フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「悩み」の正体 | トップページ | サラ・ヴォーンのエピソード »

2009/05/10

中島誠之助先生のラジオ出演を聞いて

090510_kanteidan4
きょうの午後、NHK-FMの番組「トーキング・ウィズ松尾堂」に、鑑定団でおなじみの中島誠之助先生が出演されていました。事前に新聞で知りましたので、録音しておいて、今聞き終わったところです。
最近は、骨董のお店は引退されているようですが、本を書かれたり、俳句も始められ、一年間で千句詠み、それを本にされるそうです。古希なんだそうで、ますますお元気です。
私と妻には中島先生に忘れられない思い出があります。

写真は、8年も前になるでしょうか、私達夫婦で「なんでも鑑定団」にお宝鑑定をお願いし、中島先生に見てもらっているところです。あのときは、どきどきしたけど楽しかったなぁ(^o^)
お宝は野々村仁清作と書かれた狐の香盒(こうごう)。「200万円」という本人評価額に早くも失笑が会場から聞こえる・・・。
妻は、中島先生が大好きで、会えただけで気絶しそうなくらいの喜びようでした。
これだけでも、とてもうれしい出来事でした。

090510_kanteidan3
固唾をのんで先生の鑑定を見守る私達夫婦と司会のお二人。
先生からは、「この箱書きがボールペンってのは“いけませんなあ”」と会場を笑いの渦に巻き込む発言が・・・。


090510_kanteidan2
結果は惨敗で「8,000円」(T_T)。妻は崩れ落ち、泣き出したのでした(^^;)
おかけで、MVPを獲得し、番組側から言われた「サイン、握手には一切応じられませんので、出演者の方々は絶対に守ってください」という約束は“なきもの”となり、先生からは石坂さんの絵をいただき、握手もステージ上でしてくださり(ちょうどこの写真のときです。妻はカメラマンにかぶって映っていませんが)、当日持ち込んだ著書二冊にもサインをくださいました。

090510_nsensei2
写真は、二冊のご著書にいただいた中島先生のサインです。
これも我が家のお宝になりました。
中島先生は、今も鑑定団に番組開始当初からのレギュラーとして出演されていますが、テレビで拝見するたびに私達夫婦には、うれしい思い出がよみがえってくるのです。

090510_kanteidan1

新婚時代の旅行で買い求めた“香盒”は、鑑定としては安いものでしたが、私達夫婦にとっては、大きな思い出を作ってくれました。
だから、結局これは“お宝”だったのですね。
あのとき買ったのはやはり大正解だったのです。


中島先生、これからもお元気でご活躍ください。
私達夫婦は、いつも応援していますよ(^o^)

【NowPlaying】 バードランドの子守唄 / サラ・ヴォーン ( Jazz Vocals )

« 「悩み」の正体 | トップページ | サラ・ヴォーンのエピソード »

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

家族・親子」カテゴリの記事

想い出交錯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中島誠之助先生のラジオ出演を聞いて:

« 「悩み」の正体 | トップページ | サラ・ヴォーンのエピソード »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック