フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/29

また、後日

昨日も、一昨日も体調が悪いのにPCの電源を入れ、「何を書こうか」と予め決めずにただ指の動くままに、このブログを書いてしまいました。

きょうも、あまり体調が良くなかったのですが、用事で妻の実家に朝早くから出かけました。
家に帰ってからも不調が続いて、午後には立ち上がるのも辛くなってしまいました。
先ほどまで、体を横たえておりました。
なかなか不調から立ち直ることが出来ません。
もうひと辛抱しないといけないのかもしれません、手術後は辛抱の連続です。

HPの方も更新したいのですが、思うにまかせない状態なので、また来週にでも行いたいと思います。
本日は、体がつらいのでこれにて。また後日お会いしましょう。

2006/01/28

昨日は失礼いたしました

昨日は、わけのわからない戯れ言を書き綴ってしまいました。
自ら読み返し、悪い酒でも飲んでいるかの如く酷いものだと思いましたが、風邪で頭の中がぐるぐる回っていたようです。決して酩酊していたわけではありません。

まだ、風邪の具合が悪く“疑似酩酊”状態なのをよいことに、今夜も悪い虫が騒ぎ出し、床に就けばよいのにPCを起動してしまいました。

昨日『露見』の話をしていたら、どこかのホテルが建物の完成検査後に、身障者用の施設などを取り壊してロビーなどに造り替えていることが“露見”したとのこと。

毎日が“露見”ですね。

ニュースを見ていたら、責任者らしき人が「こんなことはよくあることだ」というような意味の発言をしていました。
別にいばって言うことじゃないと思いますが・・・。
きっと今までも自分のすることに反省などなく、人を脅かして肩で風を切って、のし歩いてきたのでしょう。
利益になりさえすれば、それは正しいことなのでしょうね。部下にもそう教えて無理矢理納得させてきたのだと思います。僅かばかりでも、良心のある部下達はきっと悩んでいたことでしょう。
建築したホテルを利用するお客さんの顔を思い浮かべたら、できないことだと思うのですが。

お役人にしても同じ(自戒を込めまして)。億単位の金を我がポケットマネーのように気軽に使おうとしたり、簡単に税金をかけて歳入を増やそうとしたり、『何様』なんでしょう?

給料をもらったときには、すでに多額の税金が引かれていて、家賃や光熱費、食費だ医療費だと散々使って、爪に火をともして、いくばくかのお金を残し・・ほとんど“カス”です・・それを預金しようとすると、その預金にまで課税するのですから、すごいものです。死にものぐるいで、やっとのこらさ“カス”を残したら、その“カス”に税金をかけるのです。盗人よりも怖いです。

ビールに税金がかかっているから、“ビールらしきもの”をビール会社がつくり、税金も安いから“カス”を使ってそれを買い、ささやかな幸せを感じていたら、今度はその楽しみにも税金をかけ、だったらと“ビールらしきものらしきもの”・・だんだんビールとはほど遠くなる・・を作って、これなら貧乏人でも夕べのひとときをほっとした気分で過ごせるかもと思いきや、それにもまた税金の追い打ちをかけようとする・・・・・・役人おそるべし。

税収が増えなければ、日本の未来はないというのなら、まず出て行くものを押さえるのが普通の人の、ものの考え方です。ましてや、借金を重ね続けていくのは正気の沙汰ではないでしょう。普通の家庭ならとっくのとうに破綻しています。えらそうなことばかりいって、借金を重ねている父ちゃんなんか普通見捨てられます。


すいません・・・(T_T)熱が脳みその中にまで回ってきたようです。
明日から、いつもの自分に戻ります。
また、わけのわからんことを書いてしまいました。お忘れくださいまし・・・。

2006/01/27

人はいつまで無実か?

snow3
ここ一週間風邪で苦しんでおりました。今もまだ苦しみのさなかです。
写真のように降り積もった雪道を写真の一番奥まで雪かきしたのが効いたようです。

さて、タイトルの「人はいつまで無実か?」誰が言ったのでしたか・・山本夏彦さんだったでしょうか。
人はいつまで無実か・・・
・・・『露見するまで』が答えでした。
構造計算書を偽装した人、本業が何だかわかんないのに、巨大企業に見せかけてどんどん金儲けをしてきた人、みな“露見”して、今まで持ち上げていた人達が手のひらを返すような態度を取っているのを見て、人間とはそういうものだと勉強になります、特に子どもには見逃せない好機だと思います。世間とはこういうものだということを知るには。

田中角栄が首相になったときも、今太閤だ、小学校卒の首相だ、庶民宰相だと持ち上げて、ロッキード事件が明るみに出たときに総攻撃したのは、ほかでもない、その褒めそやした同じ人たちでした。
子ども心に、これが世の中なのだな、と思いました。

新聞などいらない、ネットがあれば、ニュースは手に入るし、ネットで広まるということは、大多数の良い意見だ・・などと言って、素人の記者にニュース記事を書かせようとしたり、さらにラジオ局を手始めに、あわよくばテレビ局も手中に収め、関連する新聞も「殺す」と言っていた人は今、塀の向こうです。

新聞には、新聞の“分”があって、「取材」というものが伴い、『紙面』として世に出たものには、ネット上とは異なる価値があるとその時私は思ったものですが、あまり聞いてくれる人はいませんでした。
新聞だって私は、話半分に読んでいます。それでちょうど釣り合いが取れるのです。ネットの場合は100分の1程度に見聞きしています。そのくらいいい加減なものだと思っていてちょうど良いのです。

賄賂をもらった人間を叩くのは、自分が賄賂をもらえない立場にいるからで、賄賂をもらう立場になったら、口角泡を飛ばして不正をののしったその人が懐にさっさと収めてしまうのが世の中ではないでしょうか?
こんなおろかなことが、東大を卒業した“オツム”の良い人たちでもわからないのが世の中です。
そして、自分も偉くなったものだと、“ポッポ”に“貢ぎ物”を入れるのです。
時代劇を見て、そのようなシーンを笑って見ているのに、それを今自分がしていることに気づきもしないのです。

今、褒めそやされている人、褒めそやしている人を記憶しておくと良いと思います。
『露見』した途端にその人たちがどんな人かがはっきりわかると思います。

今回は、自戒を込めまして、書いてみました。風邪でちょっとふらついているので、お気に召さずば、お忘れくださいまし。


2006/01/22

ネコとかまくらに

snowmorning2
写真は、長女が早起きしてせっせと作った“ミニかまくら”に、我が家のネコサンドと二人で入ったところです。
サンドは寒いのにいい迷惑だったと思いますが。

ということで、今朝起きてみると、夕べも降り積もった雪で一面が雪原になっておりました。
真ん中の写真は雪が降り続けていたときの我が家です。
雪国みたいです。
snow14
最後の写真は、我が家の二階から見た、裏の畑の状態です。
まあ、よく積もったものです。

私も長女がかまくらを作っている間に、我が家までの通りからの道約100メートルほどを、雪かきしました。
おかげで、午後には雪かきをした道については、完全に雪が溶けてクルマも出られそうです。
たいへんでした。
snowmorning1

2006/01/21

今朝から雪が降り続いて・・

snow1
ymamaさんへのコメントでも書きましたが、千葉は今朝から雪が降り続いています。
長女は大喜びで、自分で「オトナには迷惑だろうけど、子どもにはこれが一番!!」と、外に飛び出しました。
早速写真のように雪だるまづくりにとりかかりました。
snow5
ネコの“サンド”は、それを暖かい部屋からじいっと見つめています。
あの白いものはなんだろう?とでも思っているのでしょうか。
長女の方は、せっせと雪をのせています。
snow6
そして、できたのが、このちょっとなさけない感じの雪だるまです。
ちょっとの味のある、ペーソスさえも感じさせる出来栄えです。
外に出て歩いてみましたが、まだまだどんどん積もりそうです。
この続きはまた・・・。

2006/01/16

ヒーター死守

sandheater
写真は、うちのネコ“サンド”。
今までは、ヒーターの吹き出し口の前に寝そべって、ベストポジションを死守していたのですが(朝は、長女といちばん前のみにくい奪い合い(^^;))、ここ数日はヒーターの上に乗っかって、「自分のもの~!!」と主張しています。
降ろそうとすると、とっても怒ります。
そして、場所を完全に確保すると、写真のように眠り始めます。
スイッチを押してしまうので、チャイルドロックをするようになりましたが、ネコはいつもマイペースですね(^^)

2006/01/15

芝山仁王尊に行ってきました

shibayama1
きょうは、妻、長女、妻の妹と一緒に千葉県の芝山仁王尊にお参りに行ってきました。
金曜日に病院に行って、心臓の方は良くなったとは言われたのですが、暮れからの体調不良が治らないままなのです。手術で受けた体のダメージはかなりのものだったようです・・。

そんなわけで、天気も良くポカポカ陽気の本日、お参りでもして気分転換をはかろうと出かけたのです。
ここは、1200年以上も前に開山された寺で、成田山と並ぶものだそうです。
お参りして、お札をもらって、みんなでおみくじを引くことにしました。
shibayama2
長女は、大吉を引いて大喜び、妻と義妹は吉、私も吉だったのですが・・。
私の引いたものは、最初のうちは「ぐわんもう叶ふべし」などと調子が良かったのですが、途中から「先祖の弔いごとを怠ることにより、起こる死霊が立願を果たせないように支障を起こす」というようなことが書かれているのです。
shibayama3

霜雪の上を往くような冷たい目に遇い、雨に遇うように濡れそぼつ目に遇う、そして病にかかる。
悪しき夢を見、不眠となることが多くなる、・・・そして程なく治す。とあって最後に救いがあるのですが、とても「吉」のおみくじとは思えないものでした。こんなおみくじ初めて見た・・というようなものなのです。他の三人は、よくあるおみくじの内容でした。

体調の異常なほどの不良な状態や、悪夢を見たり、不眠に襲われたり、言うことのできない恐怖に襲われ、寝室の照明が消せない状態になったりしている現在がまるであたっているような気がして、ちょっと気が重くなりましたが、「程なく治す」を信じて堪え忍びたいと思います。
そして、さっそくですが、明日は、ご先祖様に線香をあげようと思います。

軽い気持ちで引いてしまったおみくじですが、少し驚いてしまった今日のお話しでした。

2006/01/08

我が家の“かるた”できあがり

kaita11
妻が、市販の「ことわざかるた」を買ってきました。

それを家族でやっているうちに、私がかってに、我が家のネコ“サンド”にちなんだ読み札を空想で作って呼んでみると、家族は、ばかうけ!!

「よし、サンドのかるたを作ろう」ということで、まずはみんなで、読み札を作りました。
「それ、いけてる」「全然、おもしろくない」などと、わいわいやっているうちに、中二の長男が加わってきて、最近はみなで遊んだりすることが無くなり始めていたのに、大笑いしながら次々とカードを作りました。kalta12
読み札ができあがると、長男と長女で爆笑の“取り札”を作り始めました。
写真は、その一部です。

我が家でしか“うけ”ない、かるたですが、すばらしいものになりました。
そして、みんなで何度もそのかるた取りをしました。

なんて楽しいんだろう。こんなに家族でいて素敵な時間はないな・・と思いました。
あまりうれしくて、終わった後も、何度も家族自作のかるたをずっと見返してしまいました。sleep
そして、最後の写真は、自分の“ネタ”で50音のかるたを作られたとも知らずに惰眠をむさぼる、我が家のネコ、サンドです。

2006/01/03

近所の神社に初詣

hachiman4
昨日は、歩いて行けるほど近い、近所の神社に初詣に行きました。
来年は、私が年番でここを仕切ることになります。生まれて初めてのことですが、いい経験だと思ってやってみようかと思います。私が学生時代までは、大晦日から新年にかけてここに来る人なんてまばらもいいところでしたが、近年は周りに住宅地がたくさんできたこともあって大行列になります。
そこで、甘酒や日本酒、みかんなどをふるまったり、お守りやお札、破魔矢なども売ります。
全て地元の人たちで行うことになっています。来年はたいへんそう。
hachiman2
本堂のほかに、いくつも社のようなものがあり、八幡神社、子安神社、三峯神社、稲荷神社、弁財天、etc.があって一か所で色々な神様にお願いできるようになっていますが、私の勉強不足で、どのようないわれなのかはわかりません<(_ _)>
体調が絶不調ということもあって冷たい雨は体にこたえました。
今年一年無事に過ごせますようお祈りしてきました。
いい一年になるといいなぁ。

2006/01/01

新年から景気のわるい話ですが・・・

新年になりました。
年末から、いまいち体調がすぐれず、このブログやホームページの更新も控えていました。
今も体をゆっくりと休めているところです。

昨年は、自分が仕事をすることになってから、今までで最低の年でした。
自己採点は「0点」です。
体を悪くして手術をしたこともありましたが、これほどひどい仕事っぷりは過去最低でした。
自分でもいやになるほどでしたが、体を休めながら新年の自分について良いイメージを持てるように頭の中でトレーニングしているところです。

どんなに苦しいときでも、最終的には“火中の栗を拾う”ことになっても飛び込んでいった、あの気持ちがでてこないのが情けないと、暮れから反省しきりでした。
そもそも仕事の上で“泣ける”ことができないっていうか、やり遂げたことの喜びで“泣け”たり、もっとがんばれるはずだと“泣け”たりすることが・・無かった。・・・今までの職場ではそんな感動が毎日のようにやってきたのに。
ここ1年と9か月は“生ける屍”といってもよい状況でした。

新年にあたり、もう一度スイッチを切り替えて、取り組もうとイメージトレーニングしています。
新年度までの3か月で何ができるか、何をするかは難しいものがありますが、自分らしいものを少しでも出せればと思い、瞑想中です。

年頭に当たり、あまり景気のよい話ではありませんが、決意表明のようなものをしてみました。
みなさまにとっても、良い年になりますように(*^_^*)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック