フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« やっと一週間が終わりました | トップページ | “一般”女性? »

2010/04/10

えっ?カジノ・・・

20100410_casino01


きょうは家に居ることが出来たので、このところ国のレベルでも、私の地元でのレベルでも話題になっていると感じる「カジノ」での観光産業振興等について少し気になったので書いてみます。

私の地元でも、降ってわいたように突然「カジノ」誘致について議論、検討が進められようとしています。
「カジノ」?
誰が望んでいるのだろうか、と思いました。
まるで今までカジノを皆が望んでいたかのような感じで始まりました。

突然です。

そもそも私の地元レベルでも、カジノに来てほしいという話など一切耳にすることはありませんでした。
住民で望んでいる人など存在するのか?

インターネット等で調べてみると、カジノ誘致について、すでに手を挙げている自治体はかなりあるようです。

ようするに、お金を自分のところに落としていってほしい。税収を上げたいっていうのがひとつだと思います。

それからもっとも気になるのが、議員が力を入れていることです。
何か裏に理由があるのではないか、と勘ぐってしまいます。
何らかの団体が、しかも外国まで絡んでいるんじゃないのかと。

どう考えたって住民にとってはいやなものです。
それを市民から選出された議員が住民にいやな思いをさせてまでやろうというのは、きっと何か大きな利権が絡んでいるのだろう・・と、いくら“ぼんやり”で“オトボケ”な私でもわかります。

「カジノ合法化」だって!?
カジノってのは、そもそも賭博じゃないの?
早ければ秋の臨時国会で議員立法で提出して、成立を目指す、などとしているようです。

民主党はカジノが賭博を禁じる刑法に抵触しないように立法措置を講じる内容で進めるとのこと・・・ああそうですか。

無差別にお金をばらまいたかと思えば、今度は賭博で一儲け。誰が儲かるんだろうねぇ。
潤った挙げ句に“あの人”の蓄財に回されなきゃいいんだけど。

カジノ合法化を目指す超党派の「国際観光産業振興議員連盟(カジノ議連)」も成立するようで、もっと大騒ぎしなければ、とんとん拍子でことは進むことでしょう。
誰も頼んじゃいないのに。

今のうちに、先頭に立っている人たちの顔ぶれを覚えておいた方がいいと思いました。
高齢化社会が進んで、年金その他幾多の問題、経済的にも不況が続く中、解決策が“賭博”とは。

そこに住んで、働いて、生活して、苦楽を家族と共にし、必死に生きている人のことなど頭の片隅にでもあるのだろうかと思います。
賭博の街をつくっておいて、その街がどうなるのか、そこに住んでいる人がどうなるか考えているのでしょうか。

以上、毎日その場所でひっそりと懸命に暮らしている人間のひとりごとです。そう思っている人がいるのだということを、“議連”の人たちは感じることができるのでしょうか。


【Now Playing】 アイーダの信念 / 安蘭けい ( ミュージカル・王家に捧ぐ歌より )

« やっと一週間が終わりました | トップページ | “一般”女性? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

お怒りモード憑依」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: えっ?カジノ・・・:

« やっと一週間が終わりました | トップページ | “一般”女性? »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック