フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 1971年のJazzレコード本 | トップページ | 「シャイロックの子供たち」を読んだ »

2012/06/24

大空さんの宙組、見納め・・・

2012_sora_troupe


宝塚歌劇・宙組東京公演『華やかなりし日々/クライマックス』について、これが大空さんの宙組見納めとなったので、また観劇記を。

前回のときよりもさらに組全体が“磨かれて”いるように感じました。
それぞれがそれぞれに自分の役どころをよく理解した上で、“全力”ではなく、ちょっと余力を残した感じで演じているように映りました。

凰稀かなめ(おうき・かなめ)さんは、大空(おおぞら)さん演じる主役の詐欺師・ロナウド・フィリップスとの絡みをその時点その時点での関係性を十分に考慮しながら舞台に立っていて、表情や間合いの取り方も“うまい”と思いました。

幼馴染みであるジュディ(野々すみ花・ののすみか)との絡みも非常に少ないのに、二人の関係と心のやり取りを、客席で見ていて不自然さなく演じていました。トップスター間近の凰稀さん、今後がますます楽しみになりました。

主演の大空さんも、野々さんも、これが二人の集大成だ・・というくらいの感じで“二人の世界”をつくり上げていました。ほんとうにいいトップ・コンビでした。

今回の宙組公演を観ていると、あたかも「宝石」を眺めているよう・・・。
今の宙組は充実していて、この状態を見られるわずか一ヶ月間はファンにとっても貴重な瞬間だと感じました。
宙組がつくり上げた、ひとつの「宝塚とはこういうものである」、という完成形を見たように思います。

ミュージカル「華やかなりし日々」のラストシーン、大空さんが何もかも失ったのに、ちょっと寂しく、ちょっと陽気に後ろ姿を見せて去って行く・・そして幕が降りる・・あまりにも素敵でした。
大空さんは、これで宝塚・男役大空祐飛という役を降りるのだ・・などとも感じました。

ショーについてもミュージカルと同様、宙組の圧倒的な“組力”を感じさせました。

ショー「クライマックス」は、どこを取っても“クライマックス”へ“まっしぐら”な印象でしたが、大空さんの歌も、格好良さも、組全体がどぉ~んと押してくる華やかな場面も、全てがやはり「宙組がつくり上げた宝塚のショーはこういうもんだ」というものが、観客にも染み渡るものでした。

ラスト近辺の宙組が誇る最強の男役軍団による“燕尾”でのダンスは圧巻でした。
最後の最後まで“いいもの見せてくれる”なぁと、感動の渦が胸に巻き起こりました。

宝塚男役トップスター・大空祐飛(おおぞら・ゆうひ)さんは、結局トップに立ってからの舞台に駄作はありませんでした。
どのミュージカルも、ショーも代表作といってもいいくらいでした。
お見事!でした。
今回も代表作にエントリーされるべきものになっていました。
大空さん、ありがとうございました。今回も宝塚を見続けていてよかったと、心から感じる舞台でした。


【NowPlaying】 Please Mr.Postman / The Beatles ( Rock )

« 1971年のJazzレコード本 | トップページ | 「シャイロックの子供たち」を読んだ »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

はっPさん、こんばんは。

今日は大阪は暑くて、梅雨らしいというのか少し蒸し暑さもありました。

大空さんの舞台、宝塚大劇場で、それも初めての宝塚の体験として拝見しました。確かに、大空さんの歌唱力は他に比べてとても優れていると感じ、とても楽しめました。あのあと、いっしょに見に行った女性が、早速美容室で「大空ゆうひさんにしてください」と言ってカットして来ました。(^^)
今回は、新人の皆さんが最初の口上を述べ、ラインダンスの際にも手拍子が沸くなど、若い人たちと引退するスターさんとの共演は、印象深いものがありました。
少し舞台から遠い席だったので、目を皿のようにしてみたためか、終わってから頭が痛くなり、帰宅後すぐに寝てしまうくらい集中していました。(^^;
とてもいい公演が初回だったので、ついてたんですよね。
あの、宝塚劇場の出口あたりで、スミレ色のスカーフをした方々の熱心さや、新人さんたちを応援する皆さんたちも目の当たりにできて、良い経験でした。

はっPさん、こんにちは。
こちらは雨で梅雨らしい天候です。
昨晩投稿したつもりが、投稿できていなかったのかな・・と思いつつ、再度。(^^;

宝塚初体験が、この『華やかなりし日々・クライマックス』でした。大空さん、さすがトップスターという実力だと思いました。他を圧倒する歌唱力。ゆうひさんカットにしてくれと、いっしょに見に行った仲間が美容室でカットしてきました。(^^)似合っていましたよ。
新人のみなさんの口上とラインダンス、微笑ましくて感動しました。
遠くの席だったので、目を凝らしてみて、帰りに頭が痛くなって、帰宅後即寝ました。(^^;
すみれ色のスカーフをおそろいで巻いていらっしゃるファンの皆さんや、新人さんそれぞれのファンの皆さんの集まっている姿を見て、宝塚ファンの力強さと心強さも伝わりました。
楽しい時間でした。宝塚大劇場も初体験。
でも、ゆうひさんがいなくなるのは、確かにもったいないというのか、淋しいですね。

ymamaさん、こんばんは!
コメントありがとうございます'(*゚▽゚*)'
このブログのコメントについては、いろいろとスパムの関係で、私が一度確認してから公開していまして、ちょっと忙しくて確認が遅れ、公開もタイムラグが出てしまいました。ごめんなさい。

大空さんのサヨナラ公演をご覧いただいたのですね。
大空さんが宙組に来てトップになってからは、組としての全体のまとまり方が目に見えて強固になりました。
最下級生まで、皆に声をかけ、話を聞き、アドバイスして、自分の考え方を説明していたらしい大空さん、希に見る統率力とプロデュース力のあるトップスターでした。

引き続き、別の組もご覧いただけると、さらに全く別の宝塚ですので、お楽しみいただけるかと思いますd(^_^o)

私も本場に行って久しぶりに見たいなぁと思いました。
いつかご一緒できると楽しいですね(゚▽゚*)
その日を夢見て過ごしていたいと思います(*^o^*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大空さんの宙組、見納め・・・:

« 1971年のJazzレコード本 | トップページ | 「シャイロックの子供たち」を読んだ »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック