フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 連休まっただ中の一日 | トップページ | 我が家は5年後に“園加まつり” »

2011/05/03

宝塚リハビリ期も終わりそうです

2008年に地元千葉出身の水夏希さんトップお披露目公演「エリザベート」を観て、その年に三本宝塚を見たのをきっかけに、翌年月組の瀬奈じゅんさんの「ミー・アンド・マイ・ガール」からは、堰を切ったようにそれまで十年以上ご無沙汰だった宝塚を再び見るようになりました。

まさにリハビリ期間でした。
トップスターも誰だかわからないうちに、やっと各組トップ二人を覚え始めるとすぐに退団発表があったりで、当初は何がなんやらわからない状態が続きました。

ここにきて、やっと各組の様子がわかってまいりました(^-^;

一番最近見たところでは、雪組は、水さんの退団前後に大量に退団者が出て心配いたしましたが、「ロミオとジュリエット」の舞台を見て、そして「黒い瞳」の全国ツアー公演を観て、意外や層の厚さも見えてきました。
晴華みどりさんのや未涼亜希さんを見ていると安心するし、早霧せいなさんや緒月遠麻さん、沙央くらまさんらがいい位置に居て、しかも大湖せしるさんや彩風咲奈さんなども、リハビリ中だった私が見ていても急成長しているように感じます。

その前に見た花組は、残念ながらトップスター・真飛聖さんが退団されましたが、宙組から元花組の蘭寿とむさんが組替えでトップに就任されるということで、あの気高く、品のある蘭寿さんがどういうトップになるのか、また楽しみが出てきました。
しかも、お披露目の演目が「ファントム」とのこと。期待は高まるばかりです。
真飛さんの花組はまさに充実期を迎えていたように思いますが、その花組がどういうふうに変化していくのでしょうか。
いい時期に宝塚リハビリをしてきたと我ながら思います。

その他の組も興味が尽きません。

これからも宝塚観劇については、このブログで報告していきます。
けっこうリピーターとなって見に来ていただいている方もいらっしゃるようなので、私も気合いが入ります。

今後とも、このブログ見てやってください。
とりあえず、次は月組の「バラの国の王子」から見たいと思ってます。
私にひきずられ、長男も長女も一緒に見に行ってくれることになりました。
楽しみです!


【NowPlaying】 West 42nd Street / Wilbur Harden , John Coltrane ( Jazz )

« 連休まっただ中の一日 | トップページ | 我が家は5年後に“園加まつり” »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚リハビリ期も終わりそうです:

« 連休まっただ中の一日 | トップページ | 我が家は5年後に“園加まつり” »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック