フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« シルバニアの森キッチン | トップページ | 妻がたおれました »

2005/05/04

枇杷で有名な富浦に行ってきました

tomiura1
三連休の中日、きょうは朝早く起きて千葉県の富浦という枇杷の産地で有名なところに行ってきました。
もう房総半島の先端の館山も近いくらいのところですが、そこの道の駅がけっこう穴場なんです。
と、言いつつ朝も早よから行ったというのに駐車場も、道の駅の中も大盛況の状態でした。穴場でもなんでもない(^_^;)
写真のパラソルが出ているテラスでは、咲き誇る花の中で、枇杷のソフトクリームを食べたり、ケーキを食べたりしました。
tomiura3
真ん中の写真は長女が近くを流れる川の土手の芝の上を段ボールをひろってきて、すべり台のようにものすごいスピードで滑っていく様子です。
こんな遊びしたことないらしく、熱中しておりました。
私も試しにやってみたのですが、長男に「恥ずかしいから、やめてくれ、たのむ」と言われてしまい、納得がいかない気分でした。どっちがオトナなのかわかりませんが、私の言う“オトナ”は『大人』ではなく、大人になりきれないオトナなので、「これでいいのだ!(赤塚不二夫世代)」と自分で自分を納得させました。
長男には、「もう、近く歩けないし・・」と言われました。
tomiura2
この道の駅は、美味しいお土産や、変わったものがけっこうあるのですが、実は普通の食堂に見える二階の寿司屋が入っているところが、いけてるんです。
なんといっても海はすぐそこですから、新鮮な魚がふんだんに入ってくるわけです。
ここの写真は【本館オトナのページ】の日記コーナーに掲載しますので、興味のある方はぜひご覧ください。

« シルバニアの森キッチン | トップページ | 妻がたおれました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

はっPさん、こんにちは

連休、素敵な穴場にいらっしゃったんですね。(^^)何が穴場って、美味しいものが安く頂けるのが、一番!(^^) おまけに(どちらがおまけでしょうか?)きれいな花と楽しい遊びもあって、最高ですねぇ。
そうそう、私もしましたよ、草滑り!(^^;
近くの緑地公園で、枯葉を集めて斜面から滑ったんです。最高に面白かったですよ。子どもと二人で乗ったり、一人で乗ったりしながら、きゃーきゃーいいながら乗りました。下の子が幼稚園のころです。遊園地にしても、思いきって楽しめる間は、ストレス抜きが上手にできる印だと思っています。(^^;
息子さんのそういう気持ちも、なんだかたまらなく可愛いと思える私は、年よりなのかなんなのか・・。(^^)

ymamaさん、こんにちは。
昨日の疲れがでるかと思いましたが、なんとかきょうは大丈夫みたいです。
みいさんも、道の駅で休日を過ごされたようですが、道の駅もあなどれないものがあります。

あんなに花がたくさい咲いていて、無料で枇杷が食べられたり、美術館も入っていたり、ちょっと寄るだけではもったいないところになっています。

そして、ymamaさんも草すべりをされたんですね。安心いたしました(*^_^*)
そう、我を忘れて子どもと戯れたりできるのも今のうちだけだと思うので、私の方針は変わりません。長男は見ていた人が馬鹿にしてたみたいだとか、色々言ってましたが、でも私が「いいんだ、俺が思うように俺が遊んでいるんだから」と言ったらじっと私を見ていました。
さあ、何を考えていたのでしょう。

明日は、また仕事なんですが、私らしく仕事をしてきたいと思います。遊んでいるときのように。

はっPさん  ご家族でいい連休でしたね。
お花がいっぱいで、きれいですね。枇杷のソフトクリーム、美味しそう。私は、バラのソフトクリーム(本日のソフトだったので)食べましたよ。ばらの香りがして、美味しかったです。
草すべり、楽しそう、やってみたくなりました。

連休も終わり、又、日常に戻る、お互い自分らしく、すごせたらいいですね。おっしゃるとうり。

>はっpさんこん@@は。
枇杷倶楽部の写真をひさしぶりに拝見しました。私も取材がてらに家族で何度か訪れました。菜の花の季節もきれいですよ。(千葉版「小さな旅」の表紙イラストにしたことがあります。)
このところ、ご家族でおでかけのようす。娘も中学校になると部活に奪われてしまうので私はもっぱら三女と畑で遊んでおります。
草滑りいいじゃないですか、私も去年田舎に行った時、森に入ってツタの「ターザン」を子供たちに直伝しました。
いつまでも童心を持ち続けたいですね。

みいさん、saripapaさん、おはようございます。

枇杷ソフト美味だったですよ。saripapaさんは、ひょっとして召し上がったことがおありになるのかもしれませんが、ちょっとコクがあってグッドです。
みいさんの「バラのソフトクリーム」もおどろきですね、きっと上品な香りなんでしょうね。

そして、saripapaさんのブログを見ていると子どもさんとの畑作業など楽しそうですし、ジャズのビッグバンドでご家族と演奏されたり、ここに書かれているように、仕事柄取材先に行かれて、その場所を楽しまれたり、以前仕事でごいっしょさせていただいたときのまま、まさに『自然体』でお仕事も日常生活も生きていかれるその姿、いつも私のお手本にしたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枇杷で有名な富浦に行ってきました:

« シルバニアの森キッチン | トップページ | 妻がたおれました »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック