フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 『2011今年の宝塚を振り返って』座談会その3 | トップページ | 「あけましておめでとうございます」も新しくなる »

2011/12/31

『2011今年の宝塚を振り返って』座談会その4<アクセス急増中!!>

20111231_takarazuka01


第三回までは、アクセス数急上昇しております。ありがとう見てくださっている皆さん!(^〇^)/♡

さて、大晦日になってまいりましたが、ここからは本公演以外の全国ツアーや日本青年館公演などの演目について、さらに四人のメンバーが語り合います。
さっそく行きます。

【スタジオ54・月組】

はっP★★★☆

これは私だけしか観ておりません。
きりやん(霧矢大夢・きりやひろむ)と、まりも(蒼乃夕妃・あおのゆき)さんの関係がラブラブではなく、それがちょっと残念な気もしましたが、でも皆さん余裕の演技を見せてくれました。

明日海りお(あすみ・りお)さんの、ちょっと危ないロックスターの役に魅了されました。新しい側面を見せてくれました。


【メイちゃんの執事・星組】

はっP★★★★

これも私だけしか観ておりません。
チケットも完売していたし、会場はものすごい熱気でした。
紅ゆずる(くれない・ゆずる)さん、初主演の舞台でしたが、素晴らしかった!
マンガと、テレビドラマから持ってきたものですが、宝塚がよく取り上げた、と感心しました。

演じていた星組の誰もが生き生きとしていて、満点な感じでした。
とても良かった。


【黒い瞳・雪組】

はっP★★★★

これも私だけ、皆けっこう青年館、全ツはノーマークか?!

作品自体も良かったし、音月桂(おとづき・けい)さんと未涼亜希(みすず・あき)さんの互いに引けを取らぬ張り合うような演技が感激するほど良かった。
ロビーでも、「今回のまっつ(未涼亜希・みすずあき)は、凄いね。トップになれるよ。」というような会話が聞こえてきました(*^^*)


【ロックオン!・雪組】<ショー>

はっP★★★

これも「黒い瞳」とのカップリングだったので、私だけが観ています。
私が過去最低だと思っていたショー「ロックオン」ですが、市川の会場では大盛り上がり!(^-^)☆
水夏希(みず・なつき)さんのサヨナラ公演でやったものの再演ですが、音月さんにはエレクトリカルで、ヒップホップな感じのこのショー、合っていましたd( ̄  ̄)
けっこう良かったのです。


【ニジンスキー・雪組】

はっP★★★★

これも私だけが観ています。中身の濃い充実した公演でしたので、ぜひメンバーには観てもらいたかった。
緒月遠麻(おづき・とおま)さんと、愛加あゆ(まなか・あゆ)さんの演技は特筆ものの良さでしたし、主演の早霧せいな(さぎり・せいな)さんは伝説のダンサー・ニジンスキーに成り切っての超絶技巧のダンスを必死にこなし、さらに複雑な愛憎を見事に描いていました。
掛け値無しの高得点です。


【記者と皇帝・宙組】

お酒の女神☆

はっP★★★

これは、私と女神の二人で観劇したのですが、観劇後の女神の不機嫌にはとりつく島もなかった・・( ;´Д`)ノ
なので女神のコメントは差し控えさせていただきます(-_-;) 

私は、北翔海莉(ほくしょう・かいり)さんの主演が見られただけでもう3点です。
ストーリーは未完成な感じがして、終わっても“もやもや”感がずっと残りました。
伶美うらら(れいみ・うらら)さんが目立ち、そのあとの開花に結びついたのではないかと思いました。


【ヴァレンチノ・宙組】

お酒の女神★★★★☆

心配性の天使★★★★☆

Madam Black River★★★☆

はっP★★★★☆

女神は、「じっくりと見入った。小劇場での演目では最高!」と、打って変わって高評価(^-^)☆

マダムは、「5点満点に限りなく近い。大空祐飛(おおぞら・ゆうひ)さんのユーモラスな演技もできるところ、そして美しさに感心。」と、こちらも高得点。

天使は、「若い頃の小池先生がこれを作ったということが素晴らしい。全員でのお芝居になっていた。」と、これもまた高得点です。

私は、「大震災の影響で、本公演後のわずか一週間の稽古から浮かび上がってきた大空さんの別の魅力が楽しめた。」と、思いました。


【ノバ・ボサ・ノバ・星組(中日劇場)】<ショー>

心配性の天使★★★

Madam Black River★★★★★

はっP★★★★☆

天使は意外と平凡な点数。「その日は疲れていたのかも」・・と、けっこうムラのある天使ならではの感想。

マダムは、「5.0点 More!!」という、最高の言葉!

私は、「出来は本公演よりもかなり良かった。しかし、役替わり三人のうち、真風涼帆(まかぜ・すずほ)さんが別公演に出演していたため、三人揃っての完成形が見られなかったことで-0.5して、4.5点となりました。」


【めぐり会いは再び・星組(中日劇場)】

心配性の天使★★★☆

Madam Black River★★★

はっP★★★★

天使は、「あて書きが当たっていて良かった。」という感想。・・そうですね、そのとおりd(^_^o)

マダムは、「真風さんの抜けた穴が埋めきれず、本公演より落ちた。」との感想。

私は、「本公演同様の良さを感じたので本公演と同得点。」という印象だったのです。


【小さな花がひらいた・花組】

お酒の女神★

はっP★★★

女神は、「震災後の親を亡くした方などがいるのに、この内容は酷なのではないか。」という感想。たしかに私も被災地も廻るこの公演に問題はなかったのか、と思いましたが。

私は、「昔のままの内容でやったのが裏目に出たように思う。そんな中、華形ひかる(はながた・ひかる)さんの演技は組を引っ張るくらいの好演で、とても心を打ちました。」という感想。


【ル・ポアゾン・花組】<ショー>

お酒の女神★

はっP★★☆

女神は、わずか1点です。「振り付け、曲が古すぎ」との厳しいお言葉。

私は、「こちらのショーも昔のままのテンポ、舞台進行になじめなかった。」ということで標準の3点には及びませんでした。


【カナリア・花組】

お酒の女神★★★★☆

はっP★★★★

これは、私が一押しして、迷っていた女神に観に行くことを勧めた作品です。

女神は、「テンポもよく、実咲凛音(みさき・りおん)さんの人物表現のくずし方も良く、◎」とのこと。
おすすめして良かったd(^_^o)

私は、「壮一帆(そう・かずほ)さんの、人としての魅力も含め、素晴らしい出来でした。実咲凛音さんは“開花”したと感じました。」ということです。


【我が愛は山の彼方に・月組】

はっP★★★★

これも私だけしか観に行っていません。
神奈川県民ホールで観ました。
龍真咲(りゅう・まさき)さんが、久しぶりに個性を発揮。きりやん(霧矢大夢・きりやひろむ)、青樹泉(あおき・いずみ)さん、蒼乃(蒼乃夕妃・あおのゆき)さん、皆が素晴らしかったと感じました。
なかなかの力作でした。


【ダンス・ロマネスク・月組】<ショー>

はっP★★★☆

これも「我が愛は・・」とカップリングなので、私しか観に行っておりません。
明日海さんが別公演でいない分、ちょっともの足りなかった部分もありますが、月組らしい良いショーでした。
会場はかなりの盛り上がりを見せていました。二階席も満員!!


【アリスの恋人・月組】

お酒の女神★★★★

心配性の天使★★★☆

Madam Black River★★★☆

はっP★★★☆

絶賛の嵐かと思いきや、ちょっぴり辛い点数にちょっと驚きました。

女神は、「テンポ良し、台本良し(^-^)☆ 星条海斗(せいじょう・かいと)に◎」とのことでした。

天使は、「全員が自分の役を好きとわかる舞台だった」とのこと。・・たしかにそんな感じでした。

マダムは、「楽しかった(*^^*)、月組若手に感心した。ヅカファンとして一歩深まったように思う。」との感想。マダムは常に様々な方向から宝塚を感じている印象があります。私も目から鱗が落ちること“しばしば”です。

私は、「とても良かったが、宝塚の舞台としては、まだまだ改良の余地が残されていると思った。」というものです。マニアックに過ぎず、幅広い年齢層にもうまく受け入れられるような作品に出来ると思ったのです。


というわけで、ついに本公演とその他公演全観劇の感想を“しゃべくりまくり”ました。
ほんと、この四人は宝塚が大好きなんだね(*^o^*)

今年はこれで一旦座談会を終了し、「勝手に表彰式」を含む、新春放談を新年から行います。
まだ見てくれている人、おたのしみにぃ~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


【NowPlaying】 清水みち子のミッチャン・インポッシブル / 矢野顕子他 ( AM・ニッポン放送 )

« 『2011今年の宝塚を振り返って』座談会その3 | トップページ | 「あけましておめでとうございます」も新しくなる »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 『2011今年の宝塚を振り返って』座談会その3 | トップページ | 「あけましておめでとうございます」も新しくなる »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック