フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 昔の職場に行き・・・ | トップページ | この「最中」は・・??! »

2011/08/11

ビブリア古書堂の事件手帳

20110803_enmikami01


『ビブリア古書堂の事件手帳/三上延著(メディアワークス文庫)』を読みました。

いやあ、面白かった。
鎌倉の片隅でひっそりと営業している古本屋、店主はその古色蒼然とした店のイメージとは似つかわしくない、“若くてきれいな”女性。

現実に存在する古書を物語中に登場させ、奇想天外な古書と人間模様の絡みが絶妙で、一度読み始めたらぐいぐいと引き込まれ、あっという間に読み終えました。
その面白さに、読み終えるのが惜しいくらいでした。

せどり屋という、古書の背表紙を見て、掘り出し物を手に入れて売りさばく珍しい職業の男なども登場しますが、それぞれが事件に絡みついて、様々な人間模様を描き出し、さらに、この古書店に、なぜか勤めることになってしまい、店主の女性にひかれていく男性(主人公)と、店主の美しい女性が事件の謎解きをしていくのがとても良いコンビネーションで、わくわくするのです。

スピーディーで、理路整然とした女性店主と、ちんぷんかんぷんの男性店員(主人公)の奇妙なコンビが、この小説の魅力をさらに増しています。

最近読んだ本は、どれも“当たり”です。これももちろん!d(^_^o)

またまたオススメしちゃいます!


【NowPlaying】 God Bless The Child / Sonny Rollins ( Jazz )

« 昔の職場に行き・・・ | トップページ | この「最中」は・・??! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

偶然にもこの本を買おうかどうしようか考えていたので、読書感想文が読めて嬉しいです。

注文します。有難うございました。

通勤が長いと本は手放せないですよね!

hanihaniさん、こんばんは!
おひさしぶりです。
本はまさに“通勤の供”です(^-^)
この本、おもしろかったですよ。
最近、宝塚どうですか?ご覧になっていますか(*^^*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビブリア古書堂の事件手帳:

« 昔の職場に行き・・・ | トップページ | この「最中」は・・??! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック