フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/27

大阪の“におい”は何だと思いますか?

nioiosaka
今朝、早起きしてラジオを聞いていたら、NHKで、大阪のおみやげ屋さんが「大阪のにおいの缶詰」を売り出して、好評とのこと。
私のような凡人は、すぐ、「たこ焼きの匂い」かな?などと短絡一直線に考えてしまいますが、その『いちびり庵』というお土産屋さんは、三種の“におい”の缶詰を開発したそうです。

①『道頓堀 厚化粧の香り~道頓堀に芝居を見にきたオバチャン』
 ~はまさにオバチャンの集団とすれ違ったときそのもの
②『北新地 うなじの香り~着物が似合う北新地のママ』
 ~は鼻孔をくすぐる甘いにおい
③『天保山 思い出の香り~初めてデートで乗った観覧車』
 ~は潮風を思わせるなんとも爽やか~なにおい

だそうです。値段は各580円。一番人気は、「①の芝居を見にきたオバチャン」らしいですよ。
さすが、大阪!一般人には思いもつかない発想のお土産です。
千葉の“におい”はなんだろう?
昔だったら、潮干狩りのときの“海風のにおい”かもしれませんが、あとは名産である、スイカのにおいや、ピーナッツバターのにおいなどでしょうか?
今なら“ロッテ”のガムのにおいかもしれません。

みなさんの出身地の“におい”は何?

2005/11/26

高橋尚子選手のメッセージ

最近、体調がものすごく悪くなってしまい、昨日など自分で自分の顔をさわってみても、触れている感触がなくなっていて、「こりゃ、けっこうたいへんなことになっているかも・・」とあせりました。
せっかく手術も無事終わったのに、体の具合が悪くなるにつれ、精神的にもどんどん急降下していくようでした。
で、ブログやホームページもほとんど自分で見ることもなく、ひたすら帰宅後は体を休めていました。

そんなとき、このあいだの日曜日に東京国際マラソンで高橋尚子さんが久しぶりに活躍し、優勝後のインタビューでしきりに、自分のことでなく観衆やテレビの前の人にメッセージを送ろうしていたのを思い出しました。

だいたい以下のような話ではなかったかと思います。

人の温かさや力を貸してもらったということで、うれしさを感じられた二年でした。陸上をやめようと思ったときも、夢を持つことで一日一日を充実して過ごせました。陸上に関係なく、今、“暗闇の中にいる人”や“悩んでいる人”も、どうか夢を持って一日を過ごしてください。
一日だけでも、三年後の目標でも、何でも目標を持つことで、一日が充実すると思います。
小学生や中学生はもちろん、三十代そして中高年の皆さんにも、24時間という時間は平等に与えられたチャンスの時間です。
二度と来ない、この一日の時間を精一杯充実した時間にしてください。

きっと、自分のためだけに走るのなら、ケガもしているのに、あんな走りはできなかったのではないかと思います。
自分をささえてくれた人や、そのおかげでここまできて、それを見にきてくれた人たちに伝えたい・・そんな気持ちがあったから、あの前半の我慢する走行、そして後半の一気のスパートができたのではないかと思いました。

私も、体調など色々“暗闇の中にいる”状態ですが、与えられた24時間という平等の時間を精一杯過ごしてみようと思います。高橋尚子さんの言葉を思い出して、少し元気が出てきました。

2005/11/23

日曜日のマリーンズ優勝パレード

makuharistreet
先日、日曜日に千葉ロッテマリーンズの優勝パレードを見に行ってきました。
場所は、千葉市中心街と、マリンスタジアムがあるベイタウンの二か所で行われたのですが、私は中心街(といっても最近は段々スラム化している)のパレードを見ました。
写真は、職場のT君が幕張のパレード現場で撮影したものです。街路灯にユニフォームが着せられていたようです。
vmember1
二番目の写真は、大活躍した渡辺俊介投手と“繋ぐ4番打者”サブロー外野手です。右側には、これもベテランの味を遺憾なく発揮した堀内野手が見えます。
夢にまで見た優勝パレード、ベイタウン内では、まわりの建物から紙吹雪が舞い、まるでテレビのニュースでよく見るメジャーリーグのパレードのようでした。
主催者発表で、千葉市中心街に7万人、ベイタウンに17万人(あながち水増しとは言えない数字)の人出がありました。
うれしくてうれしくて、私も写真を何枚も撮りましたが、それは別のホームページなどに掲載したいと思います。
marinestadium
最後の写真は、近くのホテルから撮ったマリンスタジアムです。
海からの風で、マリン初心者にはフライ上がるとなかなか取れなかったりする、独特のくせがある球場です。
今回の日本シリーズでは、霧でボールが見えなくなり、試合が終わってしまうという、前代未聞の珍事も起こしました。
今年は、マリーンズファンにとって、最良の年でしたが、まぐれだなんて言わせないように、来年もぜひ優勝争いをしてほしいと思います。黒木投手にも完全復活してもらって10勝してもらいましょう。
がんばれ千葉ロッテマリーンズ ファイトォ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*!!!☆

2005/11/19

ボビーが職場にやってきた!

bobby9
昨日は、激戦のパシフィックリーグ・プレイオフを制し、怒濤のいきおいで阪神タイガースを下し、満身創痍の状態でアジア選手権を勝ち取った“俺たちの千葉ロッテマリーンズ”監督ボビー・バレンタインさんが職場にやってきました。
実は私、職場のグループウェア掲示板などで「監督を迎えに出ましょう」というのを見たときから、絶対玄関に迎えに行くぞ、と張り切って、きのうはカメラも持参してやる気満々だったのですが・・・職場の雰囲気が行ける雰囲気でない
・・・・・・・・・・・・(ノд‐。)
bobbyd
落胆する私に、実際に玄関に出迎えに行った人から写真を送ってもらってくれたNariNari君ありがとう。
ああ、ボビーは輝いてるね・・・『スバラシイデス』。.:*・゜从n^ヮ^)η゚・*:.。.ミ ☆

2005/11/18

ツイてる!

tsuiteru
斎藤一人さんの「ツイてる!/角川書店」という本を読み始めました。
ラジオで「こいつはおもしろいよ!」と大絶賛だったので、つられて買いました。
CD付きで、斎藤さんのお話が入っているのですが、お坊さんの講話みたいな感じで、「簡単な話をします、100回聞けばわかります。!100回実践すればわかります。」という言葉で始まるのですが、このCDもおもしろい、おもしろい。

斎藤さんは、「銀座まるかん」の創業者で、高額納税者番付10年連続10位以内という方ですが、こういう人によくある傲慢さや、成金ぽいところなど微塵も感じませんでした。
話のひとつひとつが、ああなるほど・・そうだよね、そうだよねぇと乾いた土に水がしみ込むように入ってきます。

今、読み始めたところですが、とりあえず「ツイてる!」と言ってみるのは大事なようですね。
ピンチになっても「ツイてる」と言ってみると、元気が出てくる。ピンチではなく、“学ぶ”機会がやってきたということだと考える。
病気の人が常に先行きを心配して、くよくよしているとどんどん具合が悪くなり、明るくして笑っていると不思議と回復する、それと同じようなことみたいです。

それと“人の機嫌”をうかがわず、“自分の機嫌”をとるのが大事だともおっしゃっています。
機嫌の悪いヤツは1~2日の台風だと思って、過ぎ去るのをだまって見ている。そして自分が常に上機嫌であるようつとめる。上機嫌な人のまわりには、やがて上機嫌な人が集まり、みな上機嫌になって仕事もはかどる・・ということになる。

不機嫌なヤツは、常に完璧を求めているので、完璧にできないとそれを悔やみ、自分を責めるか他人を責めることになります。そうなると自分で自分を嫌いになるか、責めた人から嫌われるか、いずれかになってしまいます。
不機嫌な人の周りは、不機嫌な人が増えていく・・・。
完璧主義でものを教えられると、教えられる人間は、挑戦するのがイヤになってしまう。人が嫌がることをさせるにはものすごいエネルギーが必要となって疲れてしまう・・そしてお互いが不幸になる。

こんな話や、もっと色々な話が次から次へとでてきて、CDとともにはまりつつあります。
iPodにも入れて100回聞いてみようと思います(^o^)
とりあえず「ツイてる!」

2005/11/16

お・か・し

ラジオに藤田志穂さんという方が出演し、10代で起業したというお話を聞きました。
それを『ギャル革命』と呼び、CDを制作したり、商品プロモーションやイベント企画、切手の発行などを始めたそうです。
高校生のとき、ご本人はいわゆる“ギャル”だった・・というか今も“ギャル”のようですが、西濃運輸に就職してまったく職場で相手にされないなど、けっこう若いのに波瀾万丈な道を歩まれたようです。
どんな人か声や話で想像していたのですが、とても丁寧な話方と“気持ち”が人に伝わる“あつい”ものを感じ、たいへん好印象を持ちました。
それで、資金が集まり「ギャル社長」になったのだなと納得したのです。
ホームページの『ギャル革命』とブログの『ギャル革命日記』を見ると、外見はけっこう“きてます”が、お話はとても真摯で、私もひきこまれてしまいました。

ラジオの中でご本人が中年のおじさんに送る言葉として、自分の信条でもある『お・か・し』をあげていました。
40代も過ぎると、そろそろ自分の先が見えてきて、夢や希望をふところにしまい、惰性で日々を過ごすことになってしまうかもしれないけど、
【お】思う・・・自分のやりたいことを先ず思ってみる
【か】書く・・・思ったら、そのことを書いてみる(文章にすることによる効果は大きい)
【し】しゃべる・・・書いたことを周りの人にしゃべってみる(思いが伝わっていく)
これを実行するだけで、毎日が変わってくるかも・・・ということでした。

やってみようかな【お】【か】【し】

2005/11/13

子ども達の発表会

presentationinschool
昨日、土曜日は子どもたちの「街の探検」結果の発表会が小学校の体育館でありました。
親に招待状を渡してきたので、舞台で発表するのかとドキドキしていったら、あちこちにお店を出店するような形で、紙芝居あり、野菜に変装して八百屋さんのレポートをするグループあり、ゲームをしながら発表したり、クイズ形式だったりで、けっこう親も楽しんで来ました。

saripapaさんのところでもあったみたいですね。
私が小さい頃は、こういうのはありませんでした。あったらいっしょうけんめいやったんじゃないかな!
子どもたちが、はりきってプレゼンテーションしているのを見て、けっこう親をやっているのもいいなと思いました。

2005/11/11

来年のカレンダー

nekomekuri
帰宅途中に本屋さんに寄ったら、来年のカレンダーがたくさん並んでいました。
まだ早いかな、と思っていたら、おおっネコのカレンダーがいくつかあるではありませんか。
「ネコまる週めくり」というのを思わず買ってしまいました。
毎週異なるネコの写真と出会えるのは、ネコ好きにとってうれしいかぎりです。
どんな写真があるか、気になってパラパラとめくってみると、けっこう素人の撮った“自堕落”なネコ写真がたくさんあって愉快なものでした。
とりあえずカレンダーをめくることについては、来年が楽しみです。

2005/11/06

iPod nanoで1,000曲シャッフル!!

ほしくてほしくて、でも我慢の日々だった“iPod nano”をついに手に入れ、使ってみました。
まずは、私の生活の基本であるビートルズの全オリジナルアルバムとアルバムにはいらなかったシングル曲などを集めたパストマスターズを入れてみる・・とまだまだ余裕たっぷり。

ええいっとばかりにLetItBeNakedやベスト盤(リミックス)、さらにはアンソロジーの6枚、BBCライブ、イエローサブマリンのリミックス、内緒盤の“オールディーズ・オリジナルモノ”などを入れ、『とおりゃっ!』とシャッフルしてみると・・・!
ipodphoto
ふだんはあまり本気で聞くことのない、アンソロジー収録の未完成な曲をオリジナル完成盤と交互に聞くことができて楽しいったらありゃしない。
それに数百曲のビートルズと常に一緒なんて今までにないことなので、幸せいっぱいです。
CDやMDにすると、それなりにかさばりますからね。

あとはもう、ストーンズのライブアルバムを三つも入れてしまったり、キッスや大好きなラモーンズ、70年代のポップスや歌謡曲、ユーミンに大塚愛、坂本冬美?など、どんどん入れて、あっという間に1,000曲を軽く突破!
でも、まだまだ容量に余裕があります。
あまった部分は普通にフラッシュメモリとしてデータも保管できるし、こたえられないっス!
当分、幸せ気分かも(*^_^*)/

2005/11/03

気をつけねばならないこと

私は家に帰ってくると、よくラジオを聞くのですが、聞いていてなるほどと思ったことがあったので、ちょっと書いてみます。

マンガに出ていたお話とのことですが、豚が10匹柵の中で飼われていたとします。
で、ある日5匹ずつに分けて、真ん中にもうひとつ柵を設けてしばらく別々に生活させます。
仮に“A”と“B”というグループに分かれたとします。

一ヶ月も経ってから真ん中の柵を取り外します。

するとまた元と同じ状況になったのにもかかわらず、お互いにいがみ合います。
あいつは、Bグループから来たやつだよ、行儀が悪いと思ったらやっぱりね。とか、あいつはAグループだったから気をつけろとか・・物理的な柵が取り払われたのにずっといがみ合い、敵対し合うというお話です。

マンガの中の“豚”の話として語られているから、ふんふんと聞いていますが、これは実際の人間社会そのものです。
大きな例で言えば「戦争」になるのでしょうし、身近な事で言えば、近所付き合いから、職場での部署間の争いにも例えられると思います。
実際に自分の身の回りでも同じ部内なのに“柵の中の豚”状態で、いがみ合っているのを感じることがあります。
目指すものは同じ共同体の中にいるのに、いったい何をしているのだろうかと時々グループの上同士が争っているのを見ていて思うことがありました。
争った挙げ句に、相手の悪口を言って、部下に対し同意を求めたりされて、たいへん迷惑してます。

気をつけねばならないこと・・・肝に銘じておきたいと思います。自分もやらぬように。

2005/11/01

新月の日に願いごとを・・・

ラジオで紹介しているのを聞いたのですが、「新月のソウルメイキング/ジャン・スピラー著(徳間書店)」という本の中で『新月の日に願い事をする(10個挙げる)』と、不思議とかなうということが書いてあるとのこと。
願い事は、どう考えてもあり得ないような無理なものでなく、「自分はこうありたい」というようなものが良いのだそうです。
かなりの確立で願い事はかなうらしいですよ。紹介していた女性アナウンサーの方も、願い事はことごとくかなったとのこと。

よし、やってみよう!・・・で、新月っていつなんだろう(´Д`)?

この他にも色々興味深いことが書かれているらしいのですが、番組の中では、“コミュニケーションなど仕事や生活にズレが出てきた時に読むと良い”と紹介されていました。
今度本屋さんに行ったら、ちょっと探してみたいと思います。

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック