フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« どう考えたらいいんだろう・・・ | トップページ | 雪組「ニジンスキー」日本青年館公演 »

2011/05/16

『 バラの国の王子 / ONE 』二度目を見て

前回は、この演目に対して、辛口な批評をしました。

今回はあれから一週間。
舞台は日々刻々変わりますが、どうなったでしょうか。

先ずはバラの国・・・、変わりました。
私の初回観劇のあとにご覧になった豊橋市のKさんのご意見では、野獣役のきりやん[霧矢大夢(きりや・ひろむ)]さんの家臣たち(今回は動物に姿を変えられている)の動き、特にフォーメーンションが素晴らしかったとのことでした。
たしかに、見事でした。前回は、ストーリーを追うことに気を取られたのか、そこまで気づいていませんでしたが、素晴らしいと思いました。

さらに家臣たちの、特に明日海りお(あすみ・りお)さんの微妙な手の動きや、表情。舞台への視線の中心が自分にいっていなくとも常に神経細かく演技されていて、家臣達の演技は特筆されると感じました。

蒼乃夕妃(あおの・ゆき)さん演じる美女役、ベルは、前回よりも人物像に明らかに深みが増しました。
蒼乃さんにはいつも感じるのですが、自分の役に対する解釈、作り込みには舌を巻きます。
表情も非常に豊かになり、ベルのまっすぐで、しかも愛情深い、さらに弱さとともに強さを感じさせる部分はなかなかのものだと思いました。

主役・野獣のきりやんも、前回観劇後は“きりやんの美女と野獣になっていない”などと失礼なことを書いてしまいましたが、この二回目の観劇では“きりやんのもの”になっていました。
つまり、何度かこのブログでも書いていますが、きりやんの場合は、舞台上の家臣たちも、客席のファンも自分の魅力についてこさせる何かがあるのです。
今回はそれがバッチリです!

良い舞台になっていました。前言(前のブログでの発)は、ほぼ撤回いたします。

星条海斗さんと、憧花ゆりのさんの“悪姉”コンビは、その日も全開でしたが、こういう“ウケる”役というのは、何度も来ているお客さんにもさらに笑ってもらわねばならず、どんどん毒を効かさないといけなくなるのが大変だと思います。ちょっとやり過ぎくらいになっていましたが、まあ仕方ないですね(^_^;)

で、ミュージカルが終わり、幕間にロビーに降りると瀬奈じゅんさんが目の前にいてびっくり!
ああ・・と思っているうちに、プログラム売り場横の出入り口から楽屋側に休憩脱出。

ショー「ONE」の方では、やはり練られてきたと強く感じました。
前回観劇時の、“軽い”感じはなくなっていて、強い圧力を舞台から感じるくらいでした。

・・・そうかっ!!
元同じ月組の、しかもトップスター、瀬奈さんが舞台の真ん前で見ているんですものね、そりゃミュージカルもショーも気合いの入り方が違うってもんですよね。

というわけで、明日海さんも若手達と銀橋に出て来たときに、歌詞を「瀬奈さんがイチバン」などと変えて歌ったりしていて、そのときに観客が「瀬奈さんがいる」と、どよめきました。
さらに、いつものきりやんの「私の夢は」のところでのアドリブは、「私の夢は、本日ご観劇の瀬奈じゅんさんが出演するミュージカル・三銃士のダルタニアン役をやることです」と言って、もちろん“めちゃウケ”でした(*^_^*)

桐生園加さんのダンスも前面に出て、まさお[龍真咲(りゅう・まさき)]くんと、みりお[明日海りお(あすみ・りお)]さんのちょっとファニーなシーンも楽しく、イチバン・コーナーも、ど派手に、ユニコーンのシーンも情感たっぷりにトップ二人が演じ、宝塚男役最大の“売り”である「黒燕尾」でのダンスも見事に決まり、前回よりも更に高得点でした。

ちょっと一回目は辛口気味に書いてしまった今回の月組東京公演、今回の感想はグッドです。
月組については、またこのブログで書こうと思っています。
それではまたこのブログで。


【NowPlaying】 輝く星になって / ティム・ハーデン・トリオ ( Jazz )

« どう考えたらいいんだろう・・・ | トップページ | 雪組「ニジンスキー」日本青年館公演 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『 バラの国の王子 / ONE 』二度目を見て:

« どう考えたらいいんだろう・・・ | トップページ | 雪組「ニジンスキー」日本青年館公演 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック