フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 少しだけ良い方向に | トップページ | 東京での職場二年生会に出席 »

2011/03/08

迷路に迷い込みそうなとき

20110307_maze01


昨日、私の悩みのことについて書きましたが、今までだったら職場でも、家庭でも、唯々苦しみ、何も手に着かず、焦り、どうにもならなかったと思います。

しかし、以前過酷な経験をした自分自身が、自分を見守ることになりました。
迷路が大きな入り口を見せていたのですが、昔ならそれでも「ままよ」と飛び込んでしまったかもしれませんが、立ち止まることができました。

落ち着いて、先ずは「今までどおりの仕事と生活をすること」、「ここ数年、自分の心を支えてくれた“観劇”等の心を打つようなものには進んで出かけて、勇気や心の優しさを得ること」、「自分にとって“友達”と会話するような行為である“読書”をやめないこと」を心がけました。

家族に対しては、「今まで通り心からの会話と居心地を保つこと」について肝に銘じました。

それで一ヶ月の“形だけ”かもしれませんが、日常の自分を毎日取り戻すことができたように思います。
でも、辛かった・・・。

まだまだ事態が良くなりつつあるだけなので、上記のことをいつも自分に言い聞かせて日々過ごそうと思います。
決して油断せずに。


【NowPlaying】 ニュース / NHK ( AMラジオ )

« 少しだけ良い方向に | トップページ | 東京での職場二年生会に出席 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

はっPさん、こんにちは。

人は人で傷つき、人で癒されるものですよね。
出会いも別れも意味があって、必然なのだと実感しています。次のステップに上がるときには、別れも必要になりますし、苦境の時に傘をさしかけてくれる人とそうでない人も、雨が降らねば分かりませんよね。

私も今、一つお役を引き受けました。
対決しなければならない場面も想定されます。
期待し過ぎると腹が立つから余分な期待はしません。でも諦めずに、雨の時に傘をさしかけてくれる人を探し、手を組んで行こうと思います。

無理し過ぎず、ですね、お互いに。(^^)

ymamaさん、こんばんは。

>雨の日に傘をさしかけてくれる人
必ず今までもいました。
諦めずに何とかやっていると、現れてくれたように思います。・・・それが意外な人だったりもしました。

それに、こうしてブログという世界の中でも素晴らしい言葉をかけていただけるのは、私にとって、とても幸せなことです。

雨が降ったときに初めてわかることもあるわけで・・・。

明日も何とかやっていけそうです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷路に迷い込みそうなとき:

« 少しだけ良い方向に | トップページ | 東京での職場二年生会に出席 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック