フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 薔薇に降る雨/Amourそれは・・・ | トップページ | 『アテンド』する?? »

2009/06/22

“婚活”話、その2

最近、ますます『婚活』という言葉を耳にいたします。
テレビや新聞、雑誌、そして私の職場やその周囲でも・・・。

で、昨晩のブログにちょこっと書きましたが、きょうは「出会い」を話題にしてみたいと思います。

人と人の出会いって、特に男女間のそれについては、自分からはたらきかけないと100%生まれないものだというのが私の今まで生きてきて、経験してきた中での実感です。

普段のまじめな自分を誰かが見ていてくれて、やがて自分を見てくれていたその“ひと”と、それとなく付き合うようになる・・・なんてことは絶対にありません。
あるわけないです、だってこのままじゃ誰も声をかけてくれないし、もちろん自分からかけることもないのですから・・・。要するにそんな都合のいいこと考えていたのでは、「出会い」は訪れないのです。夢をこわして悪いけど。

“婚活”なんて言葉が使われている昨今ですが、でも、逆にそんなことまでしなくてもいい、とも思います。

別に付き合おうとまで思っていなくても、何かのきっかけで声をかけてみたり、話してみたりすればよいのです。
その人の机上に何かの写真が飾ってあったり、デスクマットの下に何か写真や絵の入ったしおりなどが入っていたら、それについて、「○○好きなんですか?」などと聞いてみればよいのですよね。

思わぬ展開で話がはずみ、楽しい話題で盛り上がることだってあるはずです。

なのに、最初っから“がつがつ”婚活なんて考えるから、その動きが相手方に妙に映ってしまい、不自然な付き合いをして振られた挙げ句に、お金まで浪費することになるのです。

男女にかかわらず、自分から何かアクションを起こさねば人生の出会いは生まれないと思います。
えらいこというようですが、ちっともえらいことじゃなくて、今まで生きてきて、そういうことの経験しか無かったのだと言っているのです。

何か新しい出会いのきっかけになりそうなことがあったら、ちょっと顔をつっこんでみるのもいいことです。
ぜひ、そんな心がけでいてもらいたいと、周囲の優秀な独身の方に教えてあげたい・・・。
最初はただ話をしただけなのに、しょっちゅう話をしていると、やがてその人の意外な部分に気づいたりして、いつの間にか“好き”になったりすることもあるのです。

毎日、ただ職場に行って、黙々と仕事をしているだけじゃ、そのままの生活が何年も続いているのではないですか?そりゃそうだよ、自分が気になる人以外にも、楽しく話しかけるくらいでなきゃ、いい「出会い」はないもの。

以上、おじんによる、「老婆心中継」でした。

【NowPlaying】 Toddle / スタジオUSEN ( Instrumental Music )

« 薔薇に降る雨/Amourそれは・・・ | トップページ | 『アテンド』する?? »

恋愛」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “婚活”話、その2:

« 薔薇に降る雨/Amourそれは・・・ | トップページ | 『アテンド』する?? »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック