フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/30

斎藤由香さんの本・・読みました

本屋さんで目に入り、そして手に取り、買いました、さらに一気に読みました。
おもしろかったぁ(^^)
Madogiwa_ol_pics
タイトルは『窓際OL トホホな朝 ウフフの夜』です。
斎藤さんは、斎藤茂吉の孫であり、北杜夫の娘さんです。
サントリーに就職し、健康だけが取り得で広報部から健康食品部に異動となってからのお話しが、主な内容です。
特技なし、語学力ゼロと自ら言い切る本人が、精力剤の販売担当となり、とても女性が普通口にできないような言葉を連発し、さらに会社の上司などもバッサバッサと切り捨て、おまけに、作家の先生の内緒な内輪話のようなことまで、怒濤のように書きまくります。

最初に連載をすることになり、相談を受けた同じ作家の娘という境遇の阿川佐和子さんが「考え過ぎずに、思ったことをありのまま、素直な気持ちで書けば・・」とアドバイス・・・。
しかし、阿川さんが後書きのようなところで「由香ちゃんの爆発」という一文を寄せており、「胸が痛くなる、ここまで自由に奔放にお書きになるとは・・自由すぎるぞ!」と(^^)あきれていました。
それほど自由奔放で面白いものでした。ま、普通の会社でこれだけ上司や会社のことをありのまま書いたら、良くて降格、悪くすりゃ“クビ”ですね。

で、本文中にその阿川佐和子さんと北杜夫さんの対談部分があるのですが、阿川さんが「うつ病の方にお元気そうですねと申し上げるといけないんでしたよね。・・なんかもう死相が出てらっしゃる、とか言うとお元気になられるそうですから。ますます死相を出されて。」とやる部分も爆笑。それに応えて北さんが「いやいや、もうこれでご臨終です(嬉しそう)」とやり返す部分が傑作でした。

終盤は、突然文体が変わり、一家の思い出を語りだす部分があるのですが、そこはしんみりするほどのいい文章です。盛りだくさんの面白本でした。

2006/11/27

正直度を上げて・・映画を見ました

The_devil_wears_prada
今やっている映画「プラダを着た悪魔」を見ました。
ヴォーグ誌の女性編集長のアシスタントをしていた方が作者なんだそうです。
作者の実体験を生かしたと思われるお話しは、同世代の女性たちの間で評判を呼んで、ニューヨーク・タイムズ誌のベストセラー・リストに6カ月間ランク・インしたとのこと。

で、女性向けのお話しで、男には面白くないのかな・・と思って見に行ったのですが、・・・面白かったです。
けっこう、女性だけでなく、社会での厳しい経験を味わったときの感覚を、ユーモアも交えつつ、ストーリーもどきどきさせつつ、ちょっとスリリングで、しかも娯楽作品に仕上げていて、こりゃほんとに楽しめました。
The_devil_wears_prada2
悪魔のような上司のメリル・ストリープ、最初はさえないけど、だんだんキュートで生き生きした女性に変身し、次から次へと変わる衣装がさらにかっこよい、アン・ハサウェイ、二人の演技は素晴らしいと感じました。
音楽の選曲もいいです・・って、褒めすぎかな?

でも、面白いと思ったことは、正直に言うことにしました。今まで、ブログに書くときには、やや自分を良く見せようとして、かっこつけていたのではないかと反省したのです。
先日も邦画「デスノート」を面白いと発言して、職場の部下から“ひんしゅく”を買いましたが、でも面白いものは面白かったんだもの仕方ないじゃん!!

ここに宣言いたします!いままで自分を良く見せようとかっこつけていたことを認め、今までの正直度が70%だとしたら、85%までレートを上げたいと思います。
残り15%は、やはり人として生きていく上で必要な部分かと思いますので、保留しておきます(^_^)

2006/11/26

学生時代の念願が・・!!

秋も終わり、ラジオのプロ野球中継も終わり、深夜枠から日曜日の午後7時半~9時代に変更された音楽番組がありました。
「ラジオ日本」の「ビートルズ10」という番組です。
私のようなビートルズファンにはこたえられない、ビートルズの曲だけで、リクエストを取り、毎週ベストテンを作る番組です。

しかも、司会の“かんけ”さんという方も、その他の人も、ものすごいビートルズマニアの番組で、特集を組めば、もう私も知らないことばかり。楽しい番組です。
で、ホームページのビートルズコーナーを更新していて、映画ハード・デイズ・ナイトの「恋する二人」を聞きながら、これをリクエストしようと思い立ちました。
Harddaysnight
この曲は、番組中では、20位にも入っていなくて、チャートインは望み薄でしたが、でもいい曲をリクエストしようと思い、一票を投じました。

で、今日番組を聞いていたら、一位のコールのあとに、この曲が!!!
そして、私のラジオネームが読み上げられ、私が書いた映画の中での貨物室での演奏シーンのことに「ああ、いいねぇ、あれねぇ」とかシーンの片隅にいた、のちのジョージの奥さんのことなどに相づちを楽しそうに打ってくれました。

これって学生時代に一番あこがれたことです。深夜放送世代にとって、大好きなDJに自分のリクエストを読まれ、色々言ってもらえる・・学生時代にタイム・リープしたようでした。
うれしかったァ!!ヽ(゚∀゚)ノ


2006/11/23

ネコが寒がっています

きょうは、神社年番の説明会資料を作成しておりました。
町内会の組員に対する説明用資料はできたのですが、これからの買い物リストがまだ出来上がっておりません。
今度の休みにまた続きをやりたいと思っています。
Sand_on_top
で、ひとり、部屋でシコシコと資料を作っていると、ネコの“サンド”がやってきて、「寒い」と鳴きます。
なので、ヒーターのスイッチを入れると、足が冷たいのか、上にのぼって部屋が暖まるのを待っている様子。
ネコにはつらい季節がやってきましたね。暖かい部屋を探してたいへんです。

きょうは、一日私のあとを追いかけてきては、「ふにゃあ~ん」と、うったえかけて来ました。
お腹が減ったり、寒かったり、ネコは自分のことだけ考えているので、注文が多いです(^^;)


2006/11/22

LOVE

ビートルズの新譜?が出ました。マッシュアップ(合体再構築・リミックス)というのだそうです。
事前にAMラジオで発売前に解禁されていた4曲を聞き、その時点では、「これは面白い!他の曲も楽しみ」と待ちに待ち、20日の発売日には即購入しました。亡くなったジョージ・ハリスンがシルク・ド・ソレイユと親しくしていて、シルク・ド・・・の公演用に作られたものらしいのです。
Beatles_love_pics
リミックスというとアナログからCDにする際の音質や定位など、CDとして聞きやすくするためのものが第一段階、第二段階は「イエローサブマリン・ソングトラック」のように、ミックスダウン前の音源まで遡り、同じ曲でも、再度リフレッシュして構築していくようなもの、第三段階は、「レットイットビー・ネイキッド」のように再構築する際に、オリジナル音源以外に別テイクから音源も持ってきて再度一曲を組み上げるものがあります。

これは、さらに“第四段階”、まったく別の曲を合体させてひとつの曲を作っていく、しかもオリジナル音源だけでなく、アウトテイクまで漁ってです。

驚くような素晴らしい仕上がりの曲や、初めて聞くテイクが合体されていたり、意外な曲同士がいくつも重ね合わされ、合体されていて、これもひとつのビートルズの今後の形なのかもしれません。
ジョージのホワイル・マイギター・ジェントリー・ウィープスのデモにジョージ・マーチンが弦楽器を加えて、あたかもポールのイエスタデイのようなつくりに仕上げたものは、ちょっとあざといアレンジがあるものの、涙ものでした。
リンゴのオクトパスズ・ガーデンがグッド・ナイトのオーケストレイションと合体されたものも、驚き、ドラム演奏もすごいミックスダウンで驚きました。

ただ、全体をひととおり聞いてみて、心に残ったのは自分でも驚いたのですが、『寂寥感』でした。
期待に胸をふくらませ、事前に聞いた解禁曲に、わくわくしていたのにです。
ビートルズがまるで夢うつつの中で幻灯のように見えてきて、すごく遠い存在になったような気がしたのです。
不思議ですが、三回聞いてみた印象は今のところそんな感じです。
これから、何度も聞いて、また変わってくるのかもしれませんが・・・。
とりあえず、ファンとしては、まず感想を書いてみなくては、ということで、思ったままに載せました。

2006/11/19

年末年始に向けて神社年番再始動

しばらくの間、ほっとした状態だったのですが、初詣に向けて、神社年番の仕事再始動いたしました。
また、心臓が少しドキドキし始めました。
Hatsumoude2
昨日は、大晦日から三が日にかけて焚く、かがり火というか、焚き火用の薪をいただける方の山林まで現地確認に行きました。
けっこう大量に取っておいてもらって助かりました。でも、これを神社まで運搬しなくてはならず、今日はトラックを貸していただける農家の方にお願いをしました。

そして、今日の午後は前任者から初詣のレクチャーを受けました。
けっこう細かいことまで色々教わり参考になりましたが、これを口頭で伝承していくのは、やはり問題だと思いました。今、作成中のマニュアルが“初詣バージョン”も加わると、かなり良いものになる気がしてきました。
とにかく、がんばらなくちゃね(^^)

これから、12月30日から1月4日までの組の方達のローテーションを組んで、再来週の会議にそなえます。
説明会をまず乗り越えようと思います。

2006/11/18

こっちでも早めのクリスマス

Santa_display
以前ハロウィーンのディスプレイが出ていたときに、このブログで紹介したご近所の美容室&カフェバーに、今度はクリスマスのディスプレイが!

今回は、等身大もある大きなサンタクロースと星条旗です。
この片田舎の田舎道を歩いていると、突然出現するので、驚きます。
ここだけ別世界なのです。

子供たちからのクリスマスプレゼントのリクエストはまだ届いていませんが、今年も厳しいものが要求されるのでしょうか?(^_^)
下の子は、まだサンタさんがやってくるものと思っています・・・(>_<)いやいやサンタはいるんですよ。
お父さんの心の中にいるのです。それがまさにサンタクロースです。その気持ちこそがサンタクロースなんですよね。

2006/11/15

もう、クリスマス気分?!

Light_up1
私が通勤で使っている駅では、もうクリスマスのライトアップが始まっています。
一年なんて早いものです。
去年のライトアップから、そんなに時間が経っているなんて・・・。
Light_up2
天井が星のごとく青く光っているのは改札を出たショッピングセンターです。
夕方、帰宅するときには、たいへん見事な美しさで輝きを放っています。
Light_up3
クリスマスツリーは、改札を出て、映画館とホテルが同居している部分の入り口付近に立っているものです。
看板に、「この木は、生きています。ディスプレイが終了すると、また元の場所に帰ります」というようなことが書かれていました。
Light_up4
最後は、駅前ロータリーの樹木につけられたディスプレイです。
スクランブル交差点は、この灯りで、けっこう幻想的な感じになっています。
これから、ますます寒くなって、クリスマスって雰囲気が高まりますね。

2006/11/14

脳内 i Pod

私の i Pod は、現在長男が使っています。
ほしくて、ほしくてたまらなそうだったので、あげてしまったのです。
ビートルズ全曲と、その他みつくろった曲の数々で1,000曲以上も入れて使っていたのですが、今や長男は、私の知らない曲ばかり入れて聞いています。
Ipod_nano_pics
最初は、あげるのなんてとんでもないと思っていたのですが、実際 i Pod を使って、ほとんどビートルズの曲ばかり聞いているうちに、i Pod で聞かなくても、自分の頭の中で曲が鳴っているのに気付いたのです。

電車に乗って聞いていると、けっこう走行音などで、良く聞こえなかったりするのですが、その間も頭の中で勝手に演奏は続いているので、騒音が消えると、その続きは、頭の中から i Pod に引き継がれるわけです。
そのうち、 i Pod をかけているつもりで、頭の中で演奏を流していること、しょっちゅう・・ということになってしまいました。すっかりアルバムを聞き終えたつもりになっていて気がつくと、イヤフォンは耳に入っていても、プレイボタンは押していないまま目的地に着いていることが多々ありました。

特に中学時代に買ったアルバムについては、毎日すり切れるほど聞いていたので、演奏曲は、アルバムの収録順に、隅から隅まで頭に入っているので、いつでも頭の中で演奏が蘇るようになっています。
ですので、まあいいか、 i Pod を渡しても、さほど困らないな・・ということで長男に譲ったのです。

ただ、自分のホームページ、「オトナの研究室/ビートルズレポート」のコーナーを書くときには、一応、プレイヤーで再生して2~3度聞いてから書いてます。しかも、 BOSE と JBL にスピーカーを替えて聞き比べながら。
で、あらたな発見も実際にあります。ビートルズは深いです。

2006/11/13

札幌グルメ?フーズ

J_caram
札幌出張のお土産にいただいたのが、写真のジンギスカン・キャラメルです。
タイトルのとおり、パッケージには、「札幌グルメフーズ」と書かれています。

テレビのニュース番組や、雑誌でも見たのですが、今、これがお土産として“バカ売れ”しているとのこと。
ただし、おいしいから・・というよりも“話題性”優先でのことだそうです。
というわけで、チャレンジ・ドリンカーならぬ、チャレンジ・イーターとなりました、私。

見た目は、普通のキャラメルなんですよ・・(^_^;)
でも、ひとくち、口にほおばると・・(T_T)
これは、なんとしよう!!とてもキャラメルとは思えない味が口中に広がります。
たしかに、肉風な味付けです。でも、これって、これって・・・ぐぎゃあ~っ!
完全にチャレンジ・イーターです。これを一粒完食するのも難しいことだと思います。

話題作りには、もってこいだと思いますが、ヘタをするとうらまれるかもしれません:-)
ぜひ、こいつをいただく機会がありましたら、即座にお口に放り込んでください。
アナザー・ワールドがあなたを待ちかまえています。

2006/11/08

玄関に捨て猫?

本日、帰宅して玄関に入ると・・。
青い“生協”のボックスにうごめくものが!
「ぎょっ」としてよく見ると・・ウチのきかん坊ネコ“サンド”でした。
Sand_in_box
サンドは、袋や箱を見つけるとすぐに入り込みます。
ネコ共通の習性でしょうか?

ちょっと箱の縁に手をかけたら、爪を立てて、「やめろっ」と手を出してきました。
いい気分で遊んでいたようです。
上から別の箱でフタをしてみたのですが、全く動じません。
かえって、まったりしてしまった様子。
取っ手の穴から外をのぞいていました。

あわててカメラで撮ったので、早速アップしてみました(^o^)

2006/11/05

あなたの奥さんが求めていること

この間、職場で話していたのですが、奥さん・妻というのは、よく夫に相談をもちかけます。
そのとき私が話していた相手は、結婚後まだ数年の男性ですが、だらだらと奥さんが話しているのを聞いていると、思わず「で、何がいいたいの?」とか「結論を先に言ってよ」などと言ってしまうのです。

そのときにも言ったのですが、これは一番やってはいけないことですよね。お父さん達!
私も若いときは、先に書いたような対応を思わずしてしまったものです。
色々、くよくよ悩み事を言っているのなら、早く解決方法を見つけ出して、対応した方が良い、などと思ってしまうのが男の浅はかなところです。

奥様にとっては、そんな解決策ではなくて、“夫が自分の言うことをちゃんと聞いてくれる人かどうか”というのが一番の問題なんだろうと、今現在の私は考えます。
それでいいんですよね(^_^;)・・・と、ちょっと弱気になったりする。

それから、よくデパートなどで見かけるのが、売り場の隅などのベンチで所在なげにしているおとうさん!
妻は、朝から「きょうは○○を買いにいくわ」などとはりきっていました。
で、ついてくると、さっき別の店でさんざん時間をかけて見ていたので、お買い上げかと思うと、次の店へ。
ここで買うのかと思っているとなかなか決まらない、そして隅っこのベンチで力尽きてお待ち申し上げているのです。
さらに、ここではまだ終わりません。さっき見てきた店に、妻は、また戻ると言い出します。
いいんです!それでいいんです。
妻は、色々な店で、色々なものを吟味したというプロセスを大事にしたいのです。
男は、買うといったら一直線、あらかじめ目をつけておいた店に到着すると、即座に購入!
とんぼ返りで帰宅し、購入した“ブツ”の包装をバリバリと破り、早速設置したりセットアップしたりして使い始めます。

男は、“Buy”で女は、“Shopping !”だなんて誰かが言っていましたが、そうなんです。
そこいらへんをちゃんと男はわきまえていないと、夫婦の間に亀裂が入ります。
小さな亀裂は、段々と気付かぬ間に大きくなっていきますのでご注意を!
と言いつつ、自らも今一度気をひきしめておきたいと思います(^_^;)

きょうは、こんな夫婦のお話でした。

2006/11/03

ケイタイ二刀流

職場で同じ班の一人の“ケイタイ”が、最近バッテリーの消耗が激しく、一日に何回も充電しているのをよく見かけました。
それを見かねた一人が、FOMAの使っていないのを一台「これを使えよ」と、ぽんっとプレゼントしました。

私、知らなかったのですが、裏側を外して、ロムのようなものを取り外し、それを付け替えれば、すぐに新しいFOMAに乗り換えることができるのですね。
Mobiletel
で、ケイタイをもらった彼は、大喜び!
でも、アドレス帳のデータを移行するのにソフトを使ったりしていたのですが、難儀して時間がかかっていたようです。

このあいだ、その彼を含めた職場の数人で、食事に出かけました。
と、彼の新FOMAが鳴り出しました。
で、新ケイタイを取り出したまでは良かったのですが・・・。

もう一台、ロムを取り外した旧ケイタイも別のポケットから取り出しました。
両方ともパカッと開くと、見比べています。
「何してんの?」と、みんな・・・。

「いやあ、アドレス移転してないので、誰からかかってきたかわかんないんですよ。だから、旧のケイタイに電源入れて、心当たりを検索してるんです!」
・・・一同「どひゃひゃひゃΣ(^∀^;)っと笑い転げました」
普段は、“ネットの鬼”、“ITの悪魔”、“ワード&エクセル・マスター”、等々色々な見方をされている彼も、ケイタイには全く疎かったようです。

二つのケイタイを見比べている“様”は、いとおしくさえありました。
ごくろうさん(^_-)でした。
週末にやっとデータ移行は完了した模様です。よかったね。


« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック