フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« お気に入りの蕎麦屋があるのはいいぞ。 | トップページ | 浴びるように落語を聴いた人の「落語論」 »

2009/09/07

“書”は何か感じさせてくれます

20090906_shodouten1
昨日は、妻、長女と、県立美術館で行われている全国規模の書道展に行ってきました。

前にもこのブログで書いたことのある展覧会です。
長女も入選いたしました。最近、めきめき腕を上げているようです。きょうは紹介しないですけど・・。

まず、小学生の部門で面白いと思ったものは!
「急ぎの用」と「時代の波」という題材でした(^_^)
そうだよねぇ、最近は急ぎの用ばっかりだし、これも時代の波なんでしょう、小学生もたいへんだ(^_^;)

20090906_shodouten2
ついでに、もうひとつ小学生の作品から。

「お茶づけ」と「変身」!・・・・・・。

お茶づけでも、ささっとすすって、受験モードに変身し、塾へ直行!!って、そんなわけないか(^o^;)
書自体も良いものが多かったのですが、以上が何となく面白い題材の4作品でした。

20090906_shodouten4
その他、入選作品は、どれもこれも見入ってしまう、素晴らしい作品が多数でした。
『書』って、見ているだけで、そしてその前に立って眺めているだけで、不思議と落ち着いた心持ちになりますし、なぜか幸せな気分にもなりますね。

展示室を次から次へと回ったのですが、どこの部屋でも心の充足感を得ることができました。
日曜の午前中のひとときを、幸せな時間が満たしてくれました。

20090906_shodouten3
最後は、この作品なのですが・・。
実は、この作品は長女の書道の先生のお母様(86歳)の書かれたものです。
ここ数年、自分の娘に教わって書道を始めたのだそうです。

どうです、素晴らしい、そしてしっかりした作品だとは思いませんか!?

しばし、立ち止まって作品を味わいました。
・・いい作品です。

【NowPlaying】 しあわせのかたち / 西村由紀江 ( Piano Instrumental )

« お気に入りの蕎麦屋があるのはいいぞ。 | トップページ | 浴びるように落語を聴いた人の「落語論」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “書”は何か感じさせてくれます:

« お気に入りの蕎麦屋があるのはいいぞ。 | トップページ | 浴びるように落語を聴いた人の「落語論」 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック