フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/30

バンド活動ゆっくりと始動

Bandact
昨日、土曜日にほんとに久しぶりのバンド練習をしました。
きっかけは、この3月まで市の経済部にいた先輩が、空き店舗対策として地元大学生が企画し、補助金を受けて経営しているアトリエ兼多目的スペースのような場所を活用してバンド活動を再開しようと提案してきたことでした。

で、練習が軌道にのって人前でできるようになったら、この場所でライブイベントを開き、地元のひとたちを集めて、幾ばくかの入場料収入をこの店に回せるようにしたいという発想です。

さらには、この夏に飛騨高山でコンサートを行うという(ホントかいな?)、遠大な計画までぶちあげている先輩なのでした。
ただ、この先輩、実際にやるといったら無理矢理やることがあるので、油断なりません。
クリスマスイブにクリスマス・ツリーのイルミネーション輝く千葉ポートタワー前で屋外コンサートをやるという、誰も本気にしていなかったことをほんとにやらかしたこともありました。結局段取り他ほとんど私がやらされる羽目になり(いつも(T_T)・・・)、大変苦労したことがありました。
今回もひょっとしたら、ひょっとしてしまうかと心配しております。

結局、今日の練習は、私も電子ドラムを今回から導入(これも先輩に無理矢理買わされ・・・)したため、あまりうまくいきませんでしたが、どうにかこうにか終了しました。
さて、これからどうなりますやら┐(´д`)┌

2006/04/24

知らなかった・・ノラ・ジョーンズが

Study
この土日も体をなるべく休めていましたが、日曜日の午後は町内会の集まりで(近年マンモス町内会になり、大変)出かけました。
天候がはっきりしない一日でした。
Norahjones
で、家でラジオを聞いていたら、「ノラ・ジョーンズ」の特集をやっていて、驚いたことがありました。
それまで、不思議な魅力あるボーカルだな、と思っていて、特にCDを買うでもなく、ラジオやUSEN放送で聞いていただけだったのですが、ジョーンズはあの「ラヴィ・シャンカール」の娘なんだそうですね。
「ラヴィ・シャンカール」と言えば、インド音楽の大家、ビートルズのジョージ・ハリスンと一緒に『バングラデシュ難民救済コンサート』をマジソン・スクエア・ガーデンで開いた世界の超有名人。
いやぁ、知りませんでした。それを聞くとますますボーカルの不思議な魅力にさらに濃厚度が増しました。

番組では、聞き覚えのある曲がたくさんかかりましたが、どれもこれも、あの力を抜いたような、それでいて力強いような魅力に圧倒されました。さらに、レイ・チャールズほか色々な人とのコラボレートも聞きましたが、どれも相手を完全に食ってしまうほどの存在感でした。
すっかり現在の音楽状況に対して“世捨て人”状態の私も、「最近の音楽にも耳を傾けなければ」とあらためて思いました。
番組を録音して聞き直していますが、ノラ・ジョーンズ、ほんとにいいです。

2006/04/15

庭や近所を散策

Garden1
写真は、我が家の庭です。
おとといは、歓送迎会でお酒を飲んだのですが、やはり体調が悪くなってしまいました。
昨日は、病院で検査を受けました。
詳しい結果は、次回ということになりましたが、どうにもこうにも我慢我慢の日々です。
Garden2
きょうは、庭を歩き回ったあと、調子が少し良くなってきたので、近所を散歩して、そのまま1キロほど離れた神社まで足を伸ばしました。
その神社では、昔は春と秋にお祭りがあったのですが、今は無くなってしまったため、町内会が擬似的に縁日風に色々なお店を出して子供たちに気分を味わってもらうような企画を行っていました。
長女も小学校の友達と来ていました。
境内を走り回っていて、人間、元気なことが何よりだとほんとに思いました。
Garden3
職場に一旦出てしまえば、そのまま気持ちが入ってきてなんとかもつのですが、まだまだ、家に帰るとがっくり来てしまいます。予定では、4月の今頃はすっかり元気になっているはずだったのですが、もうひとつ我慢が必要なようです。

2006/04/09

ひたすら体を休ませておりました

昨日は、仕事で一日中パソコンに向かっての作業を行っていたのですが、きょうは体が板のようになってしまい、完全休暇日となりました。
とにかく明日仕事に行かねばなりませんので、復活のため、なるべく体を横たえて、音楽などを聞きながらゆっくりとしていました。
最近、有線放送をCSに変えて(というか、USENが無理矢理変えた)、色々な音楽や音を楽しめるようになったので、それを聞いて過ごしました。
外はけっこう風がふいていましたが、お日様が常にでていたので暖かに過ごせました。窓から庭の花などをぼうっと眺めているのもたまにはいいものです。
夜になり、体も動くようになってきました。
明日から、仕事も家庭も動き出します。がんばらなくては。

2006/04/06

人が変われば

職場の人間模様がだいぶ変わりました。
久しぶりの感覚として、私の話を聞いてくれる上の人が存在するという状態を体験しました。
2年ぶりの感覚です。

そして、普通に話ができるというのが、なんとありがたいことか、と感じているところです。
席にいるだけで、常に批判の目で監視されているという恐怖からも解放されました。

今までは、何を言い出そうとしても私の考えや、行動、私自身への全否定から入り、私がいかに駄目かを力説されて、そのまま落ちていく・・という日々でした。
今度はそうではなさそうです。

これからも、日々つらいことなどはあるでしょうが、この2年間よりは仕事に対しても、生きていくことに対しても積極的に動けるのではないか、と思っているところです。
あとは、体が思うように動けばよいのですが、もうひとふんばりというところです。

2006/04/02

なつかしい落書き

Rakugaki1
昨日、今日と家の模様替えをして、長男の部屋を作りました。今までは、私と共同で使ったりしていたのですが、本人からの要望もあり、家族みんなで片付けを始めたというわけです。
 写真は、片付けている最中に色々なものを詰めた段ボール箱に長男・長女が小さい頃書いた落書きが見つかりました。
なんだかわけがわかりませんが、サングラスをかけた雪だるまや、拾ってきたネコの“サンド”の絵、長男が描いた長女の絵などです。
 なつかしくて、しばらく見ていましたが、長男は何だかいやがっていました(^_^;)
 パソコンや勉強机は、今までどおり私と共有する書斎に置くことにして、新しく空けた部屋は、ベッドや本、テーブルなどを入れて、カーテンも新調して、くつろげる部屋にしました。
Rakugaki2
 色々動かしたので、ほこりっぽいニオイが立ちこめると、長男は、5年も前になるでしょうか、旅の途中で買い求めた、火を灯すとジェリーが溶けて、いいニオイがするハーブ・キャンドルのようなものがあったのを思い出して、しばらくいいニオイを嗅ぎながらリラックスしていました。Jerry1
 私も、あること自体忘れていたのですが、いいものを思い出したものです。
 しばらく、家の二階には甘い、いい香りがただよっていました。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック