フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 思い出しました | トップページ | 乾杯はバラバラで »

2007/11/30

いろはかるたの真実[発作的座談会]

Hossateki_zadankai
表題の本を先日ブックオフで買いました。本の雑誌社<椎名誠、沢野ひとし、木村晋介、目黒考二>による、まあくだらない座談会を本におこしたものです。1996年初版ですので、もう10年以上前の本ですが。

座談会のテーマが、またくだらないのですが、「ごはんと麺類はどちらがエライか」とか、「忘年会と新年会はどちらがエライか」など、ほんとーにくだらないのですが、そこが私にピッタリのくだらなさだったので、すっかりウケてしまいました。

新年会で上司をなぐってしまうと、一年間言われ続け、忘年会まで“針のムシロ”になるが、忘年会で殴れば、“年忘れ”とも言うし、きっと忘れてもらえる、そして新年会であやまればすべて解決なので、忘年会のほうがエライとか・・(^_^;)・・大のオトナが座談するわけです。まさに“私好み”です。

ついでに、酒の勢いを借りて妻に言うことがある・・という人(沢野ひとし)も現れ、「いったい酒の力を借りて何を言うの?」と尋ねられると、「洗濯物は早く取り込むように」って奥さんに言うんだそうでΣ( ̄ロ ̄lll)
子供には、「交通事故に気をつけるように」って言うんだって
(゚д゚)??
「奥さんは飲んでるのか?」と聞かれると、「いや、しらふだ」とのこと・・(^^;)

で、奥さんが「自分で取り込めば」と(^_^;)
「そういうのは自分でやれば」って言われて、「自分で干したやつだから自分で取り込めばいいか」と納得するんだそうです
(ーー;)

なんつーか、めっちゃめちゃくだらん座談会ですが、本の雑誌社らしい展開です。
こういうくだらなさは、私が学生の時以来ずうっと続いているのです、“本の雑誌社”(^o^)

リラックスしまくりで、今読んでいるところです。
ブックオフなどで見かけたら、パラパラとめくってみてください、ほんとーに“くだらない”よっ!(o^^o)

【NowPlaying】想い出まくら/小坂恭子(歌謡曲)

« 思い出しました | トップページ | 乾杯はバラバラで »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いろはかるたの真実[発作的座談会]:

« 思い出しました | トップページ | 乾杯はバラバラで »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック