フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 引かないでね(^_^;)宝塚の話題 | トップページ | 鵜の岬(茨城県)って知ってました? »

2005/08/03

インターネット『的』

先日、NHKの“ラジオ深夜便”で糸井重里さんがゲストとしてお話されているのを聞く機会がありました。
とてもわかりやすいお話だったのですが、ひとつは、糸井さんが現在やっておられる「ほぼ日刊イトイ新聞」というネット上の新聞というか、面白いホームページのことでした。
このページについては、私がブログを始めたころに、来年の手帳を買いたいと書き込んだら、常連の「みいさん」から紹介していただいて、今では好きなページになっているところです。
そして、私のホームページとも似たような考え方がけっこうあって、うれしかったり驚いたりしたページです。

ラジオ番組のテーマは“インターネット『的』”でした。“インターネット”そのものではないのです。
ようするにインターネットとは、ある種の「通信網」であり、まあ、このクルマ社会でいうと、道路のようなものだというのです。そして、それについては興味が“ない”ということでした。
興味があるのは、その道路が整備された社会で何が起こるのか、どんな情報がどう行き交うか、ということで、私も同様です。

ただ、現在の私の仕事は、ここでいう「道路の整備」が主な仕事になっていて、ぐんぐん職場で進めている職員用ポータルサイトの整備は本来的な私の職務ではほんとう無いのです。でも、本来の担当部署であるところを差し置いてがんがんやって、充実しているんですけど(^_^)v

で、話を元に戻すと、クルマが最初に走り出したときに、例えば「ドライブイン」というものを想像できただろうか、さらに、そこでお土産ものを売って商売が成り立つなどと考えただろうか?その周囲で起こることが面白いというお話でした。つまり、インターネットそのものではなく、インターネットがあることによって起こることがわくわくするというわけです。

情報を伝えるだけなら、既にテレビ・ラジオ・新聞があるわけです。でも、それは取材を仮に丸一週間かけても、実際報道されるときにはわずか新聞三行だったりします。
でも、インターネットであれば、それは実に豊かな読み物になったりします。しかも、あとで読みたければ、きょうは読まずにまた明日読むことができるわけです。
しかも、まったくの普通の人が、新聞などよりも詳細で、特定の人にとっては深く有意義な情報を日常的に流すことができるのです。まったく知らない遠くの人とも、一瞬にして知り合い、別々の場所でありながら、仕事を一緒にすることも可能になったりする・・・・。面白いことばかりです。

リンクについても、例えば私のページにAさんのことが書かれたとして、Aさんという名前の部分にAさんのページへのリンクを張ったとすれば、そのページを見た人は、私を知ると同時に、まったく面識のないAさんのことも知ることになるのです。そこが、インターネット以外のメディアでは成し得ないことであるとも言えます。

さらに、一般社会で、例えば組織が三角形になって、上に行けば行くほど狭くなり、頂点に向かっていく形になるわけですが、インターネット的には、その三角形がそのままばったりと平面上に倒れた形になります。
ようするに、組織的にはピラミッド型でも、情報は下から上まで同時にフラットに伝わるわけです。
そんなところが“インターネット的』”に面白いところです。

さらに、情報はぼ無料で伝播するわけです。私のつたないページでもどんどん無料の情報が流れているのです。
これは、経済にも大きな影響を及ぼしていると思います。
『仲介者』として当たり前に存在し、成り立っていた商売に大きな影響が既に出ているのではないでしょうか。

長くなってしまったので、本日はここまでですが、またお話を整理して小出しにして書いてみたいと思います。
きょうはここまでです。

« 引かないでね(^_^;)宝塚の話題 | トップページ | 鵜の岬(茨城県)って知ってました? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インターネット『的』:

« 引かないでね(^_^;)宝塚の話題 | トップページ | 鵜の岬(茨城県)って知ってました? »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック