フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 中山康樹著「さよならビートルズ」を読んだ | トップページ | 新生月組「ロミオとジュリエット」(゚ー゚*)【2/2】 »

2012/08/18

新生月組「ロミオとジュリエット」(゚ー゚*)【1/2】

20120818_romeo_juliette01


宝塚歌劇団・月組東京公演『ロミオとジュリエット』をすでに見ておりましたのでその感想を。

今回は、月組トップ男役、娘役共にお披露目公演となりました。
龍真咲(りゅう・まさき)さんと、愛希れいか(まなき・れいか)さんです。そして“準トップ”という変則な立場での男役は明日海りお(あすみ・りお)さんです。

変則なうえに、トップ男役の龍さんは、ロミオ役と敵役のティボルトを明日海さんと交互に演じていく役替わりも今回の大きな特徴です。

20120818_romeo_juliette02

私と長女の代役で観劇することとなった長男が見た回は、龍さんがロミオのバージョンでした。

宝塚でこの“フランス版”「ロミオとジュリエット」が演じられるのは、星組、雪組に続き三度目です。
私が実際に見る事が出来たのは雪組だけなので、私にとっては二度目のロミオとジュリエットです。

全体の印象は月組らしく、非常にきれいな舞台だと思いました。
龍さんのロミオも若々しいし、愛希さんのジュリエットもとても初々しい!
月組生が舞台に居並ぶと、これまた“きれい”で“華麗”でした。

雪組のときは全体としては特にコーラスシーンなどは重厚感があり、圧倒されるような感じでしたが、月組は豪華な本の頁をめくっていくような感じ。次々と夢物語のようなシーンが現れてくる・・そんな印象でした。


20120818_romeo_juliette03

劇場は、始まる前のロビーから異様な盛り上がりを肌で感じました。
席についても、舞台が始まってもずっと観客の緊張感が支配しているのは、この演目が特別であり、新トップのお披露目であることが手伝っているのだと思います。

龍さんは、若々しい青年ロミオを清々しく熱演。歌もちょっと心配していましたが、大丈夫(^-^;無難にこなしていました。立ち居振る舞いもトップらしく、同じくトップお披露目だった雪組の音月さんが自分のことで精一杯な感じだったのと比べると組全体も見渡して演技している感じが伝わってきました。
まずは合格点ではないでしょうか。

続いて、トップ娘役お披露目の愛希れいかさんは、心配された元男役な動きも無く、可憐なジュリエットを本人も楽しんでいるのがわかるくらい伸び伸びと演じていました。
歌も及第点だと思いました。
何よりも若さがキラキラしている龍さんの相手役としてはしっくりくるのではないかと思います。
これからは、「ジプシー男爵」で見せた見得を切るような役柄もこなして、いいトップ娘役になってもらいたいものです。


20120818_romeo_juliette04

そして、明日海りおさんです。
今回はロミオの敵役ティボルトと、主役ロミオも龍さんと役替わりで行うわけですが、私たちが見た明日海さんのティボルトは、とても良かった'(*゚▽゚*)'

悪くて放蕩者で手が付けられない、そして女とみれば手を出す、・・かと思えば従妹のジュリエットには淡く切ない恋心まで抱き、しかもジュリエットの母である叔母とも怪しい関係にあるという複雑な役です。
これを演じるのには並大抵の実力では無理というものです。
しかし、今回の明日海さん、表情といい、仕草といい、舞台での立ち姿、歌も含め“明日海ティボルト”をほぼ完成させていました。
お見事!!(゚▽゚*)

オマケのショーでも明日海さんらしいキャラクターをいきなり見せてファンを魅了するなど、実力もつけて限りなくトップに近い存在になっていました。

長くなってしまうので、感想・第1回はここまで。
次は星条海斗(せいじょう・かいと)さんや美弥るりか(みや・るりか)さんなどにもふれていきたいと思います。
次回を待て!d(^_^o)


【NowPlaying】 睡蓮 / ジャー・パンファン ( Instrumental )

« 中山康樹著「さよならビートルズ」を読んだ | トップページ | 新生月組「ロミオとジュリエット」(゚ー゚*)【2/2】 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中山康樹著「さよならビートルズ」を読んだ | トップページ | 新生月組「ロミオとジュリエット」(゚ー゚*)【2/2】 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック