フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« ソルフェリーノの夜明け/Carnevale 睡夢 | トップページ | 人生を変えるために・・と、いくつもの項目があげられている本 »

2010/04/21

景色が変わって見えた

職場では、昨年度まで実働部隊は、私と女性ひとりでしたが、新年度からは私ともう一人男性となりました。

これで、霞ヶ関をグリグリと歩き回るのは完全に二人となり、もう一人が慣れてくれば、今までの毎日8キロコースは一日おきになりそうです。
今までの夢中で霞ヶ関を走り回っていた生活は少しは体力的に楽になるかも。

新しく職場に来た男性は、私よりも若いのですが、それでもかなりへばっているのがよくわかります。
その状態についても、昨年私が経験したことなので、「気の毒」に思いますが、まだまだこれからもうひとつ頑張らねばならない段階です。
昨年経験したので、よくわかります。

直線が長く、坂道は急で、ビルに入ると階段の上り下りが何度もある、そして日陰のないアスファルトの道を黙々と歩くのは今までのオフィスのみの仕事では想像を絶するものがあります。
さらに、人間関係を築き上げ(これについては、彼の方が私よりも長けている)つつ日々を過ごすのはたいへんなことです。
さぞかし、ゴールデンウィークが待ち遠しいことでしょう。

私もそんな日々を一日交替で、昨年通り徒歩、電車、バス、自転車等を駆使して歩き回っています。
でも、そんな風に街を走り回っていると、景色が去年と異なるものであると感じます。

仕事の量的には余裕が無いのですが、でも、心の中に“景色を見る”余裕ができました。
国会議事堂前の歩道を歩きつつ、季節を感じたり、文科省付近を歩いていると、人の動きなども良く見えるようになりました。
日比谷公園付近の空気も感じ取ることができるようになりました。
昨年からは大きな進歩かもしれません。

たぶん・・・あと一年。私は全力で仕事をしようと誓っています。
今やっているウチを含め同業他社12社?の幹事役についても、昨年までと異なり、様々な人とより深く付き合うようになりました。
それもこれも自分の財産だと思って日々過ごそうと思います。

手始めに、来週はよくしてくださる同業他社と「美味しいものを食べて、おいしいお酒を飲む」会を開く計画をし、実現の運びとなりました。
こうして、公私ともに“仕事はつらいけど”積極的な活動をしようと思っています。

今週末にもある計画があり、このブログで紹介しようと思っています。

仕事は嵐が吹き、突風に飛ばされそうな様相ですが、でも、がんばって生き生きと過ごせるように心がけます。
そんな日々を、またこのブログでご紹介できれば、と考えています。

今、ご覧になっている方、またこのブログにおいでくださいね。


【NowPlaying】 ラジオ深夜便 / NHK ( AMラジオ )


« ソルフェリーノの夜明け/Carnevale 睡夢 | トップページ | 人生を変えるために・・と、いくつもの項目があげられている本 »

仕事で生き生き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 景色が変わって見えた:

« ソルフェリーノの夜明け/Carnevale 睡夢 | トップページ | 人生を変えるために・・と、いくつもの項目があげられている本 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック