フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« スキー板で囲まれた・・・ | トップページ | 映画による経験がその後の“恋愛観”を決めるらしい »

2007/10/07

義父の七回忌と子猫

きょうは、義父の七回忌で、妻の実家に家族で行きました。
長男も久しぶりに部活を休んで出かけました。

63歳という若さで病気のため逝ってしまった義父は、亡くなった頃によく私の目の前に現れました。
あまり言っても信じてもらえないと思いますが、当時は、妻の実家の庭で何度も見かけ、そのときに着ていた服を義母に絵を描いて説明すると、タンスの中に確かにその服や、ズボン、帽子が存在していました。
もちろん、義父が着ているところなど見たことのなかったものだったのです。

最後に義父を見たのは、残業で遅くなり、駅に到着、自分のクルマに乗り込み、エンジンをかけようとすると、後部座席に座っていたのでした。・・・心臓が止まりそうになりました。前日、妻とこれまでにない大喧嘩をした後でした。あきらかに、「よろしくたのむ」と言われました。ハンドルを握っていた手がぶるぶると震えました。

・・・で、それからはめっきり見かけなくなってしまいました。
きょうは、墓に行き、お坊さんに読経してもらうときに、皆が感じたのですが、白い蝶があらわれ、墓石の中央の上部突端から英語の「Z」を何度も描くように、ひらひらと羽ばたかずに、それこそ何度も降下し、皆がそれに気付くと、読経が始まりました。
読経中は、うしろに生けてあるのピンクの花の上を舞い、最後には花にとまっていました。
読経が終わると、すっといなくなってしまいました。
お坊さんも「蝶になって来ていたかもしれませんね」と最後におっしゃいました。
皆もそう感じていたようです。

義父はネコが大好きでした。常時2匹以上のネコを飼っていました。
うちのネコを長男が拾ってきたときも、私が「飼わない」と言っていたのを聞いて、自分が飼うと言っていたようです。
Cat_quri1
で、きょう実家に行くと、新人?ニャンコが増えていました(^^)
赤ちゃんで、近所に捨てられていたのを飼うことにしたとのこと。
うちの妻に「これ以上飼っちゃだめだよ」と日頃言われていたので、叱られると思い、我が家には黙っていたようです(^^;)
Cat_quri2
新入りニャンコはそんなこと知ってか知らずか、元気過ぎるくらい元気に遊んでいました。
義父も喜んでいるのかもしれません。

七回忌のお話しと新人ニャンコのお話しでした。

で、実は実家の仏壇前でお坊さんが読経しているときも、お墓で読経しているときも、私には久しぶりに義父が見えました。非常に柔和な顔をしていました。あまりそんな発言をすると、妻や向こうの家族が泣き出すので、言いませんでしたが・・・。

« スキー板で囲まれた・・・ | トップページ | 映画による経験がその後の“恋愛観”を決めるらしい »

ペット」カテゴリの記事

不思議&恐怖体験」カテゴリの記事

コメント

新人にゃんことてもかわいらしいですね^^
お義父さまは、やさしい方だったのですね。はっPさん、姿が見えるなんて、やはりはっPさんも信頼されて、好かれていたのでしょうね。
あちらで、安心して見守っていてくれるのですね。

みいさん、こんばんは!
新人ニャンコは、長女と庭をかけまわって遊んでいました。
長女も久しぶりに子猫を見てはしゃいでいました。
義父もそんな姿を遠くから見守ってくれているような気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 義父の七回忌と子猫:

« スキー板で囲まれた・・・ | トップページ | 映画による経験がその後の“恋愛観”を決めるらしい »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック