フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「銀ちゃんの恋」at相模大野 | トップページ | 久しぶりに寄席へ »

2010/09/29

長嶋さんの本がとても良かった

20100926_nagashima01


『野球へのラブレター/長嶋茂雄著(文春新書)』を読みました。
本屋で見かけてはいたものの、あの長嶋さんのことだから、「バーッときてビュッ、でもってビシッ」みたいな表現ばかりの本かと思い、買うのをためらっていたのですが、テレビ・BS11の「BookTV」で、とても良い本だと紹介されたので、ついに買ってしまいました。

で、読んでみたのですが・・・ほんとうに良い本でした。
それに、私は長嶋さんのことをかなり勘違いしていました。

イチローや、松井のプレイヤーとしてのとらえ方、人工芝野球への考察、グラブなどの道具への深いこだわりと考え方、特にメジャーリーグへの感心は並々ならぬものがあり、自ら監督をされていたときには、かなり参考にしていた部分もあったようです。
特にトレードや、FAについては、「ジャイアンツは何でも欲しがる」という当時の評判の裏に、実はもっと別の考え方があったことが綴られていました。
レジー・ジャクソンがヤンキースに入ったことを挙げて、沈滞するチーム状況をかき回すような選手が入ってくることでチーム状態は混乱するかもしれないが、結果として強いチームになったことが頭の中にあったとのこと。

クライマックス・シリーズや、その他プロ野球、世界の野球の将来についても、なかなかこれだけの考えをもった人はいないのではないか、と思いました。
それに、長嶋さん自身が夢中です、今でも野球に対して。

報道などでは、長嶋さんの“不思議な発言”のようなものだけがクローズアップされていましたが、実は裏にはしっかりとした考え方があって、長嶋さんが記者に説明しているにもかかわらず、報道されたのは面白おかしいところだけ・・・っていうのが本当のところだったのだ・・と、この本を読んで知りました。
「カンピュータ」などと揶揄された采配にも、実は思いつきなどではなく、長嶋さんの野球に対する、そしてファンに対する“攻め”の考え方からなされていたことだったと知りました。
それに伴う、長嶋さんの「セオリー」に対する考え方もとても興味深いものがありました。

それから、現役時代のことも、監督時代のことも、克明に記憶されていて、今、目の前で起こっていることのように振り返ったりもしています。

とにかく、面白いっ!!

野球好きの人には、今までにない、話題にしやすいエピソードや考察が記されています。
読んで見て(^O^)v


【NowPlaying】 天気予報 / NHK ( AMラジオ )

« 「銀ちゃんの恋」at相模大野 | トップページ | 久しぶりに寄席へ »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長嶋さんの本がとても良かった:

« 「銀ちゃんの恋」at相模大野 | トップページ | 久しぶりに寄席へ »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック