フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 朝帰りするとは・・・ | トップページ | 『田中一村・展』に »

2010/09/19

朝帰りしたらネコが・・・

20100918_newface01


前日の「朝帰り」の話を書いていたとき、実は問題が我が家で起きていました。
というか、私が前夜に飲んでいたときに、すでに「帰ったらサプライズがあるよ」というメールを受け取っていました。

家に帰ったら子猫がいました。

私が勤めに出たあとに、最近新しくできたうちの畑の隣の駐車場に、この写真の子猫が捨てられていたようです。

妻と長女はそれを我が家に連れてきてしまったわけです・・・。

私としては、常日頃から「もう今のサンド(ウチのネコ)以外に動物は絶対に飼わない」と言ってきたわけで、なんとか引取先を見つけろ、と言いました。
妻と長女は「ええぇぇぇぇっ、そんなぁ~」と、懇願するような態度に出たのですが、そうやすやすとは飼わないぞ、ということで、長男は携帯のメールに写真を載せて、友人達に飼ってもらえないかというメールを送り、妻は長女と行った合唱の稽古の場でもお願いしてきました、が・・・なかなか引き取り手は見つからない状況です。

困りましたねぇ・・・。

そんなことも知らずに、首輪まで長女につけてもらった捨て猫は元気に遊びまわり、サンドは怒り狂っております。
このあと、どうなることやら・・・・・・・・・。


【NowPlaying】 Lovely Rita / The Beatles ( Rock )

« 朝帰りするとは・・・ | トップページ | 『田中一村・展』に »

ペット」カテゴリの記事

コメント

はっPさん
おはようございます。
今から仕事なんですが、このかわいい写真に思わずコメント。(^^)
かわいいネコさんですね。
サンドくんは男の子だから、特に受け入れるまで時間がかかるかもしれませんね。
里親募集のHPもありますし、私の出入りしている猫ブログでも、どうしても見つからない時に記事を載せてくれるところがあるようです。
早く見つかりますように。
(どうしてもなければ、サンドくんの妹?or弟?に?・・・(^^;)

ymamaさん、おはようございます。
お仕事おつかれさまです。
引取先、決まりません(-_-;) 

長女は「まろん」という名前にしようとはりきり、長男はあまりの元気さと、まったく眠らないので「不死身」と呼び、私があいだを取って「富士見(ふじみ)・マロン」と銘々(^_^;)

って、名前まで付けちゃいかんですね。
まだまだ望みは捨てずにおります。

あら~かわいい~
子猫の可愛さには負けますね^^。
名前までつけちゃって、サンド君と仲良くなるといいですね。ってもうはっPさん家の猫みたい。

いい飼い主に巡り合うこと祈ってます!

みいさん、こんばんは!
きょうは、私、外に出ていたのですが、帰宅すると先ずはサンドが二階からズドドドドって降りてきて私に挨拶。
頭をなでているそのうしろを目にもとまらぬスピードで“富士見・マロン”が疾走していきました。
速すぎて見えなかった(^-^;
ほんとに元気のいいネコです。
長男は下宿に帰り、妻と長女がすっかり飼う気になっています
・・・(-_-;) 

捨て猫を拾って育ててしまう優しい管理人さま。
猫ブログ「ジュルのしっぽ」さんの最新の記事を是非ご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/jule2856
11/20から今回の動物愛護管理法改正小委員会の議事録を載せて下さってます。レジュメもあります。
ペットショップに来る犬猫の4割が「ペットオークション」を経てきているのは知っていましたが、実態についてはこんなにヤバイものだとは知りませんでした。
生体販売業界は死活問題なので今回は必死です。彼等も生活が掛かっているのはわかりますが同じ資本主義国の欧米でもこんな商売はないです。
幼少の生体を求める我々動物好き?が諸悪の根源だとしても、業界を法規制しなければ埒があきません。
パブリックコメントを求められていたのですね・・。知りませんでした。

ポンちゃんのファン さん、こんばんは!
コメントを読みまして、現状の問題を知りました。
つまり、そういう問題が発生していて、法改正の小委員会などが開催されていることも知りませんでしたし、パブリックコメントとして意見聴取されていることも知りませんでした(そもそも、このパブリックコメント自体が“言い訳”というか、“証拠立て”に使われていて、実際には「人知れず」実施されているのが現状だと思う)。

歌舞伎役者が酔っぱらって怪我をしたとか、させられたなんていうことを日がな一日放送するくらいなら、こういう問題を放送に乗せていくのが報道の役目だと思いますが、そういうことは絶対にしないでしょうね。もうからないから。なので、私はすでにテレビを平日は見ておりません。

今の私にできることは、拾ってきた猫を育てていくことくらいですが、ひょっとして、こうしてブログにいろいろと書くことで何かできるかもしれません。

少し考えてみますが、とても難しいことです。

はっPさん、お加減いかがですか・・・。
男性も過労でタイヘンなんですね・・・。
はっPさんの勤務先がどいうところか存じませんが、一般の職場では男性が優遇されていて女性が忙しく働いているという認識なもので・・・。という訳で、はじめははっPさんを女性だと思いました。失礼致しました!

さて、レスを拝見して涙が出そうです。楽しくもない堅い内容なのでスルーされるかなと思いました。(実はいきつけの猫カフェのオーナーにもメールしたのですが、反応が芳しくなくて、「展示」業の人も「販売」業の人と意識が変わらないのかなぁとガッカリしていたところです。)

日本のマスコミは自分等に都合の良いことしか報道しません。私は「マスゴミ」と呼んでいます。ネットで自分で集める情報の方が真実に近いと思っています。
社会問題の多くは一般人の「無知」によるものです。低い投票率。おまけに人生経験豊富な筈の世代がTVに出ている候補者の名前を書く。
「儲かればよい」「安ければよい」「なんでもアリ」・・・
今の日本人に一番欠けているのはモラルかもしれません。宗教が無い国民性も影響してるのかなぁ・・・。

ポンちゃんのファンさん、こんばんは!
ご心配ありがとうございます。
きょうも、会議だけ出て、その後の飲み会とその仕切りは若い人に任せて勇気をもってその場を去りました。体が大事、家族が大事です。

私が女性と思われていたようですが、私自身、普段から女性と行動を共にすることが多く、女性の考え方の方が私には合います。男は“威張る”ことと、“責任転嫁”にばかり頭がはたらき、そんな人と関わりになるのがほんとうにイヤです。

>今の日本人に一番欠けているのはモラルかもしれません。
そうかもしれません。このブログでも度々モラルのかけらもない人のことを書いているのですが、特に“自分さえ良ければいい”という人が激増しているように思います。
せっかく気を回して親切にすると、ひどい“アダ”で返されることもあります。

何が原因か・・というのは一概に言えませんが、でもこのブログでも他のブログでもその「一因」と考えられるような要素について、私も書いていますが、他でも見かけます。

う~ん、難しいです。


>男は“威張る”ことと、“責任転嫁”にばかり頭がはたらき、そんな人と関わりになるのがほんとうにイヤです。
目が点です。本当に男性ですか(爆)
老婆心ですが、勤務先での居場所を無くさないように気をつけて下さい。お子さんもいらっしゃるようですし。


ところで、銀座のポンちゃんは元気でいてくれました。
11日発売予定の「猫びより」に載るそうです。


ポンちゃんのファン さん、こんばんは!

>老婆心ですが、勤務先での居場所を無くさないように気をつけて下さい。
ほんとうに思っていることを言っているまでですし、いい人もたくさんいますが(残念ながらうちの社にはほとんどいなくて、関わりのあるよその社に何人もいる)、基本的に自分の仕事の範囲内でしかものごとの良否、善悪の判断ができないのが男の悲しいところです。
“居場所”は実際のところ、本社・千葉に無くなったので「東京に行って来い」ということになったのかもしれません。
おかげで“せいせい”した感じもありますが・・・。

ポンちゃん、元気でしたか。
金曜日にでも行ってみようかな。

金曜日、暖かいとよいですね。
というのも寒いと昼もお家でお昼寝ですし、夜の消灯も早いのです。彼女が暖をとれるのはホカロンだけです。10歳近いので寒い日はお家に入っていてくれないと困ります。
先日は、男性に日中にホカロンを入れて貰って寝ているところを引っ張り出されたそうで、ご機嫌斜めでした。
徐々に活動時間も短くなるのではないでしょうか。

ポンちゃんのファン さん、こんばんは!
きょう、帰りにポンちゃんのところに行こうかと思っていたのですが、外回りを終えて事務所に帰り、メールを見ると、・・・やっかいなものが何通かあって、処理しないと帰れない状況となり・・・断念しました。
来週半ばくらいかな、行ってみようと思います。
なかなか思い通りにはならないものです。
でも、ひとつ来週の楽しみが増えたといえば言えるので、まあいいかな。

はっPさん
銀座方面に行く予定がないのでポンちゃんに会えましたらレポお願いします(*^-^)

ところで、自宅付近の散歩コースに野良と思われる小さい子が複数居て気になっています。内1匹が女の子と確認できました。
TNRするにもご商売をやっている所ではないのでヒヤリングもままならず。
今回は協力者も情報も無いのが致命的。
飼養経験も捕獲技術もない者が首を突っ込むことはないですね・・・。

ポンちゃんのファンさん、ポンちゃんレポ了解しました。急な仕事が入らなければですが。

「TNR」・・・この意味がわからず、調べました。

Trap:トラップで野良猫を捕獲すること。
※トラップ(人道的な捕獲器)

Neuter:ニューター(不妊手術のこと)
※原則としてオスもメスも含まれる

Return:リターン(元の生活場所に戻してやること)
※Releaseが使われることもある

なんですね。
個人で動くと誤解やトラブルを招くと思いますし、何か別の動きをするしかないでしょうね。
町の問題でもあるのでしょうし・・・。

ポンちゃんのファンさん、おはようございます。
銀座、行けませんでした。
締め切りものの仕事が立て込んでしまい、そういう職場なので仕方ないのですが。
今年もあとわずかで、東京に行ける日も限られてきますので、今年中に行けないかもしれないなぁ・・・。
ポンちゃん、元気でいてくれるといいけど。
とりあえず今週銀座に行けなかったことの報告です。

はっPさん、わざわざ恐れ入ります。
それでは「猫びより」55号でもご覧下さい。
目玉記事になっています
ついでということではないですが、同誌59頁には三鷹の招福猫クロちゃんの記事も載っています。
お馴染み猫でした。宝くじとの関係を知らず1年ご挨拶していました。個人的には名物猫と知った途端の訃報で驚きが大きかったですが、ふた月近く経った今も寂しいです。知っている子の訃報は哀しいです。

ポンちゃんのファンさん、こんばんは!
「猫びより」楽しみに見てみますね。
三鷹のクロちゃん、知りませんでしたが、そちらも気になります。
きょうは、ちょっと遠くまで出かけて、中学時代の担任の先生に会って来たのですが、それについてはまたこのブログ本文でご紹介します(^^)/

猫のヨタ話です。
別宅の近くの地域猫Uちゃんが姿をくらましたことが頭から離れません。餌やりさんの1人によるとひと月半とか・・・。お迎えが来たか拾われたかでしょうね。「待つしかないね」と言った餌やりさんを差し置いて捜索するのもなんだかなぁと何もしてませんが、見殺しにしてしまった様でスッキリしません。
Uちゃんは個人的に猫派になったキッカケの思い入れのある猫。小さい小さい小路で生まれ育ち、某店舗に潜り込んで昼寝したり、本当に自由気ままに生きていました。世話は小路の方にお給仕はお任せして時々挨拶に行く立場です。
小さい時にビビリでなければ野良はやっていない美女です。性格もおっとり。地域猫も悪くないとは思ったけれど責任の所在と所有権という面では問題あります。ましてや、餌やりさんのひとりが非常にナーバスで人間関係が非常に難しい状況。もっと良い環境の所が見付かればそれに越したことはないと今は思えます。
はっPさんも猫ちゃんを脱走させない様に気を付けて下さいね。

ポンちゃんのファンさん、おはようございます。
我が家にも、何匹か訪問してくる猫がいます。
過去にも何匹もいましたが、ぜったいにその猫の意に沿わぬことをしないように、“好き”にいてもらうことを心がけています。
ほんとうにお腹が空いているようであれば、何かやりますし、ただそばにいて欲しいようであれば、近くにいて一緒に景色を見たりしています。
そのうちに来なくなったりしているのです。
猫には自由に生きてもらうのが一番かなと、思います。
お話の猫さんも、どこか場所を変えて新しい生活をしているかもしれない、と思いました。外を歩いていれば、ひどいことを突然するような輩もいるし、猫の生活も大変だと思います。
いなくなった場合は、いい方向に考えるしかないでしょうね。

お慰め有難うございます・・・。
久し振りに「100万回生きたねこ」を開いてみて、人間が大事に飼ってあげることが必ずしも幸せとは限らないのかな・・と思いました。
とにかく、何処に居ようがUちゃんが穏やかでいてくれれば良いです。

そうそう、知人が数日前ポンちゃんに会いました。元気みたいです。

ポンちゃんのファンさん、こんばんは!
ある日ふっといなくなってしまった猫に、遠く離れたところでばったりと遭遇することがあります。

そんなとき、「今は、こんなふうにしてるの。見てみないふりしてね。」って感じで素知らぬ顔をしたりするのです。

猫は猫なりにいろいろと自分を変えて新しい生活を見つけたりしているものです。

ポンちゃん、元気で良かったです(^-^)

はっPさんはもうそろそろ仕事納めでしょうか。
3月が年度末の会社が多いですが、一年ご苦労さまでした。

「猫派」歴4年。まだまだ猫については初心者です。
来年も出逢いと別れを幾つ経験するのかなぁ・・・。

ポンちゃんのファンさん、おはようございます。
私、お察しのとおり昨日28日が仕事納めでした。
お互いに一年間、おつかれさまでした。
今年もいろいろなことがありました。
それについては、このブログでまたふれようかと思っています。
年内は一年間の疲れを取るために少しおとなしく静かにしています。

>「猫派」歴4年。まだまだ猫については初心者です。
私、犬も飼っていたこともあるし、どちらもOKなのですが、最近はこんな田舎でも犬の散歩をさせる人達の
マナーがどんどん悪くなり、犬はいいが、飼い主にひどい人が多いと感じているところです。

はっPさん、お休みできているでしょうか・・・。

>こんな田舎でも犬の散歩をさせる人達の
マナーがどんどん悪くなり、犬はいいが、飼い主にひどい人が多いと感じているところです。
そうなんですか!
ウンチのことですね。田舎だと犬も大きいでしょう。
都内有数の高級住宅地でもそう感じます。都心で大型犬を飼えるのはそこそこの資産がある人の筈。野良猫の扱いにしても「人徳」は資産とは比例しないですねぇ。
考古学者の吉村センセによれば、日本人は規制強化しないとどうしようもないと言います。


ポンちゃんのファンさん、こんばんは(^o^)
お休み・・できていますよ。きょうはちょっと宿題を片付けたりして午前中は仕事モードも入ったのですが。

ペットを飼うということについては、規制も必要かと思いますが、最終的には「民度」の問題ではないかとも思います。

ようするに、ペットの問題ではあるけれど、その他の場でも“同様のこと”は発生していて、規制していってもそれは仕切れるものではないのじゃないかと・・・。

電車内で飲んだ飲料の紙パックやボトルをそのまま降りるときに座席に置いていく人などが増えていて、犬のフンの始末などをしろといっても、自分の始末もできない人には、何のことだかわからないでしょう。
それほどマナーというレベルを超えてひどい人は今、大増加中です。
それでも人かと思いますが(まさにひとでなし??)、人として最低持つべきものを持たねばどうしようもないのでは、と思います。

吉村センセは「戦後の教育に問題があった」と指摘します。
子供が居ない者が言える立場ではありませんが、モンペアは私より少し下の世代ですし、今は子供より親を教育しなければならないですよね。
一方、自分では受けた教育がそんなに酷かったという自覚がないのですが・・・。

ポンちゃんのファンさん、こんにちは。
ただいま大掃除、一段落して部屋に戻ったところです。
モンペアっていうのは、「モンスターペアレント」のことですね。
その世代は、団塊の世代を下限にした世代を親に持っているくらいの時代背景でしょうか。
それよりもちょっと下か・・・?

いずれにしても、吉村先生のおっしゃる“戦後教育”で育った人達であると思います。

戦後、占領軍によって、家族は解体の方向に向かいました。先ずは戸籍を夫婦単位にして家族崩壊を狙います。学校教育では、「個性(そんなもんやたらにあるものじゃないのに)」優先、自分優先の生き方を教え、家族(親、兄弟、祖父母など)を大切にすることについては、絶対に教育の場に出さないようにされました。
現在では、民主党が夫婦別姓を狙い(この党に一番、戦後教育の洗礼を何の疑問も持たず、真に受けた人が多いと思う)、それが目出度く法制化されれば、当時のアメリカが狙っていた日本の戦前からあった体制の崩壊が完了です。夫婦間でも、ビジネスライクな「契約」関係が成立です。
人に責任を押しつけはするが、自分では人のため、社会のため、家族のため、何の行動も起こさない人の社会がこれからの行く末であろうと思います。
・・・こんなところでしょうか。掃除の最中なので頭がうまく回りませんでした。

何もしなくても年は明けるものですね(笑)

戦後教育の分析、恐れ入ります。私は戦後教育の洗礼を何の疑問も持たずに真に受けた口ですねぇ。
戦前教育というのは家父長的、軍国主義的なイメージがあります。学生時代はフェミニズムの本をかなり読んだ記憶がありますし。
戦後教育の「何が」いけなかったのかは私にはわかりかねますが、「礼」というものを教えて来なかったというイメージはあります。

年明けから味気の無いコメントでスミマセン。
ペットも人間も心身に苦痛の少ない年になりますよーに。

あけましておめでとうございます。
猫中毒さん・・はポンちゃんのファンさん?

私も戦前教育を受けたわけではありませんが、いろいろな書物を読むと、戦前は“真っ暗”だったというようなこともなく、人々は明るく暮らしていたようで、何もかも軍国主義一辺倒というわけではなく、人そのものは何ら現在の人と変わりないわけで、誰だって戦争はいやなものだったと思います。

「道徳的な教育が軍国主義と結びつく」という刷り込みが戦後教育最大の目的であったと、“私”は思います。

あと、男の世界はほとんどくだらない足の引っ張り合いなので、女の人はその馬鹿な世界には入らず、独自の考え方と世界を作り上げた方がなんぼか良いと思います。

>年明けから味気の無いコメントでスミマセン。
たしかに、ちょっと味気ないです。

私、けっこうこのブログ、さまざまなテーマでもって更新していますので、そちらにもコメントいただけたらと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝帰りしたらネコが・・・:

« 朝帰りするとは・・・ | トップページ | 『田中一村・展』に »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック