フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 自分への戒め | トップページ | 悪いことのあとにいいこと »

2011/06/12

後悔先に立たず・・って本

20110611_senda01


『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉/千田琢哉著(かんき出版)』という本を東京駅の本屋さんで先週見つけ、気になっていて・・「どうせ手遅れじゃん」と思いつつ、買ってしまいました。

だって、気になることばかり書いてあるのです。
で、結局きょうのタイトルどおり、「後悔先に立たず」ってことになるわけです(^o^;)

20代向けの言葉ですから、けっこう“いけいけ”なところもありました。
「路線から降りよう」としたら、もう駄目だ・・みたいなことも書いてありますが、とっくのとうに路線から降りた私は“もう駄目”なわけです。

ま、それはさておき、ちょっと気になった言葉などを思い出してみましょう。

○世の中に楽しい仕事というものが存在するわけではない。
 楽しそうに仕事をしている人がいるだけだ。
・・・そういう人を目指した本です。私は、時々楽しそうに仕事をしている(^_^;)ので・・どうなんでしょ。

○Time Is Life 遅刻は、殺人と同罪。
・・・大富豪が最後に望むのは不老不死、永遠の不死である時間に他ならない、って言っています。
遅刻は待っている人たちの命を奪ったことになる、とも。
最近は、ケイタイを皆が持っているせいか、ぎりぎりの時間に連絡が入り、遅刻してくる人も多いです。
それは、つまり待たせた人の時間=命を奪っていることに。

○100点目指して期限切れより、0点でもいいから前日に提出。
・・・これもよく経験させられました。えっ、きょうまでって言ってたじゃない、きのうも大丈夫って言ってたよね。
なんてことは何度も。私自身の反省も込めて期限は火事場の馬鹿力の手も借りてなんとか守りたい。

○旧友からの突然の電話があれば、それは借金の話だ。
・・・これは、私がこの本を読む前からそう思っていたことです。
親兄弟や親戚も見放しているようなヤツだから、友達に金を借りようとしているわけです。
もちろん踏み倒すつもりですから、もともと友達ではないのです。
私だったら、きっぱり断るか、貸すとしたら、お金はあげて、友達というのをやめます。それっきりということ。

この話をこのあいだしていたら、友達だったら○十万円なら貸す。それが友達というものだ、という意見を聞かされました。友達がいないんじゃないの?とも言われました。
・・幸せなひとです。○十万円貸してください。


【NowPlaying】 愛のさざなみ / 島倉千代子 ( 歌謡曲 )

« 自分への戒め | トップページ | 悪いことのあとにいいこと »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

仕事で生き生き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後悔先に立たず・・って本:

« 自分への戒め | トップページ | 悪いことのあとにいいこと »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック