フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« ビブリア古書堂の事件手帳 | トップページ | 結局、気持ちがラクにはならなかったが、読んでみた »

2011/08/13

この「最中」は・・??!

20110812_seppukumonaka01


昨日の事務所への差入れ・・餡がはみ出している最中(もなか)でした。

名前を見ると・・(。。)「切腹最中」とありました??
たしかに、お腹は・・こんな状態。

新橋にある(現在区画整理中の虎ノ門あたり)「新正堂」という老舗の和菓子屋さんのものでした。

お店が「忠臣蔵」の起こりとなった浅野内匠頭がお預けになり切腹された田村屋敷跡にあるのだそうです。

「忠臣蔵」にまつわる数々の語りぐさがこの菓子を通じて、お客様の口の端にのぼればという思いを込めた商品・・だそうです。

たっぷりの餡は、結晶の大きな純度の高い砂糖を使用し、求肥(ギュウヒ)入りの、甘さをおさえたさっぱりした味です。

というわけなのですが、甘さを抑えても、餡の量は“立場上”抑えきれず、はみ出ていますので、かなりなボリュームでした。美味しいんですけどね(^o^;)


20110812_seppukumonaka03


入っていた袋も、もちろん「忠臣蔵仕様」。
これをお土産に持っていったときのインパクトはかなりなものだと思います。


20110812_seppukumonaka02


さて、これをどんなときに誰に持っていけばよいのか?

聞いてなるほどと思ったのが、仕事上で失敗、申し訳ないことをしてしまった相手方などにこれを「腹かっさばいた」つもりになって“お詫び”として持参するのだそうです。

ま、相手が“洒落”のわかる、寛大なお方であった場合には目出度く“シャンシャン”というわけですが・・・。

なんか、政治家の秘書とかが使いそうな予感もいたします(~_~;)

ええ~・・みなさまもご進物にいかがでしょうか(^_^;)


【NowPlaying】 サヨナラ模様 / 伊藤敏博 ( 歌謡曲 )

« ビブリア古書堂の事件手帳 | トップページ | 結局、気持ちがラクにはならなかったが、読んでみた »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この「最中」は・・??!:

« ビブリア古書堂の事件手帳 | トップページ | 結局、気持ちがラクにはならなかったが、読んでみた »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック