フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 組本を知っていますか? | トップページ | 『鼓笛隊の襲来/三崎亜記著』を読みました »

2011/07/26

「フィルム/小山薫堂著」読みました

20110725_kundo01


『フィルム/小山薫堂著(講談社文庫)』を読みました。
著者は、「カノッサの屈辱」「料理の鉄人」などの放送作家として有名な方です。

短編小説集なのですが、どれもちょっと不思議で、ちょっといい話、そしてけっこうオシャレな感じの設定が多く、あまり所帯じみたような話はなく、さらにラストにぐっとくる感動が散りばめられ、面白くてあっという間に読み終えました。

深夜に彼女とケンカして彼女の家を飛び出したが、住宅街で道に迷い、表通りを探すうちに、民家の中に不思議なカレー屋を発見。そして、そこのマスターとのやり取りの中から彼女ともう一度ここに来てカレーを食べてやり直そうとする、普通、小説にはならないような展開の話も面白く読みました。

映画「おくりびと」の脚本も手がけた作者の「フィルム」という話は、おくりびとを彷彿とさせる内容で、記憶にない父親の死を知らされて、とまどいつつも父の遺体と向き合い、自分の知らなかった幼少の頃の記憶や、当時の様子がよみがえってくる、いい話でした。

さらに、「セレンディップの奇跡」という話は、突然自分の誕生日に長年付き合った彼女から振られるストーリー。次々と偶然とは思えないくらいの出来事が続き、結局“ついていない”ことばかり。
小さなビストロで、かつて申し訳ないことをした昔の友人のことを思い返していると、その後の展開が信じられない感動的なストーリーになってしまい、さっきまでの何の意味も無さそうだった行きずりの人たちが実は・・・という、ネタばれが危惧されて面白すぎる内容を伝えずらい一編、などなど・・・。

これはいい本でした。
読んでいるうちに、感動が少しずつ沁みだしてくるようで、その他の短編もどれも面白いものでした。

ちょっと素敵で、さわやかで、涙がちょっとだけあふれる、そんな本でした。


【NowPlaying】 Let It Bleed / The Rolling Stones ( Rock )

« 組本を知っていますか? | トップページ | 『鼓笛隊の襲来/三崎亜記著』を読みました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「フィルム/小山薫堂著」読みました:

« 組本を知っていますか? | トップページ | 『鼓笛隊の襲来/三崎亜記著』を読みました »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック