フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 映画「はやぶさ」を見ました | トップページ | 「ひなた弁当」は心に沁みた・・ほんとうに。 »

2011/10/04

「平台がおまちかね」を読みました

20111004_ohsaki01


『平台がおまちかね/大崎梢著(創元推理文庫)』を読みました。
出版社の新人営業君のお話なのですが、写真のようにこの文庫本には、その主人公の営業君の名刺がついていました・・なかなかおもしろい試みです。

井辻君という主人公の新人君は、書店の女の子のことばっかり考えている年上のチャラい先輩風を吹かす他社の営業と連み(本人はイヤイヤ連んでいるのだけど)、次から次へとちょっとした謎を解きながらストーリーを展開させます。

井辻君は、その他社の先輩に「ひつじ君」と呼ばれ、呼ばれるたびに言い直すというギャグを毎回繰り返して、それもお約束で面白いのです。

謎を解いたら、ほろっとさせるいい話であったり、ちょっといいエピソードが浮かび上がってきたりで、なかなか楽しい本でした。

それに、出版社というと、私など「編集」の仕事がすぐに思い浮かべられるのですが、この主人公の設定は営業です。
今まで、出版社の営業ってどんな仕事をしているのか、あまり頭になかったのですが、とても詳しくて書店の方や、本物の営業の方が読んだら、うなってしまうくらいリアルな感じです。

この本の中で、各出版社の営業に「ポップ」のコンテストをさせる書店のお話があるのですが、私など、書店に行くと、平台のディスプレイやポップにどんなことが書かれているか、いつも気になって、しかも楽しみにしている者にとって、あまりにワクワクするストーリーでした。

本好きの人にはたまらない一冊になるのではないかと思います。

因みに、私の気になるポップをいつも立てているのは、有楽町の三省堂です。
特に二階の奥の方、文庫本のコーナーの平台はすごいです。
ポップを読んでいるだけで“ウキウキ”気分になるのです。一回、行ってみて(*^。^*)


【NowPlaying】 ニュース / NHK ( AMラジオ )

« 映画「はやぶさ」を見ました | トップページ | 「ひなた弁当」は心に沁みた・・ほんとうに。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「平台がおまちかね」を読みました:

« 映画「はやぶさ」を見ました | トップページ | 「ひなた弁当」は心に沁みた・・ほんとうに。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック