フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« アクアワールド・大洗にも足を伸ばしました | トップページ | 姑獲鳥の夏 読んだ!見た! »

2005/08/10

国際語失格?よかった!

最近、石原都知事がフランス語は数の勘定もままならない言語なので、国際語としては失格だと発言して、フランス語を侮辱したとして裁判沙汰になったことがありました。
まあ、自国語をそんな風に言われて腹の立たぬ人はいないと思いますが、作詞家の阿久悠さんが面白いことをおっしゃっていました。

国際語になり難いというのは、むしろ名誉なことだというのです。
世界の共通記号として成り立つということは、単なる使い勝手がいいというものだけであって、記号としての特性だけで選ばれたものだからだというのです。

数十億人が共有できるような簡単で、底の浅い表現方法、文化ではないから、フランス語は共通語にならないと思えば、腹の虫もおさまろうというものです。
私は、当然日本語もそうあってもらいたいと思うのです。
国際語の名の下に文化が削ぎ落とされるのであれば、国際語なんてアメリカ英語にまかせておけばよいのです。

辛口の随筆で私の好きだった「山本夏彦」さんが、著書の中で、「人間はその国に住むのではなくて、その国の言語に住んでいるのだ」と書かれていたことがありました。
まさにそのとおりだと思います。私達は、日本語で考え、語り、そこで培った文化の中で暮らしているのです。
言語社会の中に自己の存在があるのではないかと思うのです。

職場で、私が“けんもホロロ”という言葉を使いましたら、若手に「けん・・・それは何ですか?」と聞かれました。
他のそれを知っている若手も「過去耳にすることがあったが、現代では使われていない」と言っておりました。
「厳しく拒絶した」と「けんもホロロ」では、ニュアンスが異なってくるとおもいます。そこが日本語のおもしろいところだと思うのですが、いかがでしょう。
ちなみに、「閑古鳥が鳴く」も「無い袖は振れない(ぬ)」も知らないと言われました。そうそう「欣喜雀躍」も“まったく知らない、必要ない”と言われましたが、そうかなぁ?

フランス映画や、シャンソンもフランス語あってのもの、源氏物語も日本語あってのものではないでしょうか?

« アクアワールド・大洗にも足を伸ばしました | トップページ | 姑獲鳥の夏 読んだ!見た! »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際語失格?よかった!:

« アクアワールド・大洗にも足を伸ばしました | トップページ | 姑獲鳥の夏 読んだ!見た! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック