フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« ビニール傘の男 | トップページ | ツーリズム?! »

2010/05/23

花組・虞美人・・ちょっと遅れて感想を

20100522_gubijin01


すでに宝塚歌劇・花組東京公演『虞美人』を見ていましたが、体調不良のため感想が遅れておりました。
やっと体が動くようになってきましたので、少し感想を。

写真は劇場二階ロビーのモニター画面。こういったモニターで見るよりも、今回のような壮大な大作は舞台で見るのが一番ですね。

今回の公演は、ミュージカル「虞美人」の“一本物”。スケールの大きな力作でした。電車の中吊り広告や、有楽町のビル壁面に大きな写真付きの広告を打ったにもかかわらず、噂ではいまひとつお客さんの「入り」が悪かったらしいのです。

しかし、実際に見てみると非常に良い出来でした。
ストーリー展開よし、配役よし、舞台装置よし、衣装よし、主要なメンバー真飛さん、桜乃さん、壮さん、愛音さんらの演技、文句なし!特に以前の「太王四神記」でも抜群に光っていた未涼亜希さんのストーリーを進行させつつ、物語を劇的な展開にもっていく役割は、他に代わりがきかないほどの出来映えだったと思います。いつも未涼さんには感心させられっ放しです。


20100522_gubijin02


壮一帆さん演じる劉邦の妃を演じた、花野じゅりあさんの「女の業」の表現もなかなかの見所になっていました。そして、望海風斗さんが演じた殷通の娘、男に化けて復讐を誓う役も実力でその役を大きくしているように感じました。

20100522_gubijin03


さて今回は娘役トップスターの桜乃彩音さんの退団公演でもあるのですが、桜乃さんはほんとうにトップ娘役らしく、女性の魅力を十分に表現され、さらに女性の力強さと意志の強さも美しく見せてくれました。すべての演技の端々に細やかなところまでの気配りが感じられ、その一つひとつの動きに魅了されました。よかったですよ!

トップスターの真飛さんは、漂う雰囲気が主人公の項羽の状況に応じたものに見事に変化していき、心模様までが演技に、歌に、巧みに表現されていました。

20100522_gubijin04


二番手男役の壮一帆さんは、舞台を重ねるごとに“大きさ”を感じさせ、今回は観客の雰囲気を感じ取って演技をしているような余裕さえ感じました。

全体に見ていくと、花組は、こういったスケール感のある大作が得意であるというように感じました。
星組などはチームワークで一丸となっていく感じがあるのですが、花組は潮が満ちてくるように組全体の力で押してくる印象を持ちました。

この一本物の作品は非常に良い出来で、今年見て来た中では一番と感じました。
まだ見ようか迷っている方は、絶対に見ておいた方が良いと思いましたよ。


【NowPlaying】 真夏の果実 / ジ・アンディー・エズリン・トリオ ( Jazz )

« ビニール傘の男 | トップページ | ツーリズム?! »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花組・虞美人・・ちょっと遅れて感想を:

« ビニール傘の男 | トップページ | ツーリズム?! »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック