フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« “締め切りもの”いつ提出する? | トップページ | 東京フォーラム・広場で野菜を売ってきました »

2010/06/12

群ようこさんの本

20100612_onnano_rutsubo


『おんなのるつぼ/群ようこ著(新潮文庫)』を読みました。
群さんは、本の雑誌社に勤めていた頃に「本の雑誌」の中にコーナーを持ち、面白い文を書く人だと思っていました。

独立後、『午前零時の玄米パン』『鞄に本だけつめこんで』などを次々と出し、今や本屋さんに行けば群さんの本はたくさん書棚に並んでいます。
きょうご紹介する本では、群さんもすっかり「おばさん」になっているわけですが、文中でも自分が「おばさん」と書いたら、そのおばさんに叱られた話が載っていました。

この本では、おばさんにも視点が注がれておりますが、主には若い女性に対してのものが多くなっています。

○電車で化粧をする女性・・など、最近目につく話題から
○パジャマのまま、日中に買い物に出かける女性
○ローライズ・ジーンズでお尻の割れ目まで見せる女性
○パンツいっちょで浴衣を着て街を彼と歩く女性

などなど、バッサバッサと“撫で斬り”にしています。・・・していますが、・・・私からすると群さんの若い頃のような一刀両断的な切り口が今ひとつ感じられず、もの足りなかったのです。
好きなのにゴメン、群さん。

もっと感情的になって怒りまくってくれると、私も爆笑しながら読めるんですけど、・・・ま、群さんも私も歳を取ったんですね(^^;)

あとは、女性ならではの感じ方も随所に見られて、私などは「そうなのか、女性はこんなときにこんなことを考えているんだ」と、今更ながら勉強してしまうことも多々ありました。

群さんの本は、どれを読んでも笑える部分が多いのですが、人間の悲哀も感じるところがあり、そんなときになぜか人が歳を取るというのはどういうことか、しみじみと考えてしまうのです。

ちょっとした休み時間などに、ふと読んで見るのが似合う本かもしれません。

【NowPlaying】 Make It 21 / ショーンK ( J-Wave FM-Radio )

« “締め切りもの”いつ提出する? | トップページ | 東京フォーラム・広場で野菜を売ってきました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

些細な気になること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群ようこさんの本:

« “締め切りもの”いつ提出する? | トップページ | 東京フォーラム・広場で野菜を売ってきました »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック