フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「華やかなりし日々/クライマックス」をついに観劇 | トップページ | 大空さんの宙組、見納め・・・ »

2012/06/19

1971年のJazzレコード本

20120525_yozo_i_2


古本屋で買った1971年発行のジャズ・レコードに関する本、『一枚のJAZZレコード/岩浪洋三・監修(株式会社・自由国民社)』を読みました。
写真のように丁寧にパラフィン紙でくるまれて売られていました。

買ったお店は、東急東横線「学芸大学駅」からすぐそこの『流浪堂』という、かなりマニアックな古書店・・というか、ちょっとアート系な、一日中でも居たいような不思議で素敵なお店でした。
大阪市東京事務所の“イムイム”さんの舞台を近くの劇場に見に行ったときにのぞいたお店でした。

20120115_rurodou


この本は、詩人・富岡多恵子、落語家・立川談志、作家・筒井康隆、作家・湯川れい子、俳優・高島忠男、歌手・沢たまき、作曲家・前田憲男、ジャズ歌手・マーサ三宅、演奏家・北村英治他まだまだたくさんの方々がジャズ・レコードについて、そしてジャズへの想いを書いているのです。

で、この1971年という年代はとても微妙で、その頃台頭してきたフリージャズや、電化され始めたジャズについて、「いいぞ、いいぞ」という“ノリノリ”派と、「なんだかわからん」と理解に苦しんでいる人。
さらに、1950年代後半から60年代前半くらいにかけてのモダン・ジャズへの“アツい”想いを語る人、デキシーランド・ジャズやスウィング・ジャズに懐かしみを感じている人などなど・・・。

それぞれがそれぞれに、自分にとってのジャズを書いています。
これは当時の雰囲気を感じるのにはちょうど良い本だと思いました。
いくら、往年のジャズ・ファンに聞いてみても、当時のジャズを取り巻くファンの、そして世間の感覚というものはなかなか伝わってこないのです。

この本を読んでいると、時代の空気は、まさに混沌としています。

がっしりと、ジャズという音楽に対峙して聞け!という硬派な意見から、同じ音楽なのだ、クラッシックなどと同じく良い音楽は良い音楽として聞けば良いのだ、という書きっぷりの人もいます。

それに、ジャズが電化され始めた時期であり、ロックとの融合についても触れられている一文もありました。
まさに時代は、モダンジャズがロックに時代の先端を取って代わられた時期であり、ロックとの融合なども始まっていた頃であったことがわかりました。

ただ、一番“アツい”のは、やはりモダン・ジャズを“ガンガン”に聞いていた人たちのようです。
ジャズを毎日の“ご飯”のように食べ(聞き)、ジャズという音楽の向こうに人の生き方、自分の青春を重ね合わせていたのではないでしょうか。

私にとっても、1950年代後半から60年代前半くらいのモダン・ジャズは、一番心にも体にもガツンとくるのです。
今でも血湧き肉躍る感じ?!(*^^*)

その時代に実際に売られていた本を読むと、その頃の空気が感じられる・・・そんなことを感じた本でした。
・・でも、けっこう誤字が多いし、ミュージシャンやアルバム名、曲名も、皆が皆統一されていなくて、その頃は“自分の読み方で読んでいた”こともわかりましたよ。

いい本でした。そして「流浪堂」もおすすめの古書店です。※詳しくは上記のリンクをクリックしてみて!


【NowPlaying】 Make Someone Happy / Jimmy Heath ( Jazz )

« 「華やかなりし日々/クライマックス」をついに観劇 | トップページ | 大空さんの宙組、見納め・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1971年のJazzレコード本:

« 「華やかなりし日々/クライマックス」をついに観劇 | トップページ | 大空さんの宙組、見納め・・・ »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック