フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 外房の人達は帰れなくてもいいのか | トップページ | 長女が買った色鉛筆 »

2011/03/18

たまには明るい話題でも

20110309_yukitroup01


防寒具に身をくるみ、暖房オフで過ごしています( ̄□ ̄;
たまには、宝塚の話題に振ってみましょう。

雪組「ロミオとジュリエット」は、ジュリエット役が、舞羽美海さんと、夢華あみさんのダブルキャストになっていて、両パターンを見ようとチケットを2回分取っていました。
結局、夢華あみさんが途中から休演ということになって舞羽美海さんのジュリエットを2回観ることになりました。


震災前に行って来たのですが、こんなことになってアップすることができませんでした。

前回から約二週間経っていたのですが、やはり進化の度合いは大きいと感じました。

舞台全体が非常にスケールアップされていると感じました。
それに、各々の歌も格段に良くなっていました。

個々の話でいくと、舞羽さんは、前回は“精一杯”な感じでしたが、今回はある程度自分の歌や演技を意識しながら演じている感じがしました。少し余裕が出て来たようでした。短期間でかなり周りが見えてきたようです。
なかなかのジュリエットに進化していました。

早霧せいなさんは、“ちから”の入れどころを心得たようです。観客を引っ張ることができていて、今回の演目でひとまわり大きくなられたと思います。

未涼亜希さんは、前回遠慮がちだったように感じましたが、自分の役どころを自分なりに咀嚼して、未涼さんのベンヴォーリオを巧みに演じていました。・・でも、まだ遠慮があるように見えました。もっとぐいぐい組を引っ張るくらいでもOKなのに、とも思ったのですが・・・。

ティボルトの緒月遠麻さんは、さらにパワーアップした感じ、いいよっ!
ティボルトを自分の方に引っ張り込んで、存分に演じているように感じました。

沙央くらまさんは、「乳母」という難しくも、やりがいのある役を見事に自分なりの「乳母」役に昇華させていて、前回との比較でいうと、一番伸び率が高かったと思います。
ソロもあるし、お客さんの視線を自分だけに引きつけて“いい演技”と歌を見せてくれました。とてもいい!!

一樹千尋さんは、もう“男”にしか見えないですけど・・(^o^;)・・妻に「愛したことなんてない」などと言われつつも、重要な役を流石の演技で見せつけてくれました。

晴華みどりさんのキャピュレット婦人も非常に良くて、この方をはじめ、皆が大きく成長し、スケール感のある舞台がさらに強力になっていました。

「愛」と「死」の両極の象徴となった大湖せしるさんと、彩風咲奈さんは、さらに素晴らしく、二人ともこの“いい役”をさらにいい役にして、ミュージカル全体を非常にクオリティーの高いものに感じさせてくれたと思います。今回のMVPかも。

さて、主役の音月さん、歌もさらに力強くなり、舞台の様子も見えているように思いました。
通常のロミオとジュリエットというミュージカルなら大合格点なのですが、宝塚はトップが組をぐいぐい引っ張って初めて観客もぐいぐい引っ張られるという特殊なものなので・・・。
もうひとつ、そこまでの領域には達していないか、・・と思いました。とてもいいんですよ。いいんだけど、そんな感じなんです。


20110309_yukitroup02


で、今回途中休演になってしまった夢華あみさんのジュリエットは、私の職場の“心配性の天使”しか実際に見ることができませんでした。
天使の話では、歌が非常に良く、軽々とディズニーのお姫様のように歌っていたらしいです。
しかも、音月さんとの“ハモり”の部分は、「久しぶりの快感」を感じさせるくらいのものだったとのこと。

ただ、台詞が無い部分や、舞台の中心が自分から離れているような時に、所作に油断があるとも言っていました。
実は、私も日本青年館で見た「初めて愛した」のときに、同じことを感じていました。
自分にスポットが当たっていない時に、まだ指の先まで神経がいっていないのです。これは、年月を経て初めて得られるものだと思うので、これからです。

ウチの天使の話では、夢華さん復帰したようです。何よりです。
せっかくの才能をつぶしてしまっては何にもならないので、劇団には、うまく扱ってもらいたいものです。

一時、噂では、夢華さんの休演の案内看板が出ていないとか、キャトルレーヴ(劇場にある売店)から夢華さんの写真が撤収されているとか、その他いやな話が耳に入ってきました。たぶん噂だけだったのだと思いますが。

でも、夢華さん、私のように応援している人はたくさんいると思います。
素晴らしい歌と、伸びやかな姿態、元気で次の公演も見せていただきたいと思います。
がんばれっ!


今回の「ロミオとジュリエット」宝塚ファンはもちろん、それ以外の方にも楽しめて、しかも現代的な楽曲を歌いまくる素晴らしいミュージカルになりました。
宝塚が誇っていいことが、またひとつ増えました。

震災のこともありますが、人はこうした宝塚の舞台を見て元気が出たり、「明日もがんばろう」などと思うものです。
今公演最後の週は、チャリティ公演になったようですが、ぜひとも私達に“がんばっている”美しさを見せてほしいです。阪神淡路大震災のときも、宝塚はまさに被災地でありましたが、そうしてがんばっていたと思います。
今回も私達に力強い乙女の美しさを見せてもらいたいと、強く思いました。


【NowPlaying】 ニュース / NHK ( AMラジオ )

« 外房の人達は帰れなくてもいいのか | トップページ | 長女が買った色鉛筆 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまには明るい話題でも:

« 外房の人達は帰れなくてもいいのか | トップページ | 長女が買った色鉛筆 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック