フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/29

まだ優勝の余韻にひたってます

20051026marinesjpchamp
ブログを更新する前に、あれよあれよと4連勝、愛するマリーンズは遂に日本一になってしまいました。
連日、新聞は全部切り抜き、クリアファイルに全部保存しました。これは、私の宝物です(^_^)v

あまりの私と長男の喜びように、妻が発売したばかりの『おめでとうボビー ロッテ日本一』という特集スポーツ誌をそれぞれに一冊ずつ買ってきてくれました。

ロッテが千葉に来た頃は、まだまだ私はジャイアンツファンでした。職場でマリーンズ観戦に家族で出かけている女性がいたのを「あんな弱いチームをなんで応援するの」と思っていたのは私です。
そして、初めてマリンスタジアムに行って、あのロッテファンを見て、選手と一体になって試合をしている姿を見て驚きました。あの頃のマリーンズの“弱さ”は筋金入りで、18連敗してマウンドでジョニー黒木が男泣きしたのもその頃でした。

でも、ファンは「俺たちがついている」といつも一緒に試合をしていました。そして私もマリーンズの虜になりつつありました。最初はジャイアンツと試合をしたらどっちを応援するだろうとも思ってもいました。でも今年のセ・パ交流戦を見ていて、ジャイアンツを大人と子どもの試合のように完全に叩きつぶしましているのを見て、オレはマリーンズファンだと実感しました。勝つためのチームの一体感、ファンとの一体感は阪神とともに素晴らしいものがあります。
ジャィアンツは、大砲にたより、まったくつながりの無い打線で、打線と守備どちらも一体感の無い無気力チームだという印象がさらに強まりました。マリーンズが“はるかかなた”のレベルに、チーム力もファンも行ってしまったのをジャイアンツファンは感じることが、あのときできたでしょうか?
「ほんとうは俺たちジャイアンツの方が強い」と思っているなら、もう強くなる望みはないと思います。
どうか原監督、ジャイアンツを元気なつながりのあるチームにしてください。私は小さい頃野球のユニフォームは大ファンだった前監督堀内さん現役時代の18番を付けていました。そして、高校時代の原さんを見に甲子園にも行きましたし、大学野球も原さんの東海大の試合を見に行っていました。
強いジャイアンツと日本シリーズで戦ってみたいです。次の夢はそれかな・・・。

2005/10/25

マリーンズ三連勝・・夢みたい!

私の愛する千葉ロッテマリーンズが、日本選手権シリーズで三連勝しました。
まるで夢の中にいるようです。
第一戦のテレビ中継で、マリーンズの選手が日本シリーズの大舞台に出場している姿を見ただけで胸がいっぱいになってしまいました。
marinesjpseries3
今まで、どんなに連敗しても、熱心に応援し続けた我々マリーンズファンにとって、今年はその応援に答えが出たような結果となっています。
今回のプレーオフから日本シリーズで印象に残るのは、選手が皆、いきいきと楽しそうに、はつらつと野球をしている姿です。ベンチにいても、出場しても、全員ゲームに参加している感じがこちらにも伝わってきます。もちろん26番目のメンバーである我々マリーンズファンもです。
あとひとつは、さらに困難を伴うかもしれませんが、最後まで応援し続けます。

がんばれ、千葉ロッテマリーンズ!

2005/10/18

長男と乾杯しましたヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ

寝る前に書き込もうと思い、パソコンに向かっています。
我が愛する千葉ロッテマリーンズがついに優勝しました*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!! 
自分の心臓手術が成功したことも今年のうれしかったことですが、マリーンズ優勝もメチャメチャうれしいです。
負けても負けても球場に応援に行き、勝っても負けても選手に声援を送り続けて、ついにこの日をむかえました。
“人生最良の日”がやってきた感じです。

プレーオフ第三戦では、9回に長男と乾杯の用意をしたあとに、あの小林雅の悪夢があり、きょうは祈るような気持ちで応援しました。
9回になっても乾杯のジュースは長男が持ってきたものを再度冷蔵庫に入れ、“最後の最後まで油断するな”とテレビで手を合わせて祈りながら応援しました。
今度は小林が雪辱して最後の打者を打ち取ったあと、長男と乾杯しました。

あわてて、ビールを用意してこの日だけということで、勝利の美酒を一杯だけ飲みました。

マリーンズ優勝おめでとう!!
もう、応援だけは日本一なんて言わせないぞ!
長男も私も興奮と涙で感激にひたっていましたが、特番(東京12チャンネル、エラいっ)をビデオに録って長男を寝かせました。

とりあえず、寝る前にマリーンズファンとして書き込みました。
マリーンズ、万歳ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
お(・∀・)め(・∀・)で(・∀・)と(・∀・)う!

2005/10/13

ちょっと生まれ変わった感覚です

いやぁ、久しぶりの本格書き込みです。
やっとまともな体調でキーボードに向かうことができました。
心臓をオペして一番驚いたのは、今まで発作が起きたときのみが悪い状態だと思っていたのですが、実はそうではなかったことです。

一般の人たちの通常の心臓の状態は、こんなにも平安なものなのかと驚きました。
例えてみると、術後の状態が静かな高原にいるような感覚だとすれば、今までの発作が起きたときというのは、工事現場にいるような感覚、そして今までの普段の状態でも電車のホームにいるような感覚だったと言えば伝わるでしょうか。

そうか、こんな平静な状態で普通の人たちは毎日を過ごしていたのかと愕然としました。
生まれて数十年、体の中があんなに騒々しい状態だったことを思うと、まさに“生まれ変わった”と言ってもいいかもしれません。
かといって、これから私のおっちょこちょいがなおるわけではありませんが(^^;)

ymamaさんからいただいたコメントのように、世の中これからちょっと変わった視線で見ることができるかもしれません。
今は、けっこう新鮮な感覚につつまれて過ごしています。でも、ホームページの方は相変わらずチャレンジ・ドリンカーなど、おバカなコーナーを継続し、今までどおりの私で行きたいと思います。
そろそろ、チャレンジ・ドリンクの差し入れが来そうだし・・・(^_^)

2005/10/02

生きてます

手術は成功しました。
先生からもお墨付きをいただきました。
ただ、オペのダメージがかなり残っていて、まだ体が言うことをききません。
きょうは、ここまで。体調がもう少しよくなったらまた書き込みます。

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック