フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« またまた街の音について | トップページ | 「ポメラ」使い始めました »

2009/05/17

『ねこ猫展覧会 2009』に行ってきました

090517_matsuyama1
きょうは、まったく予定もなかったのに、妻が新聞で見た「ねこ猫展覧会2009」という今年で6回目を迎える、猫を題材とした絵画や彫刻、工芸作品などを集めた展覧会に行くことになりました。ほんとに突然決まりました。
場所は千葉県八日市場市松山にある庭園美術館です。
ここは、中学時代の担任の先生が何年か前に個展を開いたことがあるので来たことがありました。

090517_matsuyama2
展示作品は75人の作家による約200点。
皆様のお目にかけることはできませんが、妻と長女と私で、庭園の見える優雅な日本家屋でその作品を見ていました。
すると、“なんと”本物の猫が展示室に入ってきてあいさつしてくれました。
あとで聞いたのですが、ここでは8匹の猫を飼っているとのことで、きょうは寒いので皆こたつに逃げ込んでいるとのことでした。
もとは捨て猫だったのだそうですが、立派に可愛く育っています。

090517_matsuyama3
で、展示作品はほんとうに猫好きにはこたえられない作品ばかり。
愉快だったり、可愛かったり、迫真のものあり、不思議な人形もあり・・・もうね、一日中いても飽きないですよ。
様々な作品が次から次へと楽しませてくれます。
31日までやっているそうなので、千葉県の方はちょっと足をのばして行ってもいいと思いました。
晴れていれば、庭園も存分に楽しむことができます。

090517_matsuyama4
これは美術館側でおいしいお茶を出してくれて、楽しくお話をしていたときにくつろいでいた猫さんです。
なんか、堂々の風格を感じました。
美術館中央部の応接ができる部屋でゆったりとくつろいでいました。優雅です。

090517_matsuyama5
私がカメラを持って近づくと、ごろんと横になりました。
カメラはあまり好きじゃないのかもしれません。ちょっと困ったという顔つきでした。

090517_matsuyama6
こちらは同じ部屋で私達家族を“じいっ”と見ていたニャンコ。
おとなしそうで、ちょっと警戒気味。
長女が顔を近づけると、やはり困った顔をしていました。ごめんね。

090517_matsuyama7
こちらは、美術館の方にだっこされた、さっきのにゃんこ。
飼い主さんには、安心して抱っこされるようです。
やはり猫はいいねぇ(^o^)

090517_matsuyama8
これはさっきの白猫の上にその子どもにあたる猫が甘えて乗りかかっているところ。
母猫の白い猫は、やさしくなめてあげていました。
子どもの方が大きくなっているのに、やはり親子は親子なんですね。
見ていてやさしい気持ちになりましたよ。

090517_matsuyama9
これは庭を横切って“離れ”にある展示室の別室です。
こちらも大きな窓ガラスから素敵な庭園をながめつつ、“猫作品”を楽しむことができました。

この「ねこ猫展覧会2009」は、素晴らしい環境にある美術館で、心も体もゆったりとリラックスして鑑賞のできる良い展覧会でした。また、行きたいくらいです。

で、またこのブログにも書きますが、写真を展示しているスペースで、私達家族が“傑作”だと、笑いながら会話をしていたところ、「それ、私が撮ったんですよ」と話しかけてこられた女性がいました。
“ケンジ”くんという、その猫の塀の上を歩く姿と表情が面白く、後ろにはその影が映りこみ、素敵な写真でした。
撮ったときのようすなどをお話し、その後一緒にお話をしながらお茶を飲んだのですが、そのテーブル上に可愛らしい小さな手作りの写真集のようなものもあり、あとで展示室で売られていたのを発見し、購入いたしました。

そして、そこに立派な製本された本があり、よくみると、その方の著書でした。
「えっ!」と思ったときには、もう帰られていて、『佐竹茉莉子』さんという有名な方であったことをあとで知りました。
どうりで、お話も素敵だったし、写真の撮り方も丁寧に教えてくださいました。
きょうはあまり持ち合わせがなかったけど、今度は著書も買ってぜひ作品を見たいと思います。
その報告はまた後日。

【NowPlaying】 edelweiss / 宮本笑里・ソリータ ( Healing Music )

« またまた街の音について | トップページ | 「ポメラ」使い始めました »

「ペット」カテゴリの記事

建物・風景」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ステキな美術館ですね。近くだと絶対行くんだけど^^。はっPさんの撮られた美術館の住人のネコちゃんたちのかわいいことcatどの写真も和みますねえ。猫ちゃんの体温が伝わってきます。
わたしもやさしい気持になれました。

展覧会もステキですが、猫さんたちもステキ。
ネコが安心して寝ころんでいられるということは、それだけ近くの人たちが落ち着いているということですよね。
このお話の続きを楽しみにしています。(^^)

みいさん、こんばんは!
いい美術館でしたよ。ほんとにのんびりとすることができる落ち着いた場所です。
みいさんがお近くなら、ぜったいの“オススメ”スポットです(^o^)

ymamaさん、こんばんは!
たしかに、猫たちはあまりお客さんを怖がったりはしていませんでした。
ほんとうに自然な形で存在していました。
猫がのんびりしている展示室なんて、美術館を運営されている方の気持ちがよくあらわれていて、素敵なところだと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65505/45047566

この記事へのトラックバック一覧です: 『ねこ猫展覧会 2009』に行ってきました:

« またまた街の音について | トップページ | 「ポメラ」使い始めました »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック