フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« きょうは、私のグループの忘年会 | トップページ | サンタ出動態勢に »

2007/12/22

ルイスと未来泥棒を親子で見ました

Meet_the_robinsons1
小4の長女に誘われて写真のアニメ映画「ルイスと未来泥棒」を見て来ました。
「見た後、食事してから帰ろうか」と、前日に長女と話をしていたら、本日出発前に妻の支度も出来上がっておりました
(^∀^;)
まさに、食べ物につられた状態の妻・・・。
で、3人で出かけました。

赤ちゃんの頃、施設の玄関に捨てられた子供が発明好きで、自分を捨てた母親の顔を思い出すために「記憶スキャナー」を作りだし、赤ちゃんの頃の自分の記憶をよみがえらせようとすることから、この話は展開します。

しかし、そのプレゼンテーションのときに未来から人があらわれ・・・。
あとは見てのお楽しみですが、未来に行ってから直後は割と子供っぽいドタバタがあるのですが、それはやがてラストで十分な効果を発揮するようになっていて、子供だましのアニメーションだ、などと思っているととんでもない、良くできた作品でした。
Meet_the_robinsons2
ストーリーを書くと“ネタばらし”になってしまうので書けませんが、単なるSFチックなお話しではなく、最終的には「家族」の大切さを描く感動的な素晴らしい作品になっていました。

ラストになると、過去と未来の関係が「ああ、そうだったのか」というシーンが連続し、親子や家族の素敵な関係がくっきりと浮き彫りになり、思わず涙が流れてしまいました。
ふと隣を見ると、食べ物につられてやって来た妻までもが泣いていました。
周りを見回すと、あちこちで子供を連れてきた親たちが泣いています。こりゃ、思わぬところに良い作品があったと思いました。
うちの長女も泣いていました。

子供だましだと思われそうな作品ですが、意外としっかりした作品です。これはそっとおすすめします。

【NowPlaying】 I'm Looking Through You / The Beatles (Rock)

« きょうは、私のグループの忘年会 | トップページ | サンタ出動態勢に »

映画・テレビ」カテゴリの記事

家族・親子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルイスと未来泥棒を親子で見ました:

« きょうは、私のグループの忘年会 | トップページ | サンタ出動態勢に »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック