フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« きりかえの“こつ” | トップページ | 仕事で静岡市に、そして“ほほえましい”ような不思議体験 »

2009/09/01

終わったと思ったらもう結果が

20090901_sousenkyo
選挙も終わり、結果は大方の予想通りでした。

投票所の様子で気付いたのは、投票用紙を折って投票する人が少ないということでした。
多くの人が堂々と見えてもかまわないよ・・ってふうに、書いたそのまま、用紙を折らずに投票箱に入れているのを見ました。

出口では、いわゆる「出口調査」というアンケートを、新聞社やテレビ局、ニュース配信会社が争って取り囲むようにして行っていました。
それにも、拒否する人は少なく、自分の支持政党や投票内容などを気軽に答えているようでした。

ひと昔前の選挙とは、もう違うんですよね。

しかも、出口調査の精度は、正直に答える人たちの多さも手伝って、選挙の度に上がっています。

午後8時に投票が終了し、各投票所から投票箱が開票所に運ばれているときには、すでに200議席近い“当選確実”が出ていました。驚きです。まだ箱は開けられてもいないし、ひとつの票も誰も見ていないのです。

それだったら『出口調査』だけで、開票しなくてもいいんじゃ(^_^;)なんて思ったりもしました。

開票作業は、そんな状態で行われるわけで、一日投票事務を行い、さらに引き続き開票作業を行っている人は、一日の疲れに、さらに結果がわかった中での作業で疲れが倍加することでしょう。

「鍋の中の味噌汁の味はスプーン一杯飲めばわかる」というのが、統計学的な考え方で、それはその通りのようですね。

すごい世の中になったものです。
それにしても、さんざん予想報道がされた中でも、昔のように“揺り戻し”的な票の動きは最近では無いのですね。
それも、近年の特徴であると思います。

刻々と票が積み上がって行く中での、候補者同士の争いの様子などというものは、もう今後見る事もないでしょう。
テレビなども作り方がどんどん変わっていくのでしょう。

う~ん、なんだか、自分がほんとうに旧人類になったと実感しました。


【NowPlaying】 ビジネスブック・ラジオ / 一色令子・飯田橋博士 ( USEN放送 )

« きりかえの“こつ” | トップページ | 仕事で静岡市に、そして“ほほえましい”ような不思議体験 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終わったと思ったらもう結果が:

« きりかえの“こつ” | トップページ | 仕事で静岡市に、そして“ほほえましい”ような不思議体験 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック