フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 澤上篤人さんのインタビュー番組を聞いて | トップページ | 宝塚ファンのささやかな楽しみ »

2009/01/18

夢の浮橋/Apasionado ! ! 観てきました

宝塚月組の「夢の浮橋/Apasionado ! !」を観てきました。
本年最初の宝塚観劇です。
Yumeno_ukihashi1
「夢の・・」は、源氏物語の最終章「宇治十帖」を取り上げた作品で、もちろん“和モノ”。
鮮やかな色彩感と、和モノ”独特の静寂を含む間合いの中で、観客が息をのむようにしている中、物語は進行していきました。
けっこう事前に物語りや、当時の時代背景をある程度知っていないと、舞台と同時に理解していくのは難しいように思いました。見ていると、休憩中に隣の人と色々「あれは、こうだったから、あんな台詞だったのよねぇ」などとささやいている人多し・・・。

主役と準主役の瀬奈さん(匂宮)、霧矢さん(薫)の対照的な存在間のやり取りは、さすが呼吸も合っていましたし、見応えがありました。
ただし、今回は娘役トップ不在の公演となっていて、浮舟役の羽桜しずくさんが主役的な役回りでしたが、いまいちそういう演技や振る舞いができないような微妙な感じでした。

本来の娘役主役が期待される城咲あいさんも、女一の宮に雇われた傀儡女という、目立ちはするものの、娘役の主役ではないような立場でした。
歌劇団側も迷いがあるのではないかと思いました。

Yumeno_ukihashi2
前半で、ちょっとコミカルなシーンなども交えて、いかにも“和モノ”らしく、しずしずと物語りは展開し、まずは良い出来だったと思います。
気になったのは、男役三番手の遼河はるひさんが、いまひとつ印象に残るような“演じ切り”ができていないような気がしたのです。これは、ファンの人から見れば「あれがいいのだ」ということかもしれませんので、あくまで私が感じたことです。お許しください。

Apasionado_1
ショー「アパショナード」は、ショー自体が久しぶりとなる月組の魅力(瀬奈さんの魅力と言ってもいいかな)が、存分に発揮されて、宝塚ファンには大満足のショーではないかと思いました。

最初っから大階段を使用しての大がかりな演出も有ったり、男役が女性の衣装で現れての大サービスな場面も有り、霧矢さん(女性に)と瀬奈さんがセンターでダンスをしたりと、存分に楽しめました。

前回の宙組とはまた異なった、宝塚の王道を行くような“力感”あふれ、しかも余裕さえ感じさせる、観客をうならせるようなショーでした。

ここでは、城咲あいさんが娘役ではトップに一番近い感じで扱われていて、でもフィナーレ前では瀬奈さんとデュエットのダンスは無く、ラストの銀橋でもトップ娘役から一歩引いた微妙な立ち位置になっていました。
聞くところによると、今年予定されている月組エリザベート公演の娘役主役は、宙組の新人公演組の中から特別出演で入ってくるとのこと・・・。
う~ん、どこまでも月組娘役の行方は微妙かつわからないことになっています。

芝居の方でも、ショーの方でも、その娘役トップのことがやはり気になるような印象が残りました。
さらに、男役ホープである明日海りおさんに付けられた役も、なぜか娘役への色気を劇団が残しているような風に感じもいたしました。Me & My Girl のジャッキー役がかなり良かったことも含めてそんなことになっているのだと思います。

さて、これからどうなるのでしょう。

【NowPlaying】 紺碧の海 / ジャン-フランソワ・マルジャン ( Piano )

« 澤上篤人さんのインタビュー番組を聞いて | トップページ | 宝塚ファンのささやかな楽しみ »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢の浮橋/Apasionado ! ! 観てきました:

« 澤上篤人さんのインタビュー番組を聞いて | トップページ | 宝塚ファンのささやかな楽しみ »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック