フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 春日野八千代さん死去の報 | トップページ | 【簡単・3分宝塚講座 Vol.6】 »

2012/08/29

【簡単・3分宝塚講座 Vol.5】

簡単・3分宝塚講座も第5弾を数えました。
昨日は600アクセスを記録し、本日も午後9時半の段階で500アクセスとなっておりまして、♪ヽ(´▽`)/どうしちゃったんでしょ、このブログ始まって依頼の連続大台突破です。
乗りかかった船です!がんばりまっす(#^.^#)

20120825_cosmos01

宝塚各組のご紹介、今回は最後の5組目、『宙組』です。
この組は5組の中で一番最後に出来た組です。
現代風で新しい感覚の演目が多い印象のある組です。
写真は、男役トップスター「大空祐飛(おおぞら・ゆうひ)」さんと、娘役トップスター「野々すみ花(のの・すみか)」さんです。
・・ですが、お二人ともこの6月の東京公演を最後に退団されました。

大空さんは、20年の宝塚生活の終盤で遅咲きのトップスターとなりましたが、大空さんトップ就任後の演目に駄作なし!全てが大空さんの代表作と言えるくらい傑作ばかりとなりました。
宙組の主要メンバーだけでなく、若手にもすべて声をかけ、話をしてアドバイスをして、そして全員で目指すものをはっきりとさせ、どちらかというと“勝手気まま”な印象の組子(同じ組にいる歌劇団員のこと)が、舞台に立つと総力を上げて作品を見事なまでにつくりあげていました。
こんなトップスターは初めて見ました。

野々さんは、花組時代に大空さんと「銀ちゃんの恋(宝塚版“蒲田行進曲”)」で主演し、大好評を得て、二人揃って宙組に組替えとなり、大空さんと二人で素敵なトップコンビになりました。
何と言っても野々さんは“女優”としての才が卓越していて、私もステージ上の野々さんに何度も心を“わしづかみ”にされました。まさに魂の演技でした。

そして、トップ二人は誰にも到達できない信頼関係が築かれていて、宙組の舞台には一分の隙も無いのに、二人はラブラブでこっちが赤くなってしまう(*´`*)ほどの現実の夫婦以上のものになっていたような気がします。

20120825_cosmos03

ステージ上のチームワークと“力感”、皆で作り上げている歓びがあふれ出てくるのが宙組のステージ!

宙組は先に書いたように新しい感覚が横溢していて、自慢の高身長・男前軍団は宝塚で一番のイケメン軍団を構成しています。
この格好良さはただごとではなく、大階段での黒燕尾による男役のダンスには圧倒されます。
そして、それぞれ持ち味に特徴ある娘役も配されていて、宝塚の“今”と“未来”を感じるのはこの組が一番だと思います。

20120825_cosmos02

そんな宙組もトップスターが入れ替わります。
この8月31日から新トップスターお披露目公演となる『銀河英雄伝説』が始まります。
新トップスター男役は「凰稀かなめ(おうき・かなめ)」さん、娘役トップスターは「実咲凛音(みさき・りおん)」さんに決定しています。

凰稀さんは、雪組から星組二番手スターとなり、宙組に組替え後は大空さんのもと、トップスターとしての勉強は十分だと思います。美形で高身長、新しい宝塚トップスター像を作り上げるかもしれません。

実咲さんは、花組からの組替えで来ましたが、花組時代から「カナリア」や「近松・恋の道行き」などで実力を発揮し、その美貌と演技力も高く評価され、期待されている娘役です。

新しい宙組、どんな組になるか楽しみです。

以上で、四度に渡る各組紹介を終えます。
「簡単・宝塚講座」は好評につき、さらにテーマを変えて続けていこうと思います。
初心者の方と共に私も勉強しながら書いていきます。どうぞよろしくお願いいたしますo( _ _ )o


【NowPlaying】 ニュース / NHK ( AMラジオ )

« 春日野八千代さん死去の報 | トップページ | 【簡単・3分宝塚講座 Vol.6】 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【簡単・3分宝塚講座 Vol.5】:

« 春日野八千代さん死去の報 | トップページ | 【簡単・3分宝塚講座 Vol.6】 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック