フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 書いてみれば?やってみれば? | トップページ | 魔法が解けた »

2010/06/22

月組公演『The Scarlet Pimpernel』ついに見ました

20100622_spimpernel01


宝塚歌劇・東京公演「スカーレット・ピンパーネル」を待ちに待って、ついに観てまいりました。
2008年、星組で「安蘭けい・遠野あすか」主演で初演され、大好評を得た大作“一本もの”です。
月組“新トップコンビ”東京お披露目公演がこの演目。主演「霧矢大夢」さん「蒼乃夕妃」さんの力量が計られることになります。
なぜか私も大緊張(^_^;)

結果から先に言っちゃいましょう。
「素晴らしい!」
歌、演技、ダンスともにトップコンビは高得点でした。文句なしです。

思い出してみると、安蘭けいさんの主役パーシーは、夫婦の問題がありながらそれをひたすらピンパーネルの活動に必死に取り組みつつ寂静感を漂わせながら、どこか達観したような静かに耐えつつ情熱を内に秘めた人物像でした。

きりやん(霧矢)のパーシーは、常に妻マルグリット(蒼乃)のことが頭にあり、悩み苦しみつつピンパーネル団の活動をぎりぎりの状態で続けていく感じ。
これは、トップ大劇場お披露目直前の「紫子」でも見せた、観客がきりやんの動向に感情移入してしまうタイプの見せ方です。なので、私もきりやんと共に悩みつつ舞台の進行を見守ったわけです(^-^;

ですから、トップお披露目で「きりやん良かった」という気持ちも手伝って、この歌いまくる演目で、きりやんが歌いきるたびに「涙、なみだ、涙」(T_T)
「そうか、こういう演技できたか、こう歌ったか」と感心する度に涙が・・・(オペラグラスの目をつける部分に涙がたまって見えなくなったのは初めての経験だ(;´Д⊂)

蒼乃夕妃さんも、「紫子」でも感じましたが、早くも熟練した感じさえするくらいの充実度。
紫子では、初演の南風まいさんの役のとらえ方をしのぐくらいの、すばらしい解釈で役を演じていましたが、今回も文句なしの素晴らしさ。

きりやんとは逆に、初演「遠野」さんの常に苦しみ悩み、猜疑心が渦巻いていた役柄を、何というか割り切った感じさえさせる「荒涼」としたただ中に自らを置き、事態に向かっていくような印象を持ちました。
独自の解釈力が今回も目を引き、感心しました。
なので、余計に夫婦の互いの疑惑が解けたときの喜びが大きく響くように伝わってきました。

最後のおまけのショーでの、二人のダンス(月組トップコンビのデュエットダンスは久しぶりとなる)を見て、また涙(;´Д⊂

20100622_spimpernel02


ちょっと興奮して書き過ぎているかもしれないので、先を急ぎます。

今回は、二番手の役となる“悪役”「ショーヴラン」は、「龍真咲」、「明日海りお」が二人で役替わりしています。
これが話題なわけですが、今回私が見たのは「龍真咲」バージョン。

一ヶ月の公演中、二回交代するとのことで、これはご本人達にとっては大変なことだと思います。
調子が出て来たら、また別の役になってしまうのですから。

今回の龍真咲さんは、けっこう苦労している跡が見受けられました。
ラストに近づくにつれ、本来の自分の持ち味が出て来ていたと思いました。つかみかけているっていう感じです。
歌は、星組初演時のショーヴラン「柚希礼音」さんの圧倒するような歌唱ぶりが頭にこびりついているため、最初は見劣りするような気もしました。
しかし、これはこれであの柚希さんの“どす黒いほどの悪”のショーヴランとは異なる、悩みも持ちつつのちょっと“爽やか”ショーヴランという描き方だったのではないかと思いました。

今後、「明日海りお」さんのバージョンも見る予定をしていますので、お二人を比べてみると、ある程度のことが書けると思います。

その明日海さん。今回は義弟の「アルマン」役でしたが、その美しい男性像は、現在どの組のどの生徒にもないものを持っていると感じました。
あの、気品有るたたずまいはちょっと他に比べようがないものだと思います。

※ちなみに今回のアドリブでショーヴランにパーシーがすすめた衣装は、白いポロシャツにミニスカートの「宮里藍」風ファッションでした
(^o^;)実にタイムリー!

主役近辺の話ばかりで申し訳ありませんでしたが、今回の出来は月組全体としても最高に良かったですよ。
無駄なシーンなんて一切ありません。
全部が見どころ、全曲感動の歌い上げ方、舞台の端から端までどの生徒もちからいっぱいの演技・歌・ダンスでした。
どのシーンも今思い出しただけで感涙ものです。

これ見て何も感じない人はいないと思うよ!今のところ今年最高です(*⌒▽⌒*) 

【NowPlaying】 毎日がスペシャル / トーマス・ハーデン・トリオ ( Jazz )

« 書いてみれば?やってみれば? | トップページ | 魔法が解けた »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月組公演『The Scarlet Pimpernel』ついに見ました:

« 書いてみれば?やってみれば? | トップページ | 魔法が解けた »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック