フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« たまるメール | トップページ | ファンキー・サンシャイン、CDも買っちゃったんだよね(^o^;) »

2010/08/07

東京宝塚劇場で気づいたこと

最近、東京宝塚劇場に観劇に行って気づいたことがあります。
ここ半年・・いや1年くらいか、男性の観客が明らかに増えています。

以前は、幕間にトイレに行くと、ほとんど人はいなくて、余裕だったのですが、今は行列ができることさえあります。

客席で見ていると、若い男女カップルがまず目立ちます。
このひとたちを観察していると、どうやら男性が女性を連れて来たパターンの方が多いように感じます。

また、勤め人の5~6人のグループに男性が複数で入っていることもあります。
これは、女性が職場の男性に宝塚の良さを説き、連れてきたのかも・・などとも思いした。

さらに驚くことに若い男性同士が(けっこうイケメンのかっこいい男性ですよ)、楽しそうに幕間に前半のミュージカルの感想などをロビーで語っているのも見かけます。

私が最初に見始めた頃など、気づくと「ひょっとして今劇場の中に男性は自分ひとり??」と感じることがありましたが、隔世の感があります。

これは古くからですが、年配の男女カップルも多く見かけます。

う~ん、これは・・・・・・・きっと良い現象です。
やっと男も、馬鹿みたいに仕事の話ばかりせず、人生を楽しむ人が増えてきたということなのかもしれません。
美しい男女の愛をまともに見るなんて、なかなか従来の男どもにはできなかったことです。

ただ、気になるのは、40代から50代前半くらいまでの男性が圧倒的に少ないこと。
要するに“仕事ざかり”の男といえる世代です。

このくらいの年代の人達(私も含まれる世代)が一番融通の利かない世代かもしれません。
仕事のことばかり気にかけ、人生が多面的でなく、まさに“一面的”!
奥さんにももっとも嫌われるタイプなのかもしれない・・と思うのです。

しかも、食わず嫌いというか、新しい世界への興味も薄そう・・・。

さあ、40代から50代前半くらいの男性の方々、舞台に足を向けてみましょう。
奥さんの興味あることにも気をつけてみましょう。
あなたの知らない人生の深みや、豊かさを見つけられるかもしれませんよ!(´▽`)

・・・それにしても、東京宝塚劇場には10代、20代、30代、50代後半から以降の男性が満遍なくいます。
驚きました。


【NowPlaying】 骨違い / 三遊亭円生 ( 落語 )

« たまるメール | トップページ | ファンキー・サンシャイン、CDも買っちゃったんだよね(^o^;) »

宝塚」カテゴリの記事

日々発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京宝塚劇場で気づいたこと:

« たまるメール | トップページ | ファンキー・サンシャイン、CDも買っちゃったんだよね(^o^;) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック