってみたかったのですが、小学生連れではどうもなりません。
父親としての責務を果たすことに相務めました。
帰りにちらっと楽器店をのぞいて、フェンダーやギブソンなどのビンテージモデルをまぶしい目でながめてきました。
本日は父親として、ゴールデンウィークらしい一日だったと言えると思います。

2005/04/24

我が家の庭も少しずつ・・・

Pgarden1
本館“オトナのページ”の日記で、長女の「花園」の話を書きましたが、我が家の庭の方も少しずつ変化を見せています。
100円ショップで買ったタイルを敷いて小径ができました。
今咲いている花の奥には写真ではちょっと見えにくいのですが、バラの鉢が小径沿いに並べられ、咲き出すのが楽しみです。
古い車庫に使われていた骨組みを使ってアーチをかけようかなんて話も出ています。
ただ、妻の方は少し作業をしたりすると、寝込んでしまったりするので徐々にというところです。

そして、私の方も検査である疾患が見つかってしまい、現在仕事の方にも支障が出始めているので、毎日慎重に体をいたわって過ごしているような状況です。

ゴールデン・ウィークになんとかなだれ込んで、体の方を休ませたいと思っています。

2005/04/17

植物園に行きました

Pshidare1
きょうは、小二の娘と植物園に行ってきました。家にこもっていられなくてどこかに行こうとせがまれました。
植物園に入ってすぐのところに「しだれ桜」が咲いていました。
それは見事で思わず声がでてしまいました。
子どもはさっそく木の下に行って上を仰ぎ見ていました。
花びらが風に舞い幻想的な気分さえしました。
Pyamabuki1
二枚目の写真は、散歩道に咲いていた「ヤマブキ」です。
あざやかな黄色に見とれてしまいました。
幸い花粉の飛来も少なかったのか、散歩もいい空気を吸いながら快適でした。
子どもは、まだ咲いていないローズガーデンをまわりながら、自分もバラのアーチを作りたいと野望を燃やしていました。
Pyamato1
三枚目の写真も散歩道にあった「ヤマトレンギョウ(あってるかな?)」です。
これも色鮮やかで、しばし見とれました。
いい空気を吸いながら木々の間の小径を散策し、花を愛でる、傍らには元気にはね回る娘、これって幸せな瞬間だな・・と思いながらゆっくりと歩を進めました。
帰りには、近くにあったバッティングセンターに行き、久しぶりにボールを打ってみましたが、けっこうライナー性の鋭い打球を打てて、自分でもびっくりしました。
娘はラケットを借りて、マシンで一人テニスに興じました。
二人ともけっこういい運動にもなりました。

2005/04/12

キジがいました

Pkiji1
朝の通勤は、自宅からクルマで最寄りの駅まで行って、駐車場にクルマを置いて電車で出かけるのですが、駐車場は、元古墳と貝塚だった場所で今は公園になっている場所に近接してあります。
時々クルマを降りると「ケンケン」という鳴き声が聞こえてきて、「あれはひょっとして」と思っていたのですが、先週から駐車場で毎日同じワンボックス・カーのフロントガラスのところに立っているキジを見かけるようになりました。

今朝は撮れるかもしれないと思い、カメラをバッグにしのばせて出かけると、いつものクルマの場所とは異なる場所でしたが、いました、いました。散歩していました、小雨の降る中。
カメラを持って近づくと一定の距離を保ち、7~8メートル以内にはならぬように歩いて逃げます。
ちょっと遠いけれどカメラに収めました。
Pkiji2

写真でわかるかどうかですが、きれいな色をしています。これはオスですよね。
こんなのがのんきに歩いているなんて、ほんとに私の住んでいるところは田舎です。
まだまだ自然が残っているっていうことで、喜ぶべきことでしょう。
ここのところ毎日キジは同じ時間に駐車場にいるので、わずかな時間ですが、楽しみにしています。

2005/04/09

“さくら”だより2

きょうは、用事で千葉市の検見川というところに行きました。
帰りに古い神社があったので、立ち寄りました。名前はそのまま「検見川神社」です。
このあたりは、古い漁師町だったところで、今はそのおもかげはほとんどありませんが、神社自体はあまり大きくないものの、由緒正しそうな佇まいでした。Pkemigawa1
桜も満開でしたので、さっそく撮影しました。
きょうの千葉は、日中とてもあたたかく、過ごしやすい一日でした、花粉の飛散を除いては・・・。
もともと神社のすぐ近くまで海岸が来ていた場所なのですが、今は埋め立てられて海がすぐそこまできていたなんて、新しく移り住んだ人たちには想像もできないと思います。
それは、幕張メッセで有名な幕張や、浅間神社が有名な稲毛もいっしょです。
Pkemigawa4
わずかに当時を感じさせるのは、家々が建っている土地がものすごく細長く、それに沿って細長い路地があることで、昔はこの細長い道を通って各々が海に出かけて行ったのだと思います。
稲毛などは、海に面していた頃はリゾート地だったようで、有名な作家なども数多く逗留していたようです。
稲毛から生まれた文学作品も数多いという話を聞いたことがあります。
聞いたことのある作家は、俳人・河東碧梧桐、森鴎外、田山花袋、島崎藤村、有馬武郎、林芙美子、永井荷風、有吉佐和子、松本清張、志賀直哉、新しいところでは椎名誠さんは地元出身です。
川端康成の「山の音」には、東大検見川グランドで昭和26年に発見された二千年前の蓮の実の話が登場します。その蓮は今では太古の昔をそのままに千葉公園や千葉みなと公園などで見ることができます。
Pkemigawa3
そんなことを思いながら、この古い神社で桜を愛でていると悠久の時を感じたりもします。
桜は見ているだけで不思議な気分になる花です。


2005/04/07

“さくら”だより

Psakura1
現在、7日(木)の午後11時半です。自宅で仕事中ですが、ちょっと息抜きにブログに書き込みです。
家の用事で、きょうは6時頃に帰路に着いたのですが、写真は職場から駅までの途中にある桜です。
もう、暗くなってから撮りましたので、あまりうまく撮れていないかもしれませんが。
Psakura3
きょうは、こちら千葉ではかなりの強風で、このままだと土日を待たずに花びらが散ってしまうのではないかと少し心配してしまいました。
土日のどちらかは仕事になりそうなので、一日は家族と桜を見たいなと思っているので、すこしあせりました(^^;)
Psakura2
でも、まだ満開とまではいっていないので、土日のうち一日は花見ができるかもしれません。
写真を見ていたら、気づいてしまったのですが、一枚かなり“オーブ”が飛んでいるように見えます。ちょっとこわいけど、レンズの汚れだと思いましょう。

2005/04/03

靖国神社の桜

Pyas1010023なぜか思い立って子どもを連れて靖国神社に行ってきました。
私としては、3歳のときに行って以来のことです。だからその時の記憶はありませんが。
人出もけっこうありましたが、気温がやや低く、肌寒いくらいでした。
Pyas1010018
お参りしたあと、例の有名な桜の木を探してみました。たぶんテープが巻いてあって、記念写真をその前で撮る人が多かったので、上の写真の桜が「東京の桜開花の基準」になっている木だと思います。
この桜については、もうけっこう咲いていましたが、その他の花見客のようなひとたちがたくさんいて、屋台が出ている場所の桜はまだほとんど開花していませんでした。

遊蹴館という資料館を見学したあと、せっかくなので屋台でたこ焼きや焼きそばを買って外で食事しました。
子どもはできたてのじゃがバターを、おいしいおいしいと食べて満足気です。久しぶりに、少しゆったりした気持ちになりました。
わざわざ出かけたのは正解だったかな?と思いました。
先週は、木曜日に遅くまで残業し、家に着いたのは午前3時半近くで、そのまま6時には、起床して勤務に出かけるという、まるで一日に二回出勤するような状態もあり、疲労こんぱいでした。

仕事も持ち帰り、この土日にやろうかと思っていたのですが、土曜日を使って靖国神社まで子どもを連れてきたのは、疲れるよりも、精神的には休暇になりました。
さあ、明日は(と言っても、もう日付は変わって日曜日になってしまった)リフレッシュも出来たし、仕事をやりたいと思います。

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック