フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« からくりテレビで泣いてしまった(T_T) | トップページ | 帯久(おびきゅう) »

2008/11/03

映画「ハンサム・スーツ」見てきました

Handsome_suit1_2
長女からのリクエストで「ハンサム・スーツ」を見てきました。
主役はドランクドラゴンの塚地さん。最近私が好きな人の一人です。前の映画「間宮兄弟」でも、実にペーソスのある役をこなしていました。
Handsome_suit6_2
主役の塚地さん扮する大木琢郎は定食屋の主人。真面目で働き者だが、“ぶさいく(映画の中でも強烈に誇張)”ゆえに女性に告白しても全戦全敗というありさま。自らの容貌について悩んでいるという“やくどころ”です。
それが、ある日紳士服店で紹介された新製品「ハンサム・スーツ」を試着し、ハンサム(谷原章介さん扮する)に変身するというストーリーです。要するに『二人一役』ってわけです。
Handsome_suit3_2
で、その谷原さんのハチャメチャぶりも見事です。
塚地さんから谷原さんに変身した直後の“塚地”がちょっと残っている部分の演技なども、細かく演技で表現していましたし、中に塚地がいるっていう設定を把握した演技はなかなかどうして、かなりな役者だと思いました。
ただの二枚目ではないですね。
Handsome_suit4_2
女性陣も充実のキャスティングです。
塚地の相手役として、ほんとに美人の北川景子、モデル界のカリスマ的な役割の佐田真由美(谷原さんとの絡みも重要な役割)、大島美幸(森三中の結婚してるあの人です)も、塚地にとって、だんだん素敵な女性に見えてくるストーリーの中心的な役割です。私も思わず・・この人だったら・・と術中にはまってしまう役者っぷりでした。素敵!(^^)
Handsome_suit2_2
さらに、男性陣の脇役も堂々の充実ぶりです。
主人公の親代わり的なブラザートム、紳士服店のハンサム店長・中条きよし、あやしくもバブリーなモデル事務所の社長・伊武雅刀、映画を見るまで謎の存在・温水洋一(最近私の好きな役者さんの一人)など、どの方も“ひとくせもふたくせも”ある方ばかりです。
Handsome_suit5_2
主人公の身近なところにいる本上まなみや、最近“売れっ子”の佐々木希などもポップな映画に花を添えていました。

全体のストーリーをここであまり語ってしまうと、ネタばれでつまらなく(だいたいわかっているのでしょうけど)なってしまうので、ひと言。
塚地さんがハンサムな自分と、今までのもてない自分を経験した中で、自分の身の置きどころをどうするかという葛藤が、明るいストーリーの中で楽しく描かれています。
ちょっと、しんみりさせたり、心の栄養になるような素敵なエピソードも含め、休日に友人や好きな人と映画を楽しもうというときにはもってこいの映画です。

ちょっと不思議な世界観をポップに撮っていて(ビジュアル・ディレクターもついているのだそうです)、シーン・登場人物によって世界ががらりと変わるように感じます。それも楽しみのひとつになるかと思います。
子供だましだと思っている方は、ちょっとリラックス・モードで休日にどうぞ!っていう映画です。
私は楽しかったですよ。長女も絶賛(n‘∀‘)η

【NowPlaying】 明石飛脚~世帯念仏 / 桂 米朝 ( 落語 )

« からくりテレビで泣いてしまった(T_T) | トップページ | 帯久(おびきゅう) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ハンサム・スーツ」見てきました:

« からくりテレビで泣いてしまった(T_T) | トップページ | 帯久(おびきゅう) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック