フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 池井戸潤の「株価暴落」を読んでいたので感想を | トップページ | ブログも更新しました「中トロ丼」と「大巌寺の桜」 »

2012/04/04

「小手鞠るい」さんの小説を読んだ

20120404_kodemari01


『欲しいのは、あなただけ/小手鞠るい著(新潮文庫)』を、先月すでに読んでいたので感想を。

主人公は、女性。

支配欲が強く、あまりにも暴力的な男に惹かれ、痛い目に遭わされても、ひどい目に遭っても、それでも「そうして欲しい」と叱られるのを待ち、殴られてもついて行く・・・そんな女性。
ラジオの人生相談にでも登場しそうな女性ですが、それでも「いっときでも一緒にいたい」とだだをこね、男を困らせます。

そんな男が好きなのか、と思えば、妻子があるのにひたむきに愛してくれる男性がやがて現れると、今度はその男に“ぞっこん”です。
そして、結局は別れることになっても、あれで良かったのだ・・と思ってしまう女性。

小説だから読んでいられたけど、実際にこんな女性がいたら私は逃げ出しそうです( ;´Д`)ノ

そんな女の深い“業”について「いったいこの女は何を考えているのか」と思ってしまうのですが、でもその部分がこの小説の「読み処」なのです。

“男女の描写”のようなところはほとんど無いのですが、逆にそれがエロティックでもあったりしたこの小説。
男と女の深~い「愛」についてちょっと知りたい方向けの小説だと思います。


【NowPlaying】 ラジオ深夜便 / 谷村新司他 ( NHK-AMラジオ )

« 池井戸潤の「株価暴落」を読んでいたので感想を | トップページ | ブログも更新しました「中トロ丼」と「大巌寺の桜」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「小手鞠るい」さんの小説を読んだ:

« 池井戸潤の「株価暴落」を読んでいたので感想を | トップページ | ブログも更新しました「中トロ丼」と「大巌寺の桜」 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック