フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「乳房/伊集院静」を読んだ | トップページ | 「ウケる技術」は“ウケ”なかった »

2012/02/28

今度は家族で『復活/カノン』観て来ました

20120226_flower_troupe01_2


このあいだの日曜日に、長男、長女と共に東京宝塚劇場に行って来ました。
花組公演『復活/カノン』のミュージカル、ショー二本立てのレギュラーな公演です。

まずは、ミュージカル「復活」の方。
前回も書きましたが、主役の蘭寿とむ(らんじゅ・とむ)さんは、このロシア文学のあまりにも厳しい、何もかも失いながら自分をどこまでも追い込んで行く役を今回もうまく演じていました。
このあいだよりも、より人物像がくっきりしてきた印象でした。

力強く、信念を貫き、そこに人生の価値観を徐々に見出していく様子が鮮明さを増しました。

壮一帆(そう・かずほ)さんは、その主演・蘭寿さんを支え、ある意味尊敬し、男同士の友情も描くという演じ甲斐のある大きな役を実力で見せてくれました。見ていて、涙が出て来ました。壮さんの魅力がそうさせてくれたのです。

主演娘役の蘭乃はな(らんの・はな)さんは、彼女自身でも初めての経験である汚れ役をちからいっぱい演じ、その中でふと見せる純粋な部分についても表現されていて、安心して見ていられました。

組全体が徐々にクオリティーアップしているのが感じられたミュージカルでした。
とても重厚になってきて、時間もちょっと前回よりも長かったように思います。

20120226_flower_troupe02_2


そして、ショー「カノン」も、花組らしく華麗でゴージャスで、盛り上がり方も“品”のある、私もお気に入りのショーとなりました。

巧者の多い花組、今回の公演で退団される月野姫花(つきの・ひめか)さんもいい場面をもらい、うっとりと見ました。
また、実咲凛音(みさき・りおん)さんは、ラストで別格扱いのトップコンビと共に壮さんとのデュエットダンスという格好の見せ場を美しく見せてくれました。なかなか堂々としていました。

花組は、ようやく蘭寿とむさんのトップ体制が板に付いてきた印象を持ちました。
このまま全国ツアーでもいい公演ができると最高だと思います。
期待しています!


【NowPlaying】 ニュース / NHK ( AMラジオ )

« 「乳房/伊集院静」を読んだ | トップページ | 「ウケる技術」は“ウケ”なかった »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今度は家族で『復活/カノン』観て来ました:

« 「乳房/伊集院静」を読んだ | トップページ | 「ウケる技術」は“ウケ”なかった »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック