フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« びっくりな発想!! | トップページ | 満つれば欠くる »

2011/08/25

宝塚トップお披露目について少し考えた

20110825_takarazuka01


今夜はマニアック過ぎる話題なので、悪しからずご了承願います。

このあいだ、うちの事務所の宝塚ファンである女神と、天使とも少しお話をしたのですが、最近の宝塚各組のトップスターお披露目公演の演目について、私の思っていることを少し書いてみます。
あくまで私が思っていることなので、必ずしも共感を得られるとは思いませんが、ひと言。

今回、花組の蘭寿とむさんのお披露目公演(まだ一度しか見ていない、さらにもう一度見る予定があるので感想は少し変わるかもしれないが)を見まして、私は蘭寿さんのファンであるにもかかわらず、「いまひとつ」の印象を受けました。

あれほど宙組で苦労して、大空さんのもとで二番手として申し分のない働きをしていたにもかかわらず、今回のファントムは、オペラ座の“怪人”と呼ぶにはあまりにも“さわやか”な印象・・、これに違和感を感じました。
二番手の壮さんが、圧倒的なジェラルドを演じている中で、・・・どうしたことだろうか・・と思ってしまったのがほんというと正直なところでした。

ここで、トップお披露目の演目についてですが、蘭寿さんにはもっとふさわしい演目を新作でやったらどうだっただろうかと思ったのです。
蘭寿さんに似合う演目でショーもある、レギュラーな公演にすれば、間違いなく素晴らしい舞台をやり遂げたのでは・・と思ったのです。
普通の宝塚、それを蘭寿さんが演るのを見たいのです。ファンは。だって、それを待ち望んでいたのではないでしょうか!

最近のトップお披露目は、かなり大作で“一本もの”が多く、水夏希さんの「エリザベート」、柚希礼音さんの「太王四神記」、大空祐飛さんの「カサブランカ」、霧矢大夢さんの「スカーレットピンパーネル」、音月桂さんの「ロミオとジュリエット」などです。

正直言って、大成功は大空さんの「カサブランカ」のみ。
・・これは大空さんの長年の経験とご本人が培ってきた組をまとめる能力が最大限発揮されたもので、大空さんの実力が既にトップスター何年か分の経験があったと見るべきだと思いました。

霧矢さんの「スカーレットピンパーネル」は、“成功”。
これも、霧矢さんの実力と、作品への理解力によるもので、あらたな解釈により、安蘭けいさんとは別のピンパーネルを作り上げる実力があったればこそのものでした。要するに経験がものを言っていしまた。それでも“大”は付かない「成功」だったと思います。

でも、水さんの「エリザベート」は、申し訳ないが及第点。
もっとトップスターを経験してからの方が絶対に良かったと思うのです。本人にしてもそう思ったのではないでしょうか。水さんの魅力がたっぷり味わえるミュージカルとショーの二本立てで、ファンに“やんや”と言わせるべきだったんじゃないか、と今でも思います。

柚希さんの「太王四神記」は、花組のそれと比べると“今ひとつ”の印象がありました。
これも、いくつかの演目を経てからならば、・・要するに“今”なら、きっとスケールの大きいものになっていたに違いありません。

音月さんの「ロミオとジュリエット」については、私の見方ですが、“作品力”に頼っていた感がありました。
音月さんは、自分のトップとしての演技と歌唱で目一杯な印象で、組全体にまで目が届いていたようには見えませんでした。いきなりの大作なので、無理もないことです。しかも二番手経験はほとんど無しでこの大作です。

歌劇団としては、期待の“新トップスター”に大作を演じてもらって、集客力アップをねらっているのだと思いますが、それはむしろ逆効果です。
実力を十分発揮できる演目でスタートして、徐々に力をつけて、大作に・・っていうのが、ファンとしてもうれしいんじゃないでしょうか!?楽しみも増しますよね?!

あくまでも私見ですので、大反対の方もいらっしゃるかもしれませんが、今回の花組を見てこんなことを思ったのです。

いつもほめてばっかりの私ですが、きょうはちょっと今思う“本音”を少し書いてみました。


【NowPlaying】 バイ・バイ・マイ・ラブ / トーマス・ハーディン・トリオ ( Jazz )


« びっくりな発想!! | トップページ | 満つれば欠くる »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

今回のブログは職場にファン友達がいるからこその着眼点ですね。
こういう話、雑談しているうちに本音が出て
きっと三人でそうそう!などと盛り上ったのではないかと想像しています。

それで私も女神&天使と一緒にお茶してるような気持ちでコメントをかくことにしました。
だから非公開で。私は・・・大仏?!(爆笑)

蘭寿さんのお披露目が「ファントム」と発表になった途端、観てないうちから蘭寿さんを知る宝塚ファンは全員が「それ、違うだろ」と思ったはずです。
いや蘭寿ファンが一番絶句していました。
今回もトップになってくれたのは嬉しいけど本領発揮はできてないとファンは皆言ってます。

大空さんは、タニちゃんがあっさり退団した後
組ファンは「次はらんとむだよねー」と思っていたところに落下傘で来たので最初は「ええええーー!」でしたが
博多座「大江山花伝」で、陰口を言わせないくらいな
圧倒的なものを見せ付けて大劇場にトップとして登場でした。
やっぱり組子たちにうちのトップさんが一番!というような人気が出ないとだめですよね。
博多座でもチケットも沢山売りましたし
(たにちゃんのときには劇団からチケットは購入していたけど、集客に関してはタニ代表は熱心ではなかったので)
下級生に下ろすチケットの采配も大空会は平等にそれなりの席をくれて登録会的にも大空さん歓迎だったと。
ご本人も、下級生にどんどん話しかけて名前も呼んで(これ、花組に組替えしたときに学習したそう)
宙組ではそれまで、たにちゃんとその他の生徒の間には越えられない川があると言われていましたが
それを一掃したと言われてました。

おまけに「カサブランカ」はかなりな下級生にも
ちゃんと似合った役があってこともあり、みんな気持ちが入れやすかったし、大空さんのトップお披露目を盛り上げようという気持ちで組が一つにまとまったそう。
祐飛さんの人気はいまも組のなかで高いですよ~

大空さんも組子を可愛がってるのねというのは、お茶会に参加していて、伝わりますし、そういうのって聞いていてもすごく楽しい気持ちになりますよね~

星組は今がすごいですよね、どんどん面白い作品を繰り出してきて劇団の期待を感じます。
ちえちゃんはトップになってからも努力を怠らず
毎公演進歩が目に見えるし。
下級生をどんどん育てているという風も見えて、太王四神記をいま公演したら皆、討ち死にしそうですよね、かっこよくて(笑)
あと、ねねちゃんとのコンビっぷりも魅力だし。
個人的にはかなめがあと1年居ても良かったと思ってますが。

きりやんは、身近な2番手がいないのがつらい。
トップにと劇団に言われたときに音月さんを希望したということでしたが、
それが実現したらショーブランが
多分音月さんの当たり役になっただろうし、
すごく良い二番手経験ができたのにと惜しい気持ちです。
やっぱりゆみこトップでも良かったんだよ、雪は(泣)
まさおがもう少しきりやんを支えてあげようと思える性格の人だったら、組内昇格なんだし、きりやんはトップとしてもう少し余裕をもって輝けたのになぁと。
もりえちゃんの存在は、まさお上げとは別にとうこちゃんのときの立樹さんみたいな扱いにしてくれていたらと思います。
でも最近はきりやんの下できりやんを支えて輝かせているのはまりもだ!と思えるので、ま、いいか・・・
と言う感じです。

雪組は・・・身内だから分析難しいですが
「ロミジュリ」に関しては
夢華さんを新公主演にして、みみちゃんとコンビを最初から決定しておくべきだったと思います。
みみちゃんは音月さんを支える力のある子ですわ
何よりも可愛いし、声楽に対する努力を私は評価します。
そして作品はやっぱり音月さんには似合ってたと思う。以前のように45日公演だったら、かなり違っていたと思う。または先に黒い瞳で全ツやるとかね。
あーそれでもよかったなぁ~
まっつさまが音月トップ時代を一緒に支えてくれていれば雪はもっともっと変化があると思います。若いし実力はあると思うので。

で、花組に関してはまた組内がまとまってない。
やはり研7くらいで意見が分かれてますね。
上のほうは蘭寿さんと新公をやったりバウをやっているから、「おかえりなさーい」という歓迎ムードですが、新公学年は「ゆうさんが懐かしい」と言ってます(笑)
先日彩音ちゃんと二人で観劇にきたときとか
「楽屋にゆうさんが入ってきたら、それはもう大騒ぎで・・・」ということでしたし。

蘭寿さんは宙組でも派閥を作るというのでちょっと・・と言われていた時期がありましたが、大空さんの加入でいくつかの派閥ごとひっくるめて本当に力づくで全部自分に引き寄せて今があるということなので
花組で祐飛さんみたいなトップさんになれるかは
まだみんな様子見という雰囲気と。
私は全国ツアーの「小さな花がひらいた」が
すごくらんとむに似合ってると思うので、
全国ツアーってメンバーの気持ちが
一つになりやすいってこともあるし
全ツにらんとむがどんなトップになるかが掛かってると思います。
ダンスの花組復活に期待しますよ♪
是非市川公演をお嬢様とご覧になってくださいな。
チケットが無いようでしたら、hanihaniまでご連絡くださいませ。

おういえば、カナリヤもご希望あれば、青年館取れますので、言ってください。
これはとても面白い作品ですが、チャーリーが好きだったので、色々辛い思い出の作品でもあります。

え~っと、hanihaniさんからコメントをいただいているのですが、「公開はしないで」とのことなので、控えさせていただきます。

その内容は、かなり“濃く”、「え~っ!!」というようなことや、非常に興味深いことが書かれていて、「もったいないなぁ」「見てもらいたいなぁ」と、私も思ったのですが、ご本人のご希望なので、公開せずにおきます。

hanihaniさん、トップスターというのは、並大抵のことではつとまりませんね。いただいたコメントは何度も読ませていただきました(゚ー゚*)

こんにちは!はにはに大仏です。

ほほぉ!と思っていただけたり、楽しんでいただけてよかったです。
今度実際の飲み会に参加させてください(笑)
 

hanihaniさん、こんばんは!
宝塚ネームは「はにはに大仏」さんでよろしいでしょうか(*^^*)

飲み会、ほんとうに誘っちゃいますよ!
天使と女神は“濃い”よぉ~( ̄◇ ̄;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚トップお披露目について少し考えた:

« びっくりな発想!! | トップページ | 満つれば欠くる »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック