フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« あと一回だけこの話 | トップページ | F-1 ライコネンとマッサすごいっ! »

2007/09/28

9月28日は、マイルスの・・・

Miles_davis
1991年9月28日に、ジャズのトランペット奏者で、歴史上の人物と言ってもよい、『マイルス・デイビス』が亡くなりました。当時65歳だったそうです。
編曲重視の“クール・ジャズ”、即興演奏の“モード奏法”の開拓、60年代後半には、“電化されたサウンド”を求め、ロックに接近していきました。

ジャズのアルバムというと、自作曲にスタンダード的な曲を混じえて、変わり映えのないものがどんどん録音されていく割りには、何か進歩を感じないものが多いのですが、マイルスは、どのアルバムからも進化と音楽的に突き詰められた、ギリギリのところでの緊張感溢れる演奏を聞くことができました。

ビートルズは、わずか13枚のオリジナル・アルバムで世界を変えてしまったわけですが、ジャズにはそんなアーティストがほとんどいません。でも、マイルスは別・・・。
次から次へとリスナーの期待に応え、あるいは良い意味で裏切り、新しく、先進的な作品を残していきました。

アドリブを聞いていても、まるで何ヶ月もかけて、練りに練ったようなフレーズを、名人が碁盤に石を置くように吹いていました。まさに奇跡が目の前で起こっているような感じでした。
今でも、CDショップに行けば、マイルスの数多くの名盤を手に入れることができます。

ジャズに少しでも興味があり、一度聞いてみようか・・などとお思いの方がいらしたら、ぜひ「マイルス・デイビス」のアルバムを聞いてみてください。
どの時代のものも、すばらしいものです。
超名盤「カインド・オブ・ブルー」、聞きやすい「リラクシン」、オーケストラとのコラボレーション「スケッチ・オブ・スペイン」、ポリリズムの「ビッチェズ・ブリュー」、ジャズ初の映画サウンドトラック「死刑台のエレベーター」などなど・・・。どれもあなたを無限の音楽世界にいざなってくれます。

マイルスの魂に、合掌・・・。

« あと一回だけこの話 | トップページ | F-1 ライコネンとマッサすごいっ! »

Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月28日は、マイルスの・・・:

« あと一回だけこの話 | トップページ | F-1 ライコネンとマッサすごいっ! »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック