フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 町の本屋さんに行ってみたい | トップページ | 税についての本を読んで »

2010/05/11

ちょっと拍子抜け

20100505_jichitaikakusa


『自治体格差が国を滅ぼす/田村 秀(たむら・しげる)著(集英社新書)』を読みました。
本屋で見つけたときは、「これは今起こっている問題に対して、鋭く突っ込み、今後の方向性などについてもグイグイ書かれているのでは!」と思い買ったのです。

実際に、地域間格差の拡大する現状や、いわゆる“勝ち組(あまり好きな言葉ではないが)自治体”の詳細な調査結果、そして逆に“負け組自治体”の状況、あらたな方策で今後を模索する自治体などについても詳細に書かれていました。

それだけなら、非常に興味深いものなのですが、一番気になる今後の自治体の生き残りのための方策については、ラストでわずか8ページほどの10ヶ条が載せられているくらいで、その点についてはそれまでの様々な自治体の現状が事細かに書かれているのに、ずいぶんあっさりとしているな・・と、ちょっと拍子抜けしたのです。

その10ヶ条をここで書いてしまっては、あんまりなので実際に読んでみられることをおすすめしますが、その内容も思い切った方策というわけでもなく、どちらかというと常識的なものでした。

著者の略歴を見ると、自治省、香川県、三重県職員を経て大学教授になられている方で、そういえばどことなくそんなニオイを感じたりもしました。期待した「ドラスティック」なアイデアなどはあまり見られず、逆に現状分析については非常にきめ細かい丁寧なものを感じたのです。

ただ、日本の自治体の現状と、今後の国の姿などについて基礎的な理解を深めるにはとても参考になりました。
興味のある方は読んでみるといいと思います。


【NowPlaying】 We 're All Alone / アンジェラ・アキ ( J-Pop )

« 町の本屋さんに行ってみたい | トップページ | 税についての本を読んで »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと拍子抜け:

« 町の本屋さんに行ってみたい | トップページ | 税についての本を読んで »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック