フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 飲み会があって・・・ | トップページ | 御岳山(みたけさん)に登ってきました »

2010/01/28

宙組東京公演/カサブランカを見ました

20100126_casablanca01


なかなか朝から晩まで忙しくて更新できませんでしたが、東京宝塚劇場で今公演されている「カサブランカ」を既に夜の部で見ておりました。

花組から組替えで宙組に来てトップ。大空祐飛さんと野々すみ花さんの東京宝塚劇場でのトップお披露目公演です。
でも、見て感じたのは“お披露目公演”というよりも、もう堂々とした、熟達したトップになっているということでした。
舞台上の細かい仕草や、立ち居振る舞いの隅々までが一分の隙もなく、非常に精緻な役づくりをされていると思いました。
野々さんも、見事にそれに応えていると思います。実際、驚くばかりの出来映えです。

20100126_casablanca02

カサブランカは、「君の瞳に乾杯」という名訳が有名な映画ですが、私は映画を見ておりませんでした。
映画であれば、ズームアップして微妙な表情や仕草などもうまく演出できるのでしょうが、大きな劇場の舞台では別の演じ方、工夫が必要になると思います。


それを大空さんはじめ、宙組の皆さんは素晴らしい演技や歌で舞台として作り上げ、見ているこちらは逆に映画を見ているよう!

20100126_casablanca03


いきなり開演時に上手の袖、“セリ”から現れる大空さん。もうそこでこの作品の中に観客は引きずり込まれ、煙草という小道具も大空さんの手にかかって最高の効果を見せ、主人公リックに私達観客は“没入”です。
こんなかっこいい“男”をかつて私は見たことがない・・・。

一幕が終わり、舞台上の幕が降りる中、暗転した銀橋を一人静かに舞台袖に歩いて行く「リック(大空さん)」を見送りながら、私は「虜」になっていたのでした。

20100126_casablanca04

大空さんの渋く、格好良く、美しい男役は、あの蘭寿とむさんでさえ、初々しく見えてしまうほどの“男っぷり”で、正直私は大空さんがこんなに良かったなんて・・と思いつつ、さらに胸がドキドキするような興奮を覚えました。

ラズロを演じた蘭寿さんも好演、ルノー大尉の北翔海莉さんは一見ちょっとご本人には可哀想な役に感じそうですが、演じ甲斐のある人間味溢れる役所で、存分に実力を発揮され、素晴らしいと感じました。

“新生”宙組は、とてもがっちりと舞台を作る印象です。
全員が全員、無駄なところは全く無く、「舞台上の銀幕」を作り上げていました。
蘭寿さん中心のコーラス含む群舞的なシーンも、とても印象に残りました。

チケット売り上げが気になるのですが、作品は間違いなく一級品です。
ぜひご覧いただきたい高密度、高精度な力作です。見た方がいいですよ。


【NowPlaying】 心の窓にともし灯を / ザ・ピーナッツ ( 歌謡曲 )

« 飲み会があって・・・ | トップページ | 御岳山(みたけさん)に登ってきました »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宙組東京公演/カサブランカを見ました:

« 飲み会があって・・・ | トップページ | 御岳山(みたけさん)に登ってきました »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック